2018年01月06日

築地恒例の初競り、マグロ最高値は3645万円。競り落としたのは「やま幸」

築地市場で新春恒例の初競りが行われ、405キロの青森県大間産クロマグロに、最高値3645万円の値段がつきました。

「鐘の音を合図に、午前5時過ぎに初競りが始まった。最高値の3645万円(1キロ当たり9万円)のマグロを落札したのは、築地の水産仲卸「やま幸」。
1キロ当たりの最高値のクロマグロ(190キロ、1キロ当たり16万円)は、すしチェーン「すしざんまい」を展開する「喜代村」が3040万円で競り落とした。」

(引用元)築地市場最後の初競り クロマグロ最高額3645万円【毎日新聞】
https://mainichi.jp/articles/20180105/k00/00e/040/208000c

初競りで405キロのクロマグロは、過去2番目の大きさということで、どれほどの値段になるのか期待されたのですが・・・
落札された金額も昨年の半分程度ということで、大きさの割には想定外に値段が伸びませんでしたね。

注目の初競りなのに、400キロ超の大間産クロマグロはなぜ値段が伸びなかったのでしょう?


その理由について日本経済新聞が少し触れていました。
記事によると、今年は「入荷が非常に多かったため、買い付けが分散した」(卸大手)とのこと。

(参照)築地市場最後の初競り、マグロ最高値は3645万円 【日本経済新聞】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25349210V00C18A1000000/

昨年の最終日が大漁だったのか、初競りに合わせてクロマグロが大量に入荷したため・・・
各ライバル寿司チェーンも、さほど競わずにお目当てのマグロをGETすることができ、値段の高騰が起こらなかったそうです。

※ちなみに昨年は、目玉のクロマグロを寿司チェーン5社で取り合う形となったため、212キロに7420万円という値がついた。

6年連続で最高額マグロを買いつけていたすしざんまい「喜代村」も、400キロではない別のクロマグロを買いつけた、と報じられていました。


ちなみに今回、競り落としたやま幸の社長は「うれしいです。仕事やったなという感じです」とコメントしており・・・
その口調には、として良い仕事をしたという実感がこもっていました。

仲卸は、いい魚を「なるべく競わずに安く買いつける」のが、最高の腕。

寿司チェーンの狙いをかわしつつ、405キロのクロマグロを3645万円で買いつけたのは、仲卸にとってグッジョブでしょうね。

何はともあれ、今年の最高額マグロは、やま幸と取引している寿司店でなければ食べられないようですよ。
(すしざんまいで提供されるものは、別のマグロになります)






 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 10:24| Comment(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

初売り・福袋イベント、購入者は減少も「購入予算額はむしろ増加」傾向!?

初売り・福袋イベントの購入予定者は昨年より減少するも、「購入予算額は増加」傾向にあることが、電子チラシサービスのShufoo!(シュフー)が行なった調査で分かりました。

以下、全国男女824名+Shufoo!ユーザー49706名の回答を集計した『初売りと福袋の購入に関する意識調査』のデータを紹介します。
(調査期間は2017年11月17−19日)


初売り・福袋の参加意欲について尋ねたところ、初売りに行く予定の人は全体の16.9%(対前年比▲6pt)、福袋の購入予定者は12.2%(対前年▲3.5pt)。
いずれも昨年実績から減少しており、イベントに参加しない人が目立つ結果です。

ところが、初売り・福袋イベントに参加する人に聞いた、購入予算はむしろ昨年から増加。

昨年は初売りの予算について、5千円〜1万円未満と1万円〜2万円未満(24.7%と26.9%)との声が目立ったのですが・・・

2018年では、5千円〜1万円未満が20.9%(対前年▲3.8pt)に減少。
代わりに、2万円〜3万円未満の回答が20.4%(対前年+9.8pt)まで増えました。


※1万円〜2万円未満は27.7%(対前年+0.8pt)とあまり変化なし。

(資料グラフ)2018年の初売りにかける予算はいくらぐらいですか?
https://prtimes.jp/i/5565/65/resize/d5565-65-875353-1.jpg


福袋についても1人あたりの購入金額は上昇傾向。

昨年の福袋調査では、千円〜5千円未満と5千円〜1万円未満(23.9%と33.3%)との声が目立ったのですが・・・

2018年では、千円〜5千円未満が21.8%(対前年▲1.8pt)、5千円〜1万円未満が32.7%(対前年▲0.6pt)とそれぞれ減少。
代わりに、1万円〜2万円未満の回答が21.2%(対前年+2.3pt)まで増えました。


(資料グラフ)2018年の福袋1つあたりの購入予算はいくらぐらいですか?
https://prtimes.jp/i/5565/65/resize/d5565-65-858677-4.jpg

初売り・福袋イベントに参加する人(の割合)は減少しているものの、参加者の購入予算は昨年より増加傾向にあるため・・・
同レポートでは、「消極派と積極派の二極化がますます顕著に」との副題がつけられていました。


なお、福袋購入に積極的な人からは「定価よりも安く買えるお得感がある」(78.2%)との声が多く聞かれ・・・
「事前情報などから目当ての商品がある」(44.2%)、「何が入っているのかというワクワク感がある」(34.0%)と続きました。

事前に情報収集をして、お目当ての品があるとか「定価よりも安く買えるお得感がある」福袋を購入する人が多いようです。

福袋に期待するお得度合いでは、購入金額の3倍(29.5%)や2倍(18.9%)を期待する声が多く上がっていました。
購入金額の5倍以上(11.7%)と言う人も1割ほどいたそうです。

(資料グラフ)福袋の購入金額に対して、何倍相当の中身を期待しますか?
https://prtimes.jp/i/5565/65/resize/d5565-65-790778-7.jpg

福袋の中に、若干の不要なものがあっても・・・
「購入金額の3倍」程度の品物が入っていれば、“トータルではお得感がある”
ということなのでしょうね。



[PR]自分へのご褒美に、「お取り寄せ人気」のグルメです。




参考記事はコチラ。
ラベル:初売り 福袋
posted by ちゅーりっぷ at 12:07| Comment(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

2018年、覚えておきたいマネー制度の変更点とは?

2018年から、いくつかの金融制度・税制度が大きく変わっています。そこで、2018年に覚えておきたいマネー制度の変更点をざっくりまとめてみました。


<配偶者控除、年収「150万円以下」まで満額に>

パート主婦等いる世帯の所得税を軽減する配偶者控除について、これまで満額控除を受けられたのは年収103万円以下(103万円の壁)でした。

2018年1月からは、妻の年収が「150万円以下」まで、夫が満額の控除(38万円)を受けられるようになります。
これまであった103万円の壁が「150万円の壁」に変わったと考えてください。

(妻の年収が150万を超えると控除額が段階的に減っていき、年収201万円までは配偶者控除を受けられる)

※社会保険料の自己負担をめぐる「130万円の壁」については従来と変わりません。

(参照)配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて【国税庁】
https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/

もうひとつの大きな変更点として、夫の年収が1220万円を超える世帯に関しては、妻の年収がどうあれ「配偶者控除が一切適用されない」ことになりました。
夫が高給取りだと確実な増税が待っていますので、悪しからずご了承ください。


<「つみたてNISA」制度の開始>

上限はあるものの、投資の運用益が非課税となる少額投資非課税制度(NISA)。
2018年1月から、新たに「つみたてNISA」制度が始まります。

つみたてNISAの特徴は、「投資信託の積立方式」だけが非課税の対象であること。上限金額や期間については以下のとおり。

■年間の投資上限金額が40万円。(月々約3.3万円)
■非課税期間が最長20年と長いこと。

(ちなみに一般NISAは、年間上限120万円で非課税期間は5年間。個別株も対象に含まれる)

(参照)つみたてNISAとは【金融庁】
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html

なお、一般NISAとつみたてNISAは選択性となっており、どちらか片方しか使えません。
選択すると年内は変更できませんので、こちらもご了承ください。

※年ごとに、[一般NISA←→つみたてNISA]への変更は可能です。


<介護保険料、一部利用者は3割負担に>

これまで、介護保険サービスの自己負担は原則1割、一定の所得のある人(280万円以上)は2割負担となっていました。

2018年8月からは、さらに年金などの所得が年340万円以上(単身世帯の場合)など、「現役世代並みの所得がある人は3割負担」となります。
とはいえ、3割負担の対象者は利用者全体の3%ほどに留まるとのことでした。

※毎月の負担額には上限(4万4000円)も設定されているため、介護の利用頻度によっては負担が3割未満となることもある。

(参照)介護保険利用料、3割負担に 現役並み所得者、来夏から【朝日新聞】
https://www.asahi.com/articles/ASK5T4DGRK5TUTFK007.html

なお、現役世代(40〜64歳)の介護保険料見直しも行なわれており・・・
高給取りである大企業の会社員や公務員らを中心に、介護保険料負担は従来よりも増加。逆に中小企業などは負担が軽減する
ことになります。

(保険加入している人全体の総報酬額(=財政力)で、負担割合が決まるため、財政力の小さなところは負担が軽減される)


いずれのマネー制度も、利用者にとっては大きな変更点です。
特に、配偶者控除の引き上げ変更は、活用できる世帯も多いかと思いますので、覚えておきましょう。


家に眠っている貴金属・ブランド品、喜んで買い取ります。



参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 09:52| Comment(0) | お得な?プチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする