2018年01月16日

iPhoneX需要の“失速”が日本でも起こる。日本企業にとっては皮肉にも追い風!?

2018年に入るや、iPhoneX需要の“失速”が日本でも起こってしまったようです。

全国家電量販店のPOSデータを集計した総合ランキングによると、2018年初売りの1位〜3位は大手3社のiPhone 8(64GB)で、先週と同じ。
ところが4位以降では波乱が起きたと、ITメディアが伝えています。

「4位にはSIMロックフリーの「HUAWEI P10 lite」が入った他、6位のドコモ「AQUOS sense SH-01K」(前回12位)は初の総合ランキングトップ10入り。9位のソフトバンク「Xperia XZs 」(前回22位)も初の総合ランキングトップ10入りを果たした。
前回トップ10に4つ入っていた「iPhone X」は、今回は何と10位のソフトバンク「iPhone X(256GB)」(前回4位)のみとなり、波乱の初売りになっている。」

(引用元)2018年初売りは「iPhone 8」がトップ3を占めるも「iPhone X」は急落【ITmedia】
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1801/13/news016.html
※トップ10ランキングも上リンクよりご覧になれます。

海外では昨年のクリスマスシーズンから、iPhoneXの売上が期待を下回っている(below expectations)と言われていたのですが・・・
今年に入って、iPhoneXの“失速”が日本でも見られる形となりました。

上のランキングを見る限り一般消費者は、高価格&高スペックなXよりも、金銭負担の少ない8を選んでいるようです。


皮肉にも・・・iPhoneXの“失速”は、日本の液晶企業にとって追い風のチャンスだ、とダイヤモンド記事が伝えています。

「このままXが失速するか、それとも巻き返すかは、18年に発売する次のiPhoneにも影響する。

 複数の関係者によると、アップルは次のiPhoneで有機ELの採用を2モデルに増やし、1モデルで液晶を残す方針だ。この液晶には、ジャパンディスプレイ(JDI)の新型液晶「フルアクティブ」が採用される予定。
 フルアクティブは、ディスプレーのベゼル(縁)を極限まで狭められるため、Xで採用された有機ELとほぼ同様の「縁なし画面」を実現できる上、コスト面でも有機ELより安く済むとされる。

 18年のiPhoneも価格が焦点になれば、この新型液晶の存在感は増すことになる。」

(引用元)iPhoneX失速、液晶大手JDIに生き残りの道が見えた理由【ダイヤモンドオンライン】
http://diamond.jp/articles/-/155775?page=2


iPhoneXの画面は有機ELパネルなのですが、日本企業のJDIはスマホ向け有機ELの量産設備を持っていません。
(確か、韓国メーカーのLGディスプレイが、スマホ向け有機ELのシェアを握っている)

一般消費者が高価格なiPhoneXを買わないのなら、アップル社は次期モデルに関して戦略の練り直しを迫られることになり・・・
高コストな有機ELパネルではなく、JDIの液晶が今後メイン採用される可能性がある、というわけです。

※スマホの部品原価で、最も高価なものが画面モジュールと言われている。

世界的にもリンゴ信者(iPhone信者)の多い日本で、iPhoneXの“失速”が来週以降も見られるのなら、この話はかなり現実味を帯びてくるでしょう。

果たして、来週以降のスマホ売上ランキングがどうなるのか・・・
興味を持って見守りたいと思います。


↓携帯電話・スマートフォン、下取りよりもお得に。



 参考記事はコチラ。
ラベル:iPhone ビジネス
posted by ちゅーりっぷ at 12:29| Comment(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

事前に運賃が決まるタクシー(渋滞でも料金変更なし)、利用者の7割から好評。

目的地までの距離で「事前に運賃が決まるタクシー(渋滞でも料金変更なし)」について、利用者のの約7割が「また利用したい」との意向だったことがわかりました。

国土交通省(とタクシー大手4社)は、「事前確定運賃」タクシーの実証実験を都内で8月〜10月に実施。
(専用アプリで、タクシーの乗車場所&目的地を入力すると、走行距離や所要時間、タクシー料金が示され・・・3000円以上のルートなら、その運賃でタクシー配車まで頼める。渋滞や回り道等があっても、支払う運賃は変わらない)

「関係者によると期間中には7879回の利用があり、アンケートでは67%が「本格導入されたら利用したい」と回答。理由は「渋滞などによる値上がりを気にしなくていい」「行ったことがない目的地でも事前に費用がわかる」の順に多かった。

 タクシーを普段使わない人の利用も目立ったといい、国交省関係者は「利用のハードルを下げる効果が出た」とみる。一方、実験期間中の運賃収入合計はメーター運賃でも事前確定でもほぼ同じだった。

 実験結果を踏まえ、国交省は来年度中に全国で実用化できるよう運賃ルールを改正する。ただ、サービスを受けられるのはアプリで配車を依頼する場合に限られ、路上で走っているタクシーを拾うケースは対象外となる方向だ。」

(引用元)タクシー代、乗る前に分かります 来年度中に全国解禁【朝日新聞】
https://www.asahi.com/articles/ASKDK038PKDJUTIL02R.html


電車やバスなどと違い、目的地に着いてみないと運賃支払額が確定しないタクシーは、どうしても利用者にとって不安が残ります。

(渋滞や迂回ルートによる料金上昇や、悪質な場合は“ぼったくり”料金など)

今回は、タクシー運賃をアプリの距離計算などで事前に確定。
渋滞等でも金額が変わらないというのですから、利用者にとっては喜ばしい話ですよね。

これを踏まえて、国土交通省は「事前に運賃が決まるタクシー(渋滞でも料金変更なし)」を来年度中に全国で解禁する方針。

路上でタクシーを拾う場合はダメですが、「アプリで配車を依頼する場合」は、事前に運賃確定でタクシーを利用できるようになるみたいです。


実験が渋滞の多い都内(23区)だったので、事前運賃と実際の(メーター走行の)運賃とが、かけ離れてしまうケースが懸念されていたのですが・・・

事前運賃の総額とメーター運賃の総額の「乖離率は約0.6%」と僅少に留まり、事前運賃は「おおむね適切に予想されていた」とのこと。

※始まった当初は、目標値が「乖離率2%以内」とされていた。

(資料)タクシーの事前確定運賃の実証実験結果【国土交通省】
http://www.mlit.go.jp/common/001214786.pdf

事前運賃とメーター運賃の差がほとんど見られなかったことも、国土交通省を納得させる要因となったようです。


目的地までの距離で、事前に運賃が決まるタクシー。
利用客のリピーター率も高そうですし、来年度以降はさまざまな地方都市で「事前確定運賃」タクシーが走っているかもしれませんね。


旅館・ホテルの直前予約なら、トクー!




参考記事はコチラ。
ラベル:運賃 タクシー
posted by ちゅーりっぷ at 12:39| Comment(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

「出世したいと思わない」ビジネスマンに高まる、“定年まで働けない”リスク。

出世意欲は年をとるほど減退し、「42.5歳」になると「出世したいと思わない」ビジネスマンのほうが出世したい人よりも多くなることが、パーソル総合研究所の調査で明らかになりました。
自身のキャリアの終わりに関しては、45.5歳で「終わりを意識する」人のほうが多くなることも分かりました。

(資料)パーソル総合研究所、「働く1万人成長実態調査」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000136.000016451.html

会社が用意している役職の席には限りがあり、上に行くほど椅子の数も少なくなります。

昇進をめぐる椅子取り競争をしているうちに、自分や周りの評価&社内人事のことも分かってきて・・・
40歳を過ぎると、自身のキャリア昇進に限界を感じる(≒出世を諦めてしまう)人が増えてしまう、ということなのでしょう。


もちろん、会社で出世することだけが人生ではありません。

昇進すれば、これまでより重い責任を背負わされる(≒会社に縛られる)ことになりますし・・・
出世しなくとも仕事をそつなくこなし、そこそこ貰える収入でプライベートの時間を充実させたい、という考え方の人もいるでしょう。
また、管理職よりも自分は現場の最前線で働きたい、という考えの人もいるでしょう。

ですが、「出世したいと思わない」ビジネスマンには、“定年まで働けない”リスクが高まることをご存知でしょうか?


会社で昇進しないまま、ヒラ社員として40代、50代を迎えたとき・・・
若い頃と違って大きく3つのリスクが待っている、と転職情報サイトのキャリアパークでは説明されています。

リスク@:リストラ対象にされるかも

1つ目のリスクとしては、中高年になった時に「リストラ対象にされるかも」しれない点があります。中高年で平社員ともなれば、上司が年下という可能性も出てきます。そうなれば、年下上司としても扱いづらいはずです。
また、いつまでも平社員でいる中高年は仕事ができないと思われる可能性もあるのです。会社としてもリストラするとしたら戦力外の社員から切りたいので、真っ先にリストラ対象にされる危険性が高まります。

リスクA:体力的に厳しくなるかも

2つ目のリスクは、「体力的に厳しくなるかも」しれない点です。こちらも若いうちは現場での仕事も問題なくできるかもしれませんが、40代、50代になってくれば若い時と同じように動くのはキツイ話です。
そうなると現場ではだんだん使えない人材になってしまいます。本人としても仕事ができなくなってくるのは精神的に応えてくるはずです。

リスクB:会社に居場所がなくなるかも

20代〜30代の若いうちは肩書のない、平社員でも問題はないかもしれませんが、40代50代で平社員のままだと、リストラがなくても周囲の目が厳しくなる可能性があるのです。かなりの人格者でなければ、周囲から慕われることはまずないでしょう。
さらに40代50代は年収に大きな差が出てくる時期です。出世意欲のない自分は平社員の年収のままで、同級生や会社の後輩が出世して自分よりもはるかにいい年収を得ていると知ったとき、どう思うでしょうか。

(引用元)出世したくない若者が増加中?昇進を拒む理由とリスク 【キャリアパーク】
https://careerpark.jp/2963


出世したいと思わないビジネスマンが、希望通りに40代、50代でもヒラ社員だった時・・・

同僚や取引先からも、「何でこの人は昇進しないんだ?ビジネスマンとして重大な欠陥があるんじゃないか?」という目で見られ、結果として会社に居づらくなってしまうリスクがあるのです。

下手をすれば、万年ヒラ社員の「リストラ候補」として上司に名前を挙げられ、定年前の退職を勧められる可能性まであります。

(「ヒラ社員のまま定年退職できるとは思ってないだろ?」と、年下の上司から諭されるときのショックは相当なものでしょう)

「出世したいと思わない」ビジネスマンは、それを実現させてしまった時に、“定年まで働けない”リスクが高まってしまうのです。


終身雇用が保証されているわけでもない昨今。
ビジネスマンとして定年まで仕事を続けたいのであれば、役職への出世意欲を持つことです。

出世しなくとも定年まで会社にいられる、は“ビジネスマンとして甘い考え”だと言わざるを得ません。

役職ポストに就いたりなど、「この人を定年まで働かせてやりたい」と会社側が評価してくれる人材になれなければ・・・
ヒラ社員のままで定年退職は非常に厳しい、
と思ったほうがいいですよ。


(自分は上の文章を、仕事へのモチベーション維持にしています)


気軽な副業からガッツリ稼ぎたい人まで!
得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】




参考記事はコチラ。
ラベル:出世 定年
posted by ちゅーりっぷ at 10:02| Comment(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

診断書を偽造してズル休み、受ける刑罰はどれくらい?

医師の診断書を偽造して仕事をズル休みし、その間の給与約1400万円を詐取したとして、東京都多摩市役所の元職員(53)が書類送検されました。

「2011年6月〜15年3月、「抑うつ神経症」などと、うその病状を書いた診断書約40枚を偽造して市に提出し、病気休暇や休職を繰り返して給与やボーナス計約1400万円をだまし取った疑い。

 署や市によると、元職員は過去に医師から受け取った本物の診断書を元に、パソコンを使って偽造していた。
不審に思った市が医療機関に確認して発覚し、15年5月に懲戒免職になった。」

(引用元)診断書偽造でズル休み 元多摩市職員を書類送検
https://www.nikkansports.com/general/news/201711270000403.html

この男性は、診断書を偽造したうえにズル休みで給与も騙し取ったので、「有印私文書偽造・同行使と詐欺」の疑いで書類送検されています。


作成権限のない他人が、医師の診断書を偽造(&提出)した場合・・・
刑法159条1項の「有印私文書偽造(・同行使)」の罪に問われ、「3カ月以上〜5年以下の懲役刑」を受けることになります。


診断書を偽造して数日間のズル休み。
軽い気持ちでやったとしても、バレて刑事裁判になれば「懲役刑」です。

経歴にも犯罪の“前科”が付きますので、絶対にやらないように。

※医師の署名等が無いものだと無印私文書偽造に当たり、この場合は1年以下の懲役または10万円以下の罰金。

(参照)文書偽造の罪【ウィキペディア】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%9B%B8%E5%81%BD%E9%80%A0%E3%81%AE%E7%BD%AA


診断書偽造によるズル休みが1ヶ月を超え、給与まで騙し取っているような場合・・・
人を欺いて財物を交付させる詐欺罪に問われ、刑事裁判を経て「10年以下の懲役刑」
を受けることとなります。


(初犯で悪質でない、被害が軽微な場合は)執行猶予が付くこともありますが、冒頭ニュースだと被害が軽微とは言いがたいので難しいところです。

でも、刑務所に服役すれば、男はズル休みの給与1400万円を貰い得ってこと?


いやいや。
上に書いたのは“刑事罰の部分”だけ。

これ以外に、詐取された金額について損害賠償を争う「民事訴訟」も待っています。

騙し取ったお金の貰い得は起こらず、民事裁判を経て「全額返還を余儀なくされる」こととなります。

(ただし、冒頭の元職員は「詐取した金を既に全額返済している」とのこと)


診断書を偽造してズル休み。
やってしまったら、有印私文書偽造の罪で「懲役刑」です。

ズル休みが1ヶ月を超えて、給与を事実上騙し取っている場合は「詐欺罪」までも加算されます。


身を滅ぼしますので絶対しないでください。


ハイグレードでお買い得なパソコンを探すなら【デル・オンラインストア】



古いPC処分は回収専門のライズマークにお任せください。



 参考記事はコチラ。
ラベル:診断書 詐欺
posted by ちゅーりっぷ at 14:40| Comment(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

副業しない人に最も多かった、副業を始められない“意外な”理由とは?

会社以外から収入が入る副業に興味があっても「職務規定で禁止されている」「本業と両立できるか心配」など、副業をしない人にはそれなりの理由があるもの。

日経ウーマンonlineが先日、副業未経験の読者に「副業を始められない理由は何ですか?」とアンケート調査を行なったところ、「職場・会社が副業を禁止している」は2位。

副業しない人に最も多かった理由は職務規定ではなく、もっと“意外な”理由だったのですが、皆さんは分かりますでしょうか?


そもそも副業にどれくらい興味があるのか未経験者に聞いたところ、回答割合は以下のとおり。

・副業に興味がある人は全体の79.6%。(ある61.1%+少しある18.5%)
・副業に興味がない側は16.7%。(ない5.6%+ほとんどない11.1%)

未経験者の約8割が、少なからず「副業に興味を持っている」とのことでした。

(資料グラフ)Q1 副業に興味はありますか?【日経BP】
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/090700147/091400002/?SS=zoom&FD=1153259116
※分からない1.9%、無回答1.9%あり。

興味がある主な理由としては、「給料だけでは収入が足りないため(48.8%)」「好きな仕事を副業で実現するため(32.6%)」「老後の資金づくりのため(25.6%)」「自由な時間をより有意義に過ごしたいから(18.6%)」などが挙げられていました。


それだけの興味と理由がありながら、どうしてあなたは副業を始めないのか、さらに突っ込んで質問したところ・・・

<副業を始められない理由は何ですか?>

・何をしていいか分からない・決まっていないから……37.2%
・職場・会社が副業を禁止しているから……32.6%
・難しそう・ハードルが高いと感じているから……30.2%
・副業に充てられる時間が足りないから……25.6%
・副業の準備をする時間がないから……11.6%
・職場・会社が副業を容認しているか分からないから……9.3%

・その他……9.3%

「意外にも、理由の1位は「職場・会社が副業を禁止しているから」ではなく、「何をしていいか分からない・決まっていないから」でした。他には「難しそう」、本業が忙しいためか「時間が足りない」といった理由を挙げる人もいました」

(資料・引用元)読者がやってみたい副業トップ10 人気の仕事は【日経ウーマン】
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/090700147/091400002/?P=3

興味はあるけれど、実際に「何をしていいか分からないor決まっていない」ために副業に踏み出せない、との理由が最も多かったのです。


この結果を“意外”とした日経ウーマン記事は、副業に踏み出せない人について以下のような分析を書いています。

「趣味や遊びとは違って、「副業」はあくまで仕事。責任も伴いますし、副業をするからにはやはり利益も出したい……。勢いで飛び込むには勇気が必要なのかもしれません。」

このほか、周りの人が副業をしていない後ろめたさもあり・・・
自分も“本業の収入だけで”何とか生活できるため、副業するかを決めかねている、という人もいそうですね。

(周りの人が副業していれば、身近な経験談を聞くなどして参考に出来るけど、周りがしていないから躊躇している。なんとも日本人的な理由です)


ちなみに、未経験者に聞いたやりたい副業の人気トップ3は、「アンケートモニター(34.9%)」「アルバイト(25.6%)」「クリエイティブ・ハンドメイド作家(14%)」「株式運用(同率14%)」。

株式運用を、副業の範疇に入れるのは少し違うような・・・

自分は株投資を会社にカミングアウトしていますが、副業と言うより「資産形成の運用なので特に問題ない」との返答を貰っています。

勤務時間にザラ場取引を見ていれば当然問題視されますが、ビジネスマンとして勤務中の常識はわきまえていますしね。
(まあ、仕事の昼休みには見てますけど)

もしも範疇に入れるのなら、「株投資」は多くの会社経営陣が認めてくれる・認められやすい副業かと思います。

なぜかって?
多くの会社経営陣も、株をはじめとする有価証券で資産の一部を運用していますので。



気軽な副業からガッツリ稼ぎたい人まで!
得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】




参考記事はコチラ。
ラベル:副業
posted by ちゅーりっぷ at 10:27| Comment(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする