2017年10月28日

「歩きスマホ」したら罰金1万円!ハワイ旅行する人は要注意ですよ。

米国ハワイ州のホノルル市で、道路横断中にスマホ・携帯の画面を見る「歩きスマホ」を禁止する条例が施行され、違反者には最高99ドル(約1万1000円)の罰金が科されることになりました。

「ホノルル市議会で7月に可決されたもので、米国の主要都市では初めての導入となる。「注意散漫歩行」による怪我や死亡事故を減らすことが狙いで、職務上の緊急対応の場合は例外と認められるという。

初めての違反者は15─35ドルの罰金、何度も違反した場合は最高99ドルの罰金となる。」

(引用元)ホノルル市、「歩きスマホ」に最高1万円の罰金【ロイター】
https://jp.reuters.com/article/honolulu-idJPKBN1CV0PT

現地英文報道などによると・・・
「歩きスマホ」初回の罰金は15〜35ドル。
1年以内に違反を繰り返した場合は、2回目に35〜75ドル。3回目以降は75〜99ドルの罰金が適用されるそうです。

※当然のことですが、現地の条例・法律は“外国人観光客にも適用”されます。


この先、ハワイ旅行される方に警告しておきます。

ハワイ州・ホノルル市で道路横断中に「歩きスマホ」していたら、警察に咎められて罰金を徴収されることになります。
動画はもちろん、画像(地図も含む)やテキストメッセージであっても、スマホ画面を見ながら道路横断していた場合は違反&罰金となります。


摘発されるのは、スマホ・携帯だけではありません。
PCタブレットやノートパソコンはもちろん、携帯ビデオゲーム機(ニンテンドーDS等)も取締りの対象なので・・・
道路横断しながらの携帯ビデオゲームも当然アウトです。
家族でハワイ旅行される方は、子供の「歩き携帯ゲーム」にも注意を払いましょう。


道路横断中に画面を見ている行為がNGなので・・・
歩きながら携帯オーディオで音楽を聴くとか、歩きながらの通話に関してはOK。とのことでした。

(参照)Honolulu now fines people up to $99 for texting while crossing road【The Guardian】
https://www.theguardian.com/technology/2017/oct/25/honolulu-fines-people-for-texting-while-crossing-road

ちなみに、今回の条例は“smartphone zombie(スマートフォン ゾンビ)”法、とのあだ名でも呼ばれています。

道路横断時もスマートフォン画面に夢中で、俯いたままゾンビのようにふらふらと歩いている(行為を取り締まる)。ということなのでしょうね。

(というか「歩きスマホ」の英訳語に当たる言葉が、“smartphone zombie”です)


せっかくのハワイ旅行、「歩きスマホ」で警察に捕まって罰金・・・
なんて嫌な思い出を作らないためにも、道路横断時のスマホ使用は絶対止めてください。


ホノルル市で、道路横断中の「歩きスマホ」は違法行為。
⇒違反者は罰金1万円ですよ!



国内外のホテル予約ならHotels.com




 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 09:43| Comment(0) | 制裁金・罰金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

アインシュタインのメモ、2億円で落札される。帝国ホテルの便箋に書かれた内容は・・・

「落ち着いた質素な生活は、絶え間ない不安が襲い来る成功の追求よりも多くの幸せをもたらしてくれる」
「意志のあるところに道は開ける」

物理学者のアインシュタインが来日した際、帝国ホテルのベルボーイに(チップ代わりとして)渡したメモ2枚がオークションにかけられ、前者の直筆メモが156万ドル(約1億7800万円)で、後者が24万ドル(約2700万円)で落札されました。


競売会社のウィナーズによると、事前の予想落札額は5000〜8000ドル(約57万〜91万円)だったそうですが・・・
研究者も存在を知らなかったと言うことで、予想額をはるかに上回る落札額になったとのこと。

「これらのメモは1922年、講演のため日本を訪問中だったアインシュタインによって書かれた。アインシュタインは来日の直前にノーベル物理学賞受賞を知らされたばかりで、科学界以外でもその名を知られるようになっていた。

 帝国ホテルに滞在していたアインシュタインは、日本人の配達人から1通のメッセージを受け取った。配達人がチップの受け取りを断ったか、またはアインシュタインが小銭を切らしていたかは明らかでないが、配達人を手ぶらで帰すのを望まなかったアインシュタインは、その場で2枚のメモを書いた。

 ドイツ・ハンブルク在住で配達人の親戚である匿名希望の出品者によると、「もしあなたが幸運なら、このメモ書きは普通のチップよりもずっと価値が高くなるでしょう」とアインシュタインは配達人に話したという。」

(引用元)アインシュタインのメモに1.8億円 帝国ホテルで幸福論記す【AFPBB】
http://www.afpbb.com/articles/-/3147950
※上リンク記事にて、メモの写真もご覧いただけます。


アインシュタインが書いたメモは人生観(幸福論)であり、科学的資料としての価値も全くない筈ですが・・・
それが億を越える額になる、と言うのは驚きですね。


20世紀を代表する天才科学者の人生観を汲み取ることが出来るだけでも価値がある、と言ったところでしょうか。

(相対性理論ほか物理学のメモだったら、どれほどの額になったのやら・・・)


ところで、今回の2億円メモによると、アインシュタインが考える「幸福」とは“心の安定”が前提となっているようですね。

・(お金がなくて)質素な生活でも、心が落ち着いた状態であれば、十分に幸せ。
・いくら成功(を追及)しても、不安に襲われる日々を暮らすのなら、幸せではない。


幸福とは心が満ち足りた状態のことですが、それには“心の安定”が不可欠で・・・

「お金や成功が、“心の安定”をもたらしてくれるとは限りません」
と、アインシュタインは言いたいのでしょう。

幸福=“心の安定”というアインシュタインの幸福論は、道徳的もしくは東洋的で、私達日本人には馴染みやすい思考であるように思います。


落札者を腐す訳ではありませんけど・・・
個人的には2億もの価値があるとは思えず、事前予想額(約57万〜91万円)程度が妥当な気がします。

(この幸福論も、西洋人にはアインシュタインの天才的思考に見えるのかなぁ?)


家に眠っている貴金属・ブランド品、喜んで買い取ります。



 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 16:48| Comment(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

衆議院選挙にかかる国の費用(税金投入)は617億円!巨額に見えるが・・・

22日に開票された衆議院選挙は全465議席が確定。
(追加公認含め)自民党は単独過半数となる284議席を獲得し、公明党29議席と合わせて与党が全議席の3分の2を超える結果となりました。
公示前に(希望の党をめぐって)民進党がドタバタ分裂を演じてしまい、与党勢力が3分の2を占める勝利を収めた感じですね。

ところで、全国の津津浦浦で実施される衆議院選挙には、国の費用(税金投入)がどれくらいかかるものなのでしょうか?


総務省の決算資料から、前回2014年の衆議院選では「約617億円の国費が投入」されたことが判明しています。以下、朝日記事を引用。

「総務省によると、2014年の前回衆院選は616億9335万円の費用がかかり、国の予備費から支出した。有権者は約1億400万人で、1人あたり約600円を負担した計算だ。

 経費の内訳は、投票用紙や選挙公報の準備、候補者が貼る選挙ポスターの作製費用のほか、各地の選挙管理委員会の事務費など。」

(引用元)衆院選費用、600億円規模 任期満了まで1年以上残し【朝日新聞】
http://www.asahi.com/articles/ASK9M557SK9MUTIL03Z.html


費用の内訳では、各都道府県・市町村に業務委託する「選挙執行管理費用」が全体の9割(約550億円)を占めます。

離島も含めて、全選挙区に投票所を設営・執行してもらうために支払うお金ですね。人件費まで含めて全自治体にお願いしますので、当然に多くなります。

※国内だけでなく、海外在住の日本人が各国公使館で投票する在外選挙も実施。

残る1割は「選挙公営費」と呼ばれていて、ざっくり言えば国が払う必要経費。
同選挙に関する各新聞社への広告費(約21億円)とか、日本郵便への候補者用無料葉書購入費(約19億円)、が主な内訳です。

※ほかに、テレビ局への政見放送費用や同選挙の啓発広報費、選挙妨害等を取り締まるための費用などがあります。


衆議院選挙にかかる費用617億円は巨額に思えますが・・・
朝日記事にあるように、「有権者1人あたりでは600円」ほどの負担です。

離島や海外在住者も含めて、全有権者が参加できる民主政治のシステムを「1人あたり600円」で運営できているというのは、ある意味凄いことではないでしょうか。

(同じ選挙システムを、民間企業がこのコストで運営するのは厳しいと思う。ネット投票を活用するのなら話は別ですが)


選挙をめぐる有権者負担に関しては、先の朝日記事後半にこう書かれています。

「井田正道・明治大教授(政治意識論)は「選挙経費は民主主義の維持のために国民が負担すべきもので、選挙権の行使には実は金がかかるという認識を持って有権者は選挙に臨むべきだ」と指摘する。」

ありていに言えば、投票しない有権者は「自分の600円を毎回捨てている」ことになります。
果たして、自分の600円(税金)を毎回捨ててまで選挙に参加しないことが正しいことなのか、選挙で投票しなかった人はよく考えてください。

残念なことに、今回の最終投票率は53.68%で「戦後2番目に低い」水準です。

(参照)衆院選投票率は53.68% 戦後2番目の低さ【NHKニュース】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171023/k10011194121000.html

(政治に興味がないし誰に票を入れていいかも分からない、という意見もあるでしょうが・・・民主政治に参加しない理由がそれでいいの?)


国は617億円の費用(税金)を投入して、全有権者が票を投じることが出来る選挙システムを実施しています。

衆院選で「投票しない方は、617億円の税金を無駄使いしている張本人」でもある、ということを自覚してください。


ハイグレードでお買い得なパソコンを探すなら【デル・オンラインストア】



古いPC処分は回収専門のライズマークにお任せください。



 参考記事はコチラ。
ラベル:巨額 費用 選挙
posted by ちゅーりっぷ at 12:12| Comment(0) | 税金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする