2017年12月31日

「お年玉」の由来、「ポチ袋」の由来、知ってますか?

子供たちにとって正月の楽しみと言えば「お年玉」。親戚からのポチ袋に、いくらのお金が入っているのか、誰もがドキドキワクワクです。

ところで、なぜ新年に渡すあのお金を「お年玉」と言うのでしょうか?
お金を入れる袋は、なぜ「ポチ袋」と呼ばれるのでしょう?


「お年玉」の由来、「ポチ袋」の由来について、調べてみました。


<お年玉の由来は、お供え物の餅>

お年玉に関して、語源由来辞典では以下の説明がされていました。

「お年玉の「お」は接頭語。古くは正月行事として「歳神」を迎える祭りがあり、門松を立てて鏡餅を供えた。
お年玉の語源は、供えた餅をお下がりとして子供たちに食べさせ、「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれたことからとする説がある。
また、この餅は年初に分配されることから、年の初めの賜物(たまもの)で「年賜(としだま)」が変化したとする説や、鏡餅が丸いことから「お年玉」になったとする説があり、いずれも歳神に由来する。
お年玉が金品を贈る言葉として用いられた例は、室町時代から見え始め、当時は茶碗や扇など様々な物が贈り物として用いられた。」

(引用元)お年玉 - 語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/o/otoshidama.html


歳神(としがみ)とは、初日の出と共に現れて、正月に各家を訪れるとされる神様のことです。

この歳神様を家に迎え入れるために、私たちは門松やしめ飾りを玄関に設置します。そして鏡餅は、家に来訪された歳神様へのお供え物です。

歳神様へのお供えが終わって、お下がりとして子供たちに食べさせた「餅」が、「としだま」と呼ばれたことから・・・
やがて、正月に子供たちに与える餅や金品を「お年玉」と呼ぶようになった
のだとか。

※餅がお年玉といわれてもピンとこないかもしれませんが、実際に昭和初期ごろまでは、「餅」をお年玉とする風習が(地方農村部を中心に)普通に残っていました。

戦後の高度経済成長期あたりから(都市部を中心に)お金が主流になっていき、全国的に定着。
今では、お年玉イコール「正月に子供にあげるお金」と認識されています。

室町時代から続く風習ですし、今後も「お年玉」が廃れることはなさそうですね。


<「ポチ袋」の由来は、関西弁>

若い世代はご存じないかもですが、「ポチ袋」という言葉が全国的に広まったのは最近のこと(西暦2000年以降)です。
以前は、主に関西地方で使われていた名称でした。

「ぽち袋の「ぽち」とは関西弁の「ぼちぼち(ぽちぽちともいう)」からきており、「少しだけ」という意味。水引やのしのついた祝儀袋ほど大げさではなく、旅館や料亭で働く人に客が感謝の気持ちを込めながら気軽に少額のお金を渡すときに入れる袋として、明治時代ごろに生み出された。
 当初は錦絵の技術を生かした木版刷りのものが多かった。というのは、「京都の錦絵の版元が、明治時代に入って売り上げの落ち込んだ錦絵に代わる新たな収入源としてぽち袋を売り出した」(豊田さん)からだ。

これをきっかけに、ぽち袋は関西を中心に気軽な祝儀袋として浸透していき、1960年代には子供に渡すお年玉袋としても広く使われるようになった。」

(引用元)込めるのは心 お年玉袋を「ぽち袋」と呼ぶわけ【日経電子版】
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO81064720Y4A211C1000000


一方、関東地方では90年代まで、お年玉を入れる袋は「お年玉袋」と呼ばれていました。
(袋には、「おとしだま」の文字が挿入されていた)

ところが日本のバブル経済崩壊によって、不景気に陥った大人達が子供へのお年玉金額を抑えざるを得なくなり・・・
少額のお金を入れる祝儀袋として、関西の「ポチ袋」という名前の袋が、関東にも登場。


(「おとしだま」の文字挿入もなく)時期を問わずに使えることから、コンビニや量販店でも「ポチ袋」が取り扱われるようになり、2000年代に入って全国普及したそうです。

「不景気でお年玉の金額をセーブしたい・・・」という大人の事情が、少額の心づけを入れるための「ポチ袋」とマッチングしてしまったわけで、ちょっと切ない話ですね。


以上、知っていたところで何の役にも立たないかもしれませんが、「お年玉」の由来&「ポチ袋」の由来でした。


[PR]自分へのご褒美に、「お取り寄せ人気」のグルメです。




 参考記事はコチラ。
ラベル:お年玉 うんちく
posted by ちゅーりっぷ at 14:00| Comment(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2018年の日本経済(日本株)はどうなる? 17年は日経平均19%上昇。

今年最後の取引となる2017年の大納会で、日経平均株価の終値は22764円94銭(前日比▲19円安)でした。
この1年で日経平均は+3560円の上昇(上昇率+19.1%)となり、前年末の終値を上回るのは6年連続となりました。

(参照)2017年の日経平均株価は19.1%上昇、6年連続上昇に【株探】
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201712290418

日経平均は6年前、8000円台をうろうろしていたのですが・・・
2012年に安倍政権に変わると、そこからあれよあれよと浮上して、今や日経平均は22000円台です。

アベノミクス政策が、有効な処方箋だったのかプラシーボ(実効性はない偽薬)かはさておき、日本株に上昇気流をもたらしたことだけは確かでしょう。

(少なくとも日銀はアベノミクスに同調し、日本株のETF買いを実行している)


さて、こうなると2018年の日本経済(日本株)はどうなのか、気になりますね。

2018年の日本経済見通しについて、国内シンクタンクから発表された複数のレポートを読ませてもらったのですが・・・
グローバル経済が拡大基調にあることを背景に、「底堅い内外需要を受け、緩やかな減速があっても堅調に推移していく」との見方が大勢です。

リスク要因としては、トランプの失策に絡んだ米国株の調整リスク、北朝鮮情勢悪化に伴う地政学リスク、など「外的要因」が主に挙げられていました。

(参照)みずほ総合研究所:内外経済見通し
https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/forecast/outlook_171116.pdf


2018年の日本株に関しても、上昇基調が継続するとの見方が優勢です。

ロイターによると、英金融大手スタンダード・ライフ・アバディーンは、世界株式の中でも日本に強気判断をしており、その理由を以下のように語っています。

「世界経済は非常に堅調で、日本株はその恩恵を受ける。景気に先行するとされる指標を見ても、このグローバル経済の拡大は今後も持続しそうだし、自律的成長力の強まりを示す兆候もある。おまけにインフレはまだ起きていない」
(中略)
「日本のポリシーミックスは(投資家に)すでによく理解されており、米国や欧州の金融政策の変更による影響も比較的受けにくい。そしてメルケル(ドイツの政治的混乱)やブレグジット(英国のEU離脱)等と比べて、日本がなんと平和に見えることか。
世界的な観点で見て、不明確さと不確実性が少ない。これが日本をポジティブに際立たせる。
ゆえに、グローバル投資家は今後も日本株を選好し、日本市場には海外マネーの流入が続くだろう」

インタビュー:日本株に強気、安定性を評価=スタンダードライフ・アバディーン
https://jp.reuters.com/article/standard-life-aberdeen-idJPKBN1DV4EW

■グローバル経済が拡大基調にあることから、(世界の景気敏感株として動く)日本株がその恩恵を受けやすい。
■諸外国に比べて、今の日本は政治的安定があり、(経済が混乱するような)不確実性が少ない。


との理由から、2018年の日本株に高い評価をつけていました。


この6年のうちに株投資を始めた人と、株投資に踏み出せなかった人の間では、保有資産額にも少なからぬ差が生まれただろうと推察されます。

※日経平均の上昇はこの6年で250%超、
かたや銀行の預金利率は常にゼロ%台。

元本保証されない投資に、資産減少のリスクがあるのはもちろんですが・・・
そのリスクを嫌って、元本保証の(そして利率ゼロ%台の)銀行預金だけで果たして資産形成ができるでしょうか?

貯蓄を殖やしたいのであれば、資産の一部として“株を持たざるリスク”についても、現役世代は考える必要があるように思います。


ネット上で話題の、投資関連本ランキング。

 参考記事はコチラ。
ラベル: 日本経済
posted by ちゅーりっぷ at 12:38| Comment(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

ジャンボ宝くじの「バラ」は買わないほうが賢明? 意外なリスクがあります。

宝くじには、並んだ数字を買う「連番」と、組も数字も揃っていない「バラ」という買い方があります。
ある意外なリスクから、高額当選のジャンボ宝くじで「バラ」は買わないほうが賢明
なので、記事を紹介したいと思います。


「宝くじの当せん金が受け取れるのは支払開始日から1年以内。それを1日でも過ぎれば時効になる。全国自治宝くじ事務協議会の発表によると、平成28年度の時効当せん金は181億円で、その中には1億円以上の当せんが15本あったという。

 例えば、大みそかに抽せんされた「年末ジャンボ」宝くじ。1等の前後賞1億5000万円が4本も未換金のまま。1等はすべて換金されているので、バラで買われたかたが見落としている可能性があるだろう。また、2等1500万円は38本も引き換えられていない。
(中略)
 これらの当せん金は、平成30年1月4日に支払期限を迎える。どこかにしまい忘れている宝くじがないか、もう一度確認してみるといいだろう。」

(引用元)2016年の年末ジャンボ 1等の前後賞1億5000万円は4本未換金【マネーポスト】
https://www.moneypost.jp/233307


昨年の年末ジャンボ宝くじに関して、1等は全て換金されているにもかかわらず・・・
1等の前後賞(1億5000万円)だけが4本も未換金だというのです。

宝くじを連番で買った場合、1等が当たればほぼ間違いなく前後賞にも気付き、チェック漏れはほとんど起こりえません。

ところが、「バラ」で買った宝くじにはチェック漏れが起こりやすいのです。

(連番と違って)組も数字も揃っていない「バラ」は、どうしても1枚ずつ、当せん番号との照合をしなくてはなりません。

十枚ほどならともかく、大量の「バラ」になるとチェックも大変で・・・
番号が完全一致しているものだけを見つける作業になってしまい、番号1つ違いの前後賞を見落としてしまう恐れが大きいのです。

※1等の当せん番号はメディア掲載されるが、前後賞の数字はたいがい省略される。


数字チェックが得意な(番号1つ違いのものまで抜き出せるほど)人でもない限り、「バラ」の大量買いはしないほうが賢明です。
当たっているのに、チェックの大変さから“前後賞を見落としてしまうかもしれない”リスクがあります。

特にジャンボ宝くじは、1等の前後賞が現在1億5000万円。
購入した「バラ」くじのチェックが大変で、高額の前後賞を見落としてしまうとしたら、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

※前後賞も、1回当たれば生涯で二度と起こらない、と言えるほど低確率です。

現在までに未換金の前後賞4本も、(1等は全て換金されているので)ほぼ確実に「バラ」くじの中で見落とされているものだと考えられます。


「バラ」の宝くじを買う人は、自分ひとりで番号チェックするのではなく・・・
宝くじ売場の販売員さんに宝くじを渡して、当せん調べをお願いするほうがいい
かもしれませんね。

「まだ確認していないのですが、調べてもらえますか?」と渡せば、機械に通すなどして当せんくじを調べてくれますよ。

(販売員でもチェック漏れはあるので、自分でも必ず再度チェックしてください)


【備考】
狙う金額によって、「連番」と「バラ」の買い方では当たる確率に意外な差があります。
1億円以上の当せんを狙う場合、連番10枚とバラ10枚どちらが当たりやすいのか?
知りたい方は下リンクの記事をどうぞ。

(記事リンク)ジャンボ宝くじで1億円以上を狙う場合、連番10枚とバラ10枚では当たる確率が違います!【マネーのプチ情報局】
http://money-money-more.seesaa.net/article/409421991.html


↓宝くじで大金を掴むには「運の力も」必要!と感じたら、こちらへどうぞ。
大人気簡単開運グッズ(トップページにリンクしています)


 参考記事はコチラ。
ラベル:宝くじ 損する
posted by ちゅーりっぷ at 12:21| Comment(0) | 宝くじ系の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする