2017年11月12日

「サウジ没収資産90兆円」の背景には、王位継承をめぐる政変が関わっている。

サウジアラビアで王族90兆円の資産が同政府に没収される、との報道が流れました。

「サウジアラビアのムハンマド皇太子が主導して進めている汚職を名目とした王族メンバーらの摘発で、拘束者から政府が没収する現金や資産が最大で推定3兆リヤル(約90兆円)に達するとの見方が出ている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が9日までに関係者の話として報じた。サウジの2017年予算歳出の3倍以上に相当する巨額となる。」

(引用元)サウジ没収資産90兆円に=汚職拘束の王族ら【時事通信社】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110901177&g=int

素直に読むのなら・・・王族の一部が汚職をやっていたので、皇太子がそれを摘発。彼らから90兆円の資産を没収と言うことなのですが、何か不自然なものを感じませんか?

まず、90兆円という途方もない巨額没収なのに、汚職事件に関する詳細情報が何も出ていないこと。そのうえ「汚職を名目とした」摘発だった、という書き方です。


(サウジ王室のことはあまり知らないので)調べて分かったのですが・・・
今回の90兆円没収には、王位継承をめぐる政変が関わっているようです。

実は今年の6月、サウジ王室で皇太子が更迭されてしまうという政変が起こっています。

これまで王位継承第1位の皇太子は、長年にわたって国防トップを勤めていたムハンマド・ビン・ナエフ氏(サルマン国王のおい)でした。
国王の息子であるムハンマド・ビン・サルマン氏は、継承2位の副皇太子の座にいました。

「サウジアラビアのサルマン国王は21日、息子のムハンマド・ビン・サルマン副皇太子兼国防相(31)を皇太子に昇格させた。これにより、同氏は王位継承第1位となり、強大な実権を手中に収めることになる。

国王のおいであるムハンマド・ビン・ナエフ皇太子は、全職務を解任される。同氏は長年にわたりサウジのテロ対策を統括してきた。同氏が兼任していた副首相職は、ムハンマド新皇太子に移譲される。」

(引用元)サウジ、ムハンマド副皇太子が皇太子に昇格【ロイター】
https://jp.reuters.com/article/saudi-succession-son-idJPKBN19C0GY


王位継承1位の座を自分の息子に挿げ替える、と言う政変が6月にあって・・・
皇太子になった息子のサルマンが、「汚職を名目とした」王子・閣僚らの摘発を実行。

解任された前皇太子のビンナエフ氏は逮捕こそされていませんが、彼の銀行口座が凍結されたとロイター等が報道しています。

権力を強固にしたいサルマン皇太子が、「反対勢力を潰す」目的で、次々と反乱分子と思われる人物の逮捕&資産凍結をしており・・・
その累積凍結額が3兆リヤル(90兆円)に及んだ、というのが実態であるようです。

(汚職の詳細情報が出てこないのも、同摘発が「名目」に過ぎないから、という事でしょう)


今後もサルマン皇太子が「汚職を名目とした」摘発を続行するであれば、凍結没収額は100兆円を超えてしまうかもしれませんね。


家に眠っている貴金属・ブランド品、喜んで買い取ります。



参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 17:56| Comment(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

「夏休みの宿題をいつやっていたか?」の質問で、貯金体質か否かが判明します。

あなたは学生の頃、夏休みの宿題をいつやっていましたか?
都内FMラジオ局が実施したリスナー回答のアンケートでは、結果が以下のとおりでした。

【学生時代の夏休みの宿題、いつやってましたか?】
最初のほうで終わらせる・・・26.4%
まんべんなくコツコツと進める・・・19.6%
最後にまとめてやる・・・54%


(資料)すぐやる派、ギリギリ派…「夏休みの宿題」いつやってましたか?
http://tfm-plus.gsj.mobi/news/teO5a7AwsF.html?showContents=detail

行動経済学的には、夏休みの宿題を「最初のほうで終わらせる」人が、貯金体質なんだとか。


多くの人は、将来の価値よりも現在の価値を重視する(時間割引率が高い)、すなわち「将来の楽しみのために今の楽しみを我慢することが難しい」傾向があるとのこと。

「小学校の宿題も同じような構図です。
夏休みは時間がたっぷりあって遊べるけど、問題はいつ勉強し、いつ遊ぶかということで、嫌なことは先にやっておいたほうがいいにもかかわらず、どうしても楽しいことを先にやり、嫌なことは後に延ばしてしまうという傾向です。

実は、貯金も同じ構造なのです。
貯金という行為は「将来の楽しみのために今の楽しみを我慢する」ことにほかなりません。したがって、将来の価値を低く見積もりがちな「時間割引率の高い人」は貯金するのも苦手
ということになります。これは小学校の宿題だけに限らず、今の仕事のうえでも嫌なことは先延ばしにするタイプの人というのは、なかなか貯金ができない傾向があると言ってもいいでしょう。

ところが世の中、かなり多くの人がこの時間割引率が高いタイプなのです。」

(引用元)「貯金できない人」が気づかない残念な習慣【東洋経済オンライン】
http://toyokeizai.net/articles/-/196903


時間割引率とは・・・
「現在の価値を重視して、将来の価値は低く(≒割引いて)見積もってしまう」心理的傾向のこと
を指します。

【例題】明日もらえる5000円と、1年後にもらえる5500円。
どちらを選びますか?

多くの人は明日もらえる5000円を選び、1年後の5500円を選ぶ人は少数派です。

経済損得だけなら5500円のほうが絶対得であるはずなのに、1年後の話なので「価値を割り引いてしまう」というわけです。


貯金にも同じことが言えます。

多くの人は、定年退職時に(数十年先の将来、)多くの資産を持っていることの価値を割り引いてしまうので・・・
老後に向けた貯金よりも「今を謳歌したほうがいい」という考えも頭の片隅にあり、なかなかお金が貯められない。

一方、老後の価値をほとんど割り引くことなく、「将来の楽しみのために今を我慢できる」人は能動的にお金を貯められるので、貯金体質と言えます。

※学生時代における夏休みの宿題なら、すぐに取り掛かって最初のほうで終えた人が該当します。


自分が貯金体質か否か、自身の学生時代を振り返ってみてください。

あらためて質問します。
「あなたは、夏休みの宿題をいつやっていましたか?」


↓ネットの楽天銀行は、預金金利も魅力です!




 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 10:52| Comment(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

20億円のロレックス腕時計!腕時計オークションでは史上最高落札額。

俳優の故ポール・ニューマンが所有していた、高級腕時計「ロレックス コスモグラフ デイトナ(ポール・ニューマン ダイヤル)」がオークションに掛けられ、1775万2500ドル(約20.3億円)で落札されました。
腕時計のオークション落札額としては史上最高額となります。

「1,000万ドル(約11.4億円)からスタートしたロレックス デイトナは競売開始後12分で落札。会場となったオークションハウス「フィリップス(PHILLIPS)」の競売所には世界中から約700人が集まりオークションの行方を見守っていたが、落札額が決定した瞬間、拍手と歓声が起きた。

フォーブス誌によるとこれまでに落札されたロレックスの最高額は今年5月に落札された「バオダイ ロレックス」の500万ドル(約5.7億円)で、腕時計全体では「パテックフィリップ Ref.1518」の1,100万ドル(約12.6億円)だったという。
今回の落札者の詳細は明らかにされていない。」

(引用元)ロレックス デイトナ「ポール・ニューマンダイヤル」が腕時計史上最高額の20億円で落札
https://www.fashionsnap.com/news/2017-10-27/rolexdaytona-auction/
https://www.fashionsnap.com/news/2017-10-27/rolexdaytona-auction/gallery/index2.php
※2番目のリンクから、写真の画像をご覧になれます。


ホワイトの文字盤に黒いスモールダイヤルが3つ配置された「ポールニューマン・ダイヤル」は、ロレックス愛好家にとって垂涎のモデル。
1960年代後半に造られた絶版モデルのため、現在は入手自体が困難で、デイトナの中でも価値が最も高い腕時計とされています。

(あるサイトによると、最低600万円〜2000万円近い価格がつくとのこと)

今回の20億円デイトナは、ポール・ニューマンが実際に所有・使用していた“世界に1本しかない”デイトナ「ポールニューマン・ダイヤル」ということで・・・
腕時計としては史上最高落札となりました。


もともとこのロレックスは、妻のジョアン・ウッドワードがニューマンへ贈ったプレゼント。レーサーとして活躍していた彼を気遣って、“DRIVE CAREFULLY ME”の文字が裏蓋に刻印されています。

ニューマンは以後10数年間、常にこのデイトナを身に着けていたのですが・・・
1984年を最後に着用姿が見られなくなり、ファンの間では「紛失したのでは」と噂されていました。

(今回オークション出品されるまで、ニューマンのロレックス腕時計は無くなってしまったものだと思われていたのです)

「しかし、実際は当時ニューマンの娘のボーイフレンドであったジェームズ・コックスへ譲ったことが判明。同氏が現在に至るまで所有・保管していたが、ポール・ニューマンの娘のネルが財団を立ち上げるタイミングで、時計をオークションに出品することになったという。
(中略)
時計の状態は使用状況から鑑みて比較的良好でネルの署名入りの書面が同封される。娘であるネルの署名が付くことでこのモデルの正当性が保証される」

(引用元)消えたと言われた伝説のロレックスデイトナ "正真正銘"のポール・ニューマンモデルが競売に
https://www.fashionsnap.com/news/2017-10-25/rolex-ref-6239/


当人のオリジナルは所在不明、と世間に思われていたニューマン所有のロレックス・デイトナが、完全な形で世に出てきたので・・・
愛好家が入手を競い合い、20億円もの値段が付いたと言うわけです。


これを越えるストーリーと希少性を持った高級腕時計は、しばらく出てこないかもしれませんね。


家に眠っている貴金属・ブランド品、喜んで買い取ります。



参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 13:03| Comment(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする