2017年07月08日

1000円硬貨や5万円札など、新たな額面のお金は必要or不要?のアンケート結果。

五百円が紙幣⇒硬貨に変わったのは昭和57年(1982年)。
この変更を最後に、日本は現在1円〜500円が硬貨。1000円〜1万円が紙幣となっています。

あなたは、1000円硬貨など「金額が500円よりも大きな硬貨」を必要だと思いますか?
5万円札など「金額が1万円よりも大きな紙幣」は必要だと思いますか?


これら新たな額面のお金についての全国アンケートを、財務省が実施したところ・・・
通貨も紙幣も、新たな額面は不要で「現状のままでいい」、と大半の人が思っている
ことが分かりました。


財務省の『通貨に関する実態調査』は内容が多岐にわたっているので、レポートの一部(関係がある箇所のみ)を紹介したいと思います。

硬貨の種類(五百円、百円、五十円、十円、五円、一円硬貨)について、どう感じているのかを、代表的な2項目+具体意見で答えてもらったところ、以下のようになりました。

A.現状のままでいい・・・98.2%
B.金額が500円よりも大きな硬貨が必要・・・0.3%

C.その他の具体意見・・・0.8%

同様に、紙幣の種類(一万円、五千円、二千円、千円紙幣)について、どのように感じているのか代表的な3項目+具体意見で答えてもらったところ、以下のようになりました。

A.現状のままでいい・・・90.0%
B.金額が1万円よりも大きな硬貨が必要・・・1.4%

C.金額が千円よりも小さな紙幣が必要・・・0.3%
D.その他の具体意見・・・7.8%

(資料)通貨に関する実態調査 調査結果【財務省】※10〜11ページ目
http://www.mof.go.jp/procurement/approach/team/seikabutsu/tuuka2016-04.pdf
※調査期間は2017年2月2日〜14日。全国15〜79歳の男女を対象に、1200名の有効回答を集計したもの。

■金額が500円よりも大きな硬貨を必要だと思う人は、たったの0.3%だけ。
■金額が1万円よりも大きな紙幣を必要だと思う人も、1.4%とごく少数。

新たな額面の硬貨・紙幣が必要だとする人はほとんどおらず・・・

500円を境とした硬貨・紙幣の区分けについても、9割以上の方が「現状のままでいい」と回答していました。


ちなみに、硬貨・紙幣のデザインや大きさといった仕様変更についても、「変更する必要はない」との回答が8割以上(硬貨は88.0%・紙幣は81.4%)を占めました。

※上リンクの資料1〜2ページ目より。

高額紙幣や500円玉には高度な偽造防止技術が施されていることもあり、今の日本で偽札流通の話はほとんど聞かれません。

また、流通紙幣の汚損などもあまり目立たないためか、新たな通貨の必要性を感じていない人が大半を占めるようです。

(紙幣・通貨の汚れ等は各金融機関がチェックして、汚れのひどいものは日本銀行に送って市場流通させないようにしている)


通貨偽造といえば、日本が500円硬貨を新たに発行したところ、韓国も同年に500ウォン硬貨(当時は材質・大きさが同じ)を鋳造したため・・・
この500ウォン硬貨を少し削るなどして、重量まで500円硬貨と同じにし、自販機の硬貨判別機をだます手口が横行したことがありました。

(韓国の500ウォン≒日本では、約50円に相当)

(参照)韓国人「変造硬貨、500ウォンが4500ウォンになった時代」【カイカイ反応通信】
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/30894702.html
※削った変造500ウォン硬貨の写真もご覧になれます。

全国各地で被害が続発したため、日本は偽造に対抗すべく材質・デザインを若干変えた500円硬貨を新たに発行(白銅⇒ニッケル黄銅・2000年)した、といったことが起こっています。


新たな通貨の発行は、思わぬ“通貨偽造の引き金”にもなりえてしまうわけで・・・
先の500円玉で起きた騒動を考えても、「新たな額面のお金は必要ない」という意見が圧倒的なのかもしれませんね。

(紙幣に関しては、高い偽造防止技術を取り入れるためにも仕様変更を定期的(30年毎くらい?)に行なったほうがいい、と個人的には思いますが)


家に眠っている貴金属・ブランド品、喜んで買い取ります。



 参考記事はコチラ。
タグ:硬貨 紙幣
posted by ちゅーりっぷ at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙幣・硬貨に関する話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

ICBM開発、北朝鮮の経済規模(青森県と同等)でも続けることができた理由とは?

北朝鮮が先日、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射に成功したと発表。
アメリカ政府もこれを事実と認識し、北朝鮮のICBM発射を強く非難する声明を出しました。

北朝鮮のミサイル価格については、4年前の当ブログ記事を見てもらうとして・・・
射程5500kmを超えるICBM「テポドン2改」は、発射コストが8億5000万ドル(当時のレートで約840億円)とされ、これは北朝鮮の食糧3年分にも相当すると言われていていました。

※内訳は、発射場の建設に約4億ドル、ミサイルの開発・改良に約3億ドル、初歩的な衛星の開発に約1.5億ドル。

対して、北朝鮮の経済規模・GDPを調べると、国内総生産は400億ドル(約4.5兆円)で、韓国の約1/48程度とのこと。

(参照)韓国と北朝鮮 経済的格差48倍=平均寿命は12年の差【韓国・聨合ニュース】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/03/20/0800000000AJP20170320001800882.HTML

これは日本でいうと、青森県の県内総生産(4.47兆円・2012年)に匹敵します。

北朝鮮の経済規模は青森県と同じくらいなのに・・・
1回の発射だけで840億円ものお金がかかるICBM開発を、どうやって北朝鮮は(経済的に)続けることができたのでしょう?



北朝鮮が、ICBMほか弾道ミサイル開発を続けられる経済的な理由は、主に2つ。

■そもそも北朝鮮が、“莫大な軍事予算を組んでいる”から。
■開発&改良が進むにつれ、“開発費用が抑えられるようになった”から。



アメリカ国防省は昨年12月、「北朝鮮の軍事支出がGDPの23.3%に相当し、比率の高さが世界1位」とのレポートを発表しました。

(2番目に高い国・オマーンでも軍事支出はGDPの11%なので、圧倒的1位)

(参照)米国務省「GDPに対する国防費支出、北朝鮮が世界1位」【韓国・中央日報】
http://japanese.joins.com/article/894/223894.html

先のGDP数値から具体的な数字を求めると・・・
4.5兆円(北朝鮮のGDP)×23.3% = 約1.05兆円(北朝鮮の軍事支出)

北朝鮮の軍事予算は、年間1兆0500億円ということになります。

仮に、軍事費の2割をミサイル開発に割り当てるとしても、年間2000億円がミサイル開発に使われているわけです。

北朝鮮では、“短・中距離はもちろん、ICBM開発をするにも十分な軍事予算”が毎年組まれている、
と言えるでしょう。


しかも、開発が進んだことで、近年はミサイル開発にかかる費用も抑えられています。
これは昨年(2016年)9月に報じられた記事です。

「韓国外務省副報道官は22日の定例会見で、北朝鮮が今年行った2回の核実験と多数の弾道ミサイル発射にかかった費用は「約2億ドル(約200億円)と推定される」と述べ、核・ミサイルの開発費用が「(最近の)水害被害よりはるかに大きな規模」に上っていると批判した。

(引用元)核実験などに200億円 韓国が費用推定「天文学的」【産経ニュース】
http://www.sankei.com/world/news/160922/wor1609220056-n1.html

長距離ミサイルだけで、食料3年分はどこへやら・・・
2016年1月〜8月までの間に行われた「核実験2回を含む各種弾道ミサイルの発射コストが合計200億円」だったと、韓国外務省は推算しているのです。

そして、北朝鮮にとっての200億円は「最近の水害被害よりも大きい」程度の額だ、と考えられているのです。

北朝鮮のミサイル開発が成熟したことで、莫大だった開発費用も近年は抑えられるようになった、と見てほぼ間違いないでしょう。

※恐らく基本開発の段階は終わっており、短距離ミサイルなら「命中精度の向上」などにも取り組めるようになっている。


北朝鮮は軍事費(≒弾道ミサイル開発)に毎年大きな予算を組んでいます。
しかも近年はミサイル開発費も抑えられるようになったため、ICBM開発が経済的に続けられるのです。


以後、現有ミサイルの保有数を増やすだけなら、さらに低予算で可能になると思われます。経済制裁が強化されても、北朝鮮のミサイル保有は着々と進んでいくことでしょう。

弾道ミサイル開発は非難されて当然ですけど・・・
ビジネス的な観点からだと、北朝鮮は弾道ミサイル開発という「選択と集中」を見事に成し遂げた、
と言えるのかもしれません。

(決して褒めるべきではありませんが、開発事業において「選択と集中」が成功した事例のひとつと思われます)


ハイグレードでお買い得なパソコンを探すなら【デル・オンラインストア】



古いPC処分は回収専門のライズマークにお任せください。
10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


参考記事はコチラ。
タグ:北朝鮮
posted by ちゅーりっぷ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・韓国の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

銀座の地価(路線価)が、バブル期越えの4032万円!全国では32県が下落ですが・・・

東京・銀座の地価(路線価)が1平方メートルあたり4032万円と、バブル期を越えて過去最高額になったことが分かりました。

「路線価は全国の主な道路に面したおよそ33万3000地点について、1平方メートル当たりの評価額を国税庁が1月1日の時点で算定したもので、相続税や贈与税を計算する基準になります。

ことしの路線価が3日公表され、東京の銀座5丁目の銀座中央通りが4032万円で、32年連続で日本一となりました。これはバブル期の影響を受けた平成4年の3650万円を大きく上回る過去最高額で、東京オリンピック・パラリンピックに向けた再開発事業などを背景に、去年より26%も上昇しました。

また、外国人旅行者の増加でホテルの建設などが進む大都市圏やリゾート地などでも上昇が目立ち、13の都道府県で去年を上回り、全国の平均も去年より0.4%上がって2年連続の上昇となりました。」

(引用元)路線価 銀座がバブル期超えて過去最高に【NHKニュース】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170703/k10011039821000.html

好景気の実感があまり感じられない中、銀座の地価がバブル期を超えたというのは、やや奇怪にも映りますが・・・
都内は今、3年後の「東京五輪に向けた再開発」が急ピッチで行われていて、鑑定価格が大きく上昇している
ことも背景にある、との解説がされていますね。

今はともかく、東京五輪が開催された後は「都内の地価暴落」も想定しておく必要があるかもしれませんね。


全国の路線価平均に目を向けると、2年連続上昇(前年比+0.4%)はしたものの、32県で下落が見られます。

「上昇したのは大都市圏を中心とした13都道府県で、昨年より1県減った。上昇率トップは宮城で3・7%。仙台市で地下鉄東西線が開業し、沿線の開発が進んだ。これに都心部で大型再開発事業が活発化する東京(3・2%)や沖縄(同)が続いた。

 一方、下落は32県で、大都市圏と地方の二極化傾向が続いていることがうかがえた。最も下がったのは秋田県の2・7%だった。」

(引用元)路線価2年連続上昇 下落は32県、都市と地方の二極化続く 国税庁【産経ニュース】
http://www.sankei.com/life/news/170703/lif1707030026-n1.html

大都市圏への人口集中と、地方の過疎化が同時進行しているので・・・
32県で下落しながらも、都市部の地価上昇で相殺(というかプラス)されている、と言った所でしょうか。

ただし、外国人旅行客に人気の高いリゾート地では、路線価の大きな上昇(北海道・ニセコは前年比+77%)も見られたとのこと。
地方の県では地価が下がりっぱなし、というわけでもないようです。


(路線価は、そこに住む人の税金徴収にもかかわる土地の価格なので、高くなったことを決して歓迎はできないんですけどね)


【追記】
このテの記事では地価の高い場所だけが報じられて、低いほうにはあまりスポットライトが当たらないもの。

「国内で、地価が最も低い(土地が安い)場所はどこなのか?」
について以前、当ブログで調べたことがあります。


下にリンクを張っておきますので、地価の安いほうにも興味のある方はご覧ください。

(記事リンク)日本で最も土地の価格が「安い」場所はどこ?値段は?公示地価を調べてみた。【マネーのプチ情報局】
http://money-money-more.seesaa.net/article/435556295.html


複数の金融機関に一度の入力で審査申込ができるのは、
↓株式会社イッカツの運営する住宅ローン一括審査申し込みだけ!



 参考記事はコチラ。
タグ:高額 地価
posted by ちゅーりっぷ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする