2017年07月13日

太陽光関連企業の倒産、倍増ペースで過去最悪を更新。大手メディアが報じない事実。

帝国データバンクによると、2017年1月〜6月における太陽光関連企業の倒産件数が、前年倍増ペースで過去最悪(最多)を更新したことが分かりました。

「太陽光関連業者の倒産が急増している。
2012 年7月に始まった「再生可能エネルギー固定価格買取制度」(FIT)を機に市場が急拡大した太陽光発電だが、その後、買取価格が連続して引き下げられたことなどでブームは沈静化。この間、太陽光関連企業の倒産が目立つようになっている。
(中略)
太陽光関連業者の倒産件数は、2014年以降、増加傾向が続いている。
2006 年1月から 2017 年 6 月までの太陽光関連業者の「倒産件数と負債総額の推移」をみると、2017 年上半期(1-6 月)は 50 件(前年同期は 23 件)、前年同期比 117.4%増と大幅な増加となった。

太陽光関連の倒産件数は 2014 年が 21 件、2015 年が 36 件、2016 年が 67 件と3年連続で増加してきた。
増加率も 2014 年が前年比 23.5%増、2015 年が同 71.4%増、2016 年が同 86.1%増と年々高まっている。

2017 年上半期の月間倒産件数は 10 件前後で推移している。前年同期比で約 2.2倍増となった現在の増加ペースからみて、通年の倒産件数は 100 件を超えてくる可能性も出てきた。」

(引用元)第3回 太陽光関連業者の倒産動向調査【帝国データバンク】
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p170702.pdf
※副題は、『太陽光関連業者の倒産倍増(前年同期比2.2倍) 』


さて、11日時点でこれを報じたのは日本経済新聞のみ。
他の国内大手メディア(新聞・テレビ)では、太陽光関連企業の倒産急増ニュースが一切報道されませんでした!


太陽光企業の倒産急増&過去最悪更新は、広くみんなに周知させるべき事柄だと思うのですが・・・
どうして国内大手メディアは、これを全く報じないのでしょうね。

(ニュース記事としてのインパクトもありますし、これから太陽光発電の「FIT契約をしたい人に向けた注意喚起」にもなる筈なのですけど)

「太陽光関連企業が、過去最悪ペースで倒産しています」と伝えることが、各メディアにとって何か不都合なのでしょうか?
不思議なことがあるものです。


再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)が成立したのは2012年、中でも太陽光発電は有望市場として注目されたわけですが・・・
買い取り価格の段階的引き下げや相次ぐ新規参入から、ここ数年で企業淘汰が本格化。

今では国民の関心も薄く、2016年度の住宅用太陽電池モジュールの国内出荷量は121万kwと、FIT制度成立前の「2011年度レベル」にまで逆戻り。

(資料)日本における太陽電池出荷統計 2016 年度 第 4 四半期及び年度値 【太陽光発電協会】※8ページ目。
http://www.jpea.gr.jp/pdf/statistics/h284q.pdf

各メーカーも太陽光モジュール販売以外の事業転換を迫られ、ブーム沈静化に伴って(住宅用の)太陽光発電は、いよいよ“斜陽産業”となっています。

産業用モジュールで踏ん張らないと、国内の太陽光発電は“斜陽”どころか“落日”の恐れすらあるかもしれません。


太陽光発電を取り巻く国内の事業環境は、ここ数年続いて「間違いなく悪化」しています。

FIT制度が始まって、もう6年目・・・
買い取り価格低下でも採算が取れる(というか独立採算が可能な)太陽光発電システムを、そろそろ造り上げてもらいたいところです。

今の太陽光関連業界を救う手立ては、ほかに無いと思いますので。


楽天サイトで話題の、投資関連本ランキング。


 参考記事はコチラ。
タグ:倒産
posted by ちゅーりっぷ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

あのヤフー(yahoo!)が消滅!ベライゾンが44.8億ドルにて事業買収完了。

米通信大手のベライゾンが13日、米ヤフー(yahoo!)中核事業の買収手続きを完了したと発表しました。
yahoo!が買収された金額は、44億8000万ドル。

当初は48.3億ドルとされていたのですが、ヤフー側に大型情報漏えいがあったことが発覚し、価値を3.5億ドル失っての決定となりました。

中核事業を買収されたyahoo!がどうなるかというと・・・
「社名を「アルタバ」に変更し、中国のアリババ集団や日本法人・ヤフーの株式などを管理する投資会社となる。

 ネット企業の草分け的存在のヤフーだが、創業から23年あまりで事実上その歴史に幕を閉じることになった。
(中略)
買収完了を受け、2012年からヤフーを率いてきたマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は退社する。米報道によると、ベライゾンはAOLとヤフーの統合に伴い、両社従業員の約15%に当たる2100人の削減を計画している。」

(引用元)消える米ヤフー ベライゾンが買収、23年の歴史に幕 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN14H0O_U7A610C1000000/


ベライゾンは、買収したyahoo!事業を既存のAOLと統合して、新たに「Oath」ブランドを設立。

Oathを構成する一部門として、Yahoo Sports、Yahoo Finance、Yahoo Mailなどのコンテンツ資産は残るものの・・・
企業としてのyahoo!は、消滅することになりました。

なお、Oathの最高責任者には現AOLのティム・アームストロングCEOが就任することとなり、yahoo!のマリッサ・メイヤーCEOは職を失うことに。
yahoo!を率いてきた名物社長までいなくなるので、まさしく「消滅」ですね。

(ベライゾンが買収したわけですから、yahoo!のマリッサ・メイヤーがCEO就任はないだろうとは予想されていましたが、辞任して完全に身を引く形となりました)

(参照)Verizon completes Yahoo acquisition, creating a diverse house of 50+ brands under new Oath subsidiary【Verizon公式】
http://www.verizon.com/about/news/verizon-completes-yahoo-acquisition-creating-diverse-house-50-brands-under-new-oath-subsidiary


2017年6月13日をもって、企業としてのyahoo!は消滅です・・・

正直、自分が死ぬ前にあのyahoo!が消えてなくなるとは思いませんでした。

検索エンジンをgoogleに奪われてから、あれよあれよと、栄光の座を転げ落ちてしまったように思われます。

時代の趨勢にちょっとでも乗り遅れると、一気に置いていかれ、ライバルの後塵を拝してしまう。
IT業界は日進月歩どころか、“秒進分歩”で走っている相手に追いつかなくてはならない熾烈競争の世界ということなのでしょう。

今は栄華を極めているgoogleも・・・数十年後には、この世から消滅しているかもしれませんね。

(それはありえないって?昔はyahoo!だってそう思われていましたが、消滅したんです)


最後に、書き忘れていたことを。

日本法人のヤフー・ジャパン(Yahoo! JAPAN)は健在であり、今後も事業が継続されます。
冒頭の日経記事によると、コンテンツの「サービス名も変更は無い」とのことでした。


ハイグレードでお買い得なパソコンを探すなら【デル・オンラインストア】



古いPC処分は回収専門のライズマークにお任せください。
10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


 参考記事はコチラ。
タグ:企業買収
posted by ちゅーりっぷ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

かっぱ寿司の「食べ放題」は、赤字業績を覆す秘策となりうるのか?

回転すしチェーン大手のかっぱ寿司が、6月13日〜7月14日にかけて、全国20店舗限定で「食べ放題」キャンペーンを実施することになりました。

<かっぱ寿司「食べ放題」概要>

【期間・時間】
2017年6月13日(火)〜7月14日(金)の、平日14時〜17時まで。
【内容】
80種以上のレギュラー商品を対象に、70分間の食べ放題
(ドリンクバー付)
【実施店舗】
八戸類家店(青森)/仙台泉バイパス店(宮城)/佐野店(栃木)/太田店(群馬)/
蕨店(埼玉)/佐倉寺崎店(千葉)/鴨川店(千葉)/北新横浜店(神奈川)/
逢谷内店(新潟)/南松本店(長野)/名古屋守山店(愛知)/一宮インター店(愛知)/
小牧店(愛知)/堺美原店(大阪)/寝屋川香里店(大阪)/東住吉店(大阪)/
西宮前浜店(兵庫)/広島南観音店(広島)/八女店(福岡)/大分森店(大分)/
【料金】
男性:1580円+税/女性:1380円+税/65歳以上:980円+税/
小学生:780円+税/小学生未満:無料※/

※保護者1名につき、2名様まで無料。3名様以降は、1名様につき500円+税。

アルコール飲み放題:別途680円+税(ビール・ハイボール・レモンサワー)
延長料金(10分):500円+税

(資料)食べ放題リリース【カッパクリエイト公式】
http://www.kappa-create.co.jp/blog/wp-content/uploads/2017/06/%E9%A3%9F%E3%81%B9%E6%94%BE%E9%A1%8C%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

食べ放題となるレギュラー商品は、お寿司のほかに「茶碗蒸し」「フライドポテト」といったサイドメニューや各種デザートも含まれています。

(1貫180円などの高額ネタは対象外。注文する場合は別途請求)

食べ放題の注意点として・・・食事を残した場合、その分は実費請求。シャリだけ残した場合は、一貫につき30円+税をペナルティで払うことになります。


この食べ放題が、業績赤字に陥ったカッパクリエイトの「反撃」、とのニュース見出しも見られたのですが・・・
果たして、かっぱ寿司の「食べ放題」は、赤字業績を覆す秘策となりうるのでしょうか?

食べ放題のビジネスモデルは、客が自分で好きなものを取るバイキング形式にすることで、「人件費を削減&大量仕入れによる原価削減」によって、利益を上げる形です。

しかし、回転寿司の基本システム(寿司をレールに流して客が好きなものを取る)は、それ自体すでにバイキング形式みたいなもの。
食べ放題を導入したところで、かっぱ寿司の人件費をさらに削ることはできない
と思われます。

※注文を一切受けない形式なら削れるかもしれないが、上資料を見る限り、食べ放題でも客は寿司・サイドメニュー等を自由に注文できる。

導入も20店舗だけなので、魚の一括仕入れ等による原価引き下げもほぼ不可能です。

「人件費も削れない+原価も下がらない」ということは・・・
かっぱ寿司の「食べ放題」は、店の“利益率がまったく上がらない”方策と言わざるを得ないでしょう。

(食べ放題の客は、元を取ろうと16皿以上食べることを目指すので、むしろ利益率は下がると考えられる)


ですが、利益率がほとんどないキャンペーンだったとしても・・・
かっぱ寿司の「食べ放題」は、カッパクリエイトの業績赤字を覆すかもしれない
のです。


食べ放題が、「平日14時〜17時」という飲食店にとって集客が難しい時間帯(夕食前のアイドルタイム)限定になっているのがカギです。

かっぱ寿司は、時間帯売り上げの自社データから「アイドル時間が極端に弱く、この時間帯が赤字原因になっている」との分析結果を出したのでしょう。

削れない人件費や光熱費で、アイドルタイムの赤字を膨らませるくらいなら・・・
その時間帯は「食べ放題」にして売上げを作り、
わずかでも利益を上げられるようにしたい。

極端な話、食べ放題の結果が「利益ゼロでも赤字よりはマシ」というわけです。


かっぱ寿司の「食べ放題」が、実際にどれほど客を呼ぶかは未知数です。
収益予測も難しいものがあります。

予測が難しいので、食べ放題で実際どうなるのかを20店舗だけで試すのでしょう。

食べ放題の導入店舗が、平日アイドルタイムをおおむね「利益ゼロ以上」で乗り切る場合・・・

かっぱ寿司の「食べ放題」は、赤字を覆す秘策となりうるかもしれません。

(アイドル時間を乗り切れば、昼・晩の食事時は売上&利益が出せますので)

実施20店舗の収益が来月どうなっているのか、興味を惹かれるところです。
アイドルタイムが黒字転換したのなら、食べ放題キャンペーンの継続・拡大といった追加アナウンスがあるかもしれませんね。

「逆に収益悪化なら、今回限り」で食べ放題は終了となり、別の方策が練られると思われます。


お得な国内旅行を探すなら・・・
【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング



 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

明治「カール」、東日本で販売終了となる理由は“客が買わなくなった”から。

明治のスナック菓子「カール」が東日本で販売終了となり、西日本だけの販売に規模を縮小することが分かりました。
また、カレー味などは完全終了となり、「チーズあじ」「うすあじ」の2種類のみになるとの事。


「カール」は1968年より販売されている同社のロングセラー商品で、CM等のカールおじさんも広く知られていたのですが・・・
販売縮小に至る経緯が、公式サイトのリリースに書かれています。

「当社は、スナック菓子「カール」を1968年より発売し、お客様の長きにわたるご支持をいただいておりましたが、市場環境や顧客ニーズの変化に伴う競争優位性の低下、長期的な販売規模の低迷による収益性の悪化により販売を全面的に中止せざるを得ない状況にありました。

しかしながら、長期にわたりお客様にご愛顧いただいた商品であり、当社を代表する歴史ある商品でもあることから、3年ほど前よりブランド存続の可能性を広く模索してまいりました。あらゆる選択肢の中から販売継続の方向性を検討した結果、地域および品目を縮小したうえで販売を継続させていただくことといたしました。

「カールチーズあじ」および「カールうすあじ」については、2017年8月生産分をもって全国発売から関西地域以西(滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県以西)での販売へと変更し、中部地域以東(福井県・岐阜県・三重県以東)での販売は終了させていただきます。」

(引用元)「カール」シリーズの販売地域変更などに関するお知らせ【明治 公式】
http://www.meiji.co.jp/notice/2017/detail/pdf/20170525.pdf

また、それ以外のラインナップである「カールカレーあじ」「大人の贅沢カール」「小つぶカール」については、17年8月生産分をもって販売終了となります。


カールが東日本で販売終了となる理由は、「長期的な販売規模の低迷による収益性の悪化」であり・・・
ありていに言えば、“客が買わなくなった”から。

「カール」の売り上げが、ピーク時と比べてどれくらい落ち込んでしまったのか、日本経済新聞の記事に出ています。

「カールは約50年間販売されてきたコーンのスナック菓子のロングセラー。テレビCMで長年使用してきたキャラクター「カールおじさん」も認知度が高い。

 ただ、明治によるとスナック菓子の人気はポテトチップス系に集まるようになり、コーン系は長年苦戦が続いてきた。カールも最盛期の1990年代には小売りベースで190億円程度あった売り上げも、現在は約60億円と3分の1以下に激減していた。生産や物流の効率性を考慮し、今後は西日本のみの販売とする。」

(引用元)明治「カール」、東日本での販売終了へ 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I0J_V20C17A5000000/

ピーク時190億円(1990年代)⇒現在60億円(2010年代)

この20年で、カールの売り上げが3分の1以下にまで落ち込んでしまっています。

カールの味・製法などは昔と変わっていませんので・・・
私たち消費者の志向が変わっってしまったのか、新商品ばかりに目が行くようになって、“客が買わなくなった”のが最大の理由であることは明白です。


カールはいつもこの味だった(味に変化がなかった)ので、消費者が徐々に離れていったという見方も出来ますが・・・

約半世紀にわたって全国販売されてきたロングセラー商品に、その意見は酷でしょう。むしろ、いつ食べても変わらない味だったからこそ、半世紀も続いたと見るほうが妥当です。

※品質・味にこだわる人に向けては、「大人の贅沢カール」も提供していた。

とはいえ、ピークも過ぎて売り上げが落ち込んで行く商品には、どこかで終了なり規模縮小の決断を下さなくてはなりません。


カールが東日本で販売終了となるのは、販売が長く続いたことで、私たち“客が買わなくなったから”なのです。

(POSデータなどから、地域的に低調なのが中部・東北・北海道とのこと)

本来ならば、完全に製造終了も已む無しくらいの数字(売り上げがピークの3分の1以下ですから)だと思いますが・・・
西日本での販売継続を決めてくれた明治に、ファンはむしろ感謝するべきなのかもしれません。

今年の秋以降、どうしてもカールが欲しくなったら西日本の売店までお越しください!



わざわざ足を運ばなくても、ネット通販で「カール」を購入できますけどね。

【送料無料】明治 meiji カールチーズあじ 64G×10個セット ( 4902777010229 )


【送料無料】明治 meiji カールうすあじ 68G×10個セット ( 4902777010304 )




 参考記事はコチラ。
タグ:ビジネス
posted by ちゅーりっぷ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

マイナス金利は「自社の経営にプラス」、と考えている企業経営者のほうが多い。

導入からはや1年、今や話題性も薄れたマイナス金利が、久しぶりに大手銀行の決算でニュースとなりました。

出揃った2017年度決算で、前年比プラスは三井住友フィナンシャルだけ。
三菱UFJ・みずほ・りそな・三井住友トラストの4グループは、いずれも業務純益だと前年比▲20%超の落ち込みとなり・・・
最終損益の合計は2兆5192億円(前年比▲3.8%減)と、3年連続の最終減益。

「マイナス金利政策の影響で、貸出金利低下による銀行の収益性悪化が見られた」と、新聞各紙が報じています。

(参照)大手5行3年連続の減益 マイナス金利、利ざや縮小【毎日新聞】
https://mainichi.jp/articles/20170516/k00/00m/020/109000c

銀行にとっては収益悪化の要因となるマイナス金利ですが・・・
国内企業のさまざまな経営者に聞いてみると、マイナス金利は「自社の経営にむしろプラス」、と考えている人のほうが多いことも分かっています。



東京商工リサーチが先日、2回目の『マイナス金利に関するアンケート』調査の結果を公表したので、当ブログにて内容を紹介します。

(国内企業を対象に有効回答の5196社を集計。調査期間は2017年4月10日〜19日)

質問はずばり、「マイナス金利政策は貴社の経営にプラスですか?マイナスですか?」
3択で答えてもらったところ、経営者たちの回答は以下のとおりでした。

・マイナス金利は「自社の経営にプラス」・・・27.9%
・マイナス金利は「自社の経営にマイナス」・・・6.3%

・「どちらとも言えない」・・・65.6%


(資料)Q1.マイナス金利政策は貴社の経営にプラスですか?マイナスですか?(択一回答)【東京商工リサーチ】
http://www.tsr-net.co.jp/image/20170509minus1.jpg

マイナス金利は経営にプラスともマイナスとも判断しかねる、との意見が6割超でしたが・・・
次いで多かったのが、マイナス金利は「自社の経営にプラス」という意見で、全体の27%を占めました。

マイナス金利が経営にマイナスとの見解は、6.3%で少数派でした。

企業が4社いれば、うち1社は「マイナス金利は経営にプラスだ」と考えている
ことになります。
また、この傾向は大企業も中小企業もほとんど変わらなかったそうです。

※資本金別で見た場合、資本金1億円以上(大企業)だと26.9%が「プラス」。1億円未満(中小企業)では28.1%が「プラス」。

(ちなみに、マイナス金利が「経営にマイナス」との意見は大企業側(9.5%)に比較的多く、中小企業では5.7%にとどまった)


マイナス金利が「経営にプラス」の理由で最も多かったのは、「資金調達がしやすくなった」ことで47%を占めました。

マイナス金利導入後に、借り換え・資金の新規調達を行なった企業は全体の50.5%。
うち、78%の企業ではマイナス金利導入の前と後で、「借入(新規調達、借り換え)金利が下がった」ことも分かっています。

(資料)マイナス金利導入の前と後で、「借入(新規調達、借り換え)金利は変化しましたか?【東京商工リサーチ】
http://www.tsr-net.co.jp/image/20170509minus2.jpg

マイナス金利によって、“大企業も中小企業も”以前より低い金利でお金を借りられるようになったので・・・
「経営にプラス」と感じている企業経営者が多いわけです。


新聞報道では悪者扱いされがちなマイナス金利ですけど、「自社の経営にはプラス」という声のほうが経営者には多いのです。

マイナス金利のおかげで低金利の資金調達ができるようになり、“大企業のみならず中小企業の経営の下支えにもなっている”、
とも言えるでしょう。

導入から1年が過ぎ、マイナス金利には「各企業にとって資金調達メリットも実際に出ている」ことを、報道各社は伝えるべきだと思うのですが・・・
日本のメディアってなぜか政策批判ばかりで、プラス評価に関しては消極的&「報道しない自由」を行使しちゃうんですよねぇ。(苦笑)


ハイグレードでお買い得なパソコンを探すなら【デル・オンラインストア】



古いPC処分は回収専門のライズマークにお任せください。
10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする