2017年09月07日

「金」投資のメリット・デメリットとは?金は、「守りの資産」と呼ばれています。

北朝鮮のミサイル&核実験などから、安全資産である「金」の価格が1330ドルを超え、約1年ぶりの高値水準となりました。
情勢不安から、投資家が金ETFなどに資産逃避する動きが活発化しているとのこと。


(参照)アングル:金への資金逃避が活発化、緊迫度増す北朝鮮情勢で【ロイター】
http://jp.reuters.com/article/gold-nk-idJPKCN1BG0Z6

ピクテ・アセットのファンドマネジャーいわく、「戦争リスクが金相場を後押ししている」「(金価格は)さらなる上昇局面にある」そうです。


そこで今回は、覚えていれば損しない「金」投資のメリット・デメリット、を紹介したいと思います。

まず、貴金属である「金」の鉱山埋蔵量には限りがあり、基本的に価格は「需要と供給の関係」で決まります。
(欲しい人が増えれば価格が上昇し、欲しがる人が減れば下落する)

そして金の価値(価格)は世界共通。
ゆえに世界情勢の変化に強く・・・紛争や金融混乱が起きると、安全資産として金を持ちたがる人が増え、金価格が上昇する傾向にあります。



【金投資のメリット・デメリット】

■通貨の価値が下がると金価格が上がるので、銀行預金などに比べてインフレに強いことが第1のメリットです。
さらに、多くの場合、株価や債券価格、為替相場とは異なる値動きをします。英国民投票のときのように世界中で株価が大きく下がっても、金価格が上昇することはしばしばあります。このため、資産の一部を金で持つと、資産全体の価格変動リスクを低くする効果があるといわれています。

デメリットは利子や配当がまったくないことです。価格が上昇しないと利益は出ません。ただ、今のような超低金利ではあまりデメリットとはいえないかもしれませんね。
金の延べ棒(投資用地金)や金貨を自宅で保管していると盗難リスクもありますが、最近は金価格に連動する上場投資信託(ETF)を証券会社の口座で買うこともできます。

(引用元)金の価格はなぜ動く? 投資のメリット、デメリットは【日本経済新聞】
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO05798820Y6A800C1EAC001?channel=DF180320167063

情勢不安で買われる事の多い「金」は、金融市場でも異質の存在でして・・・
機関投資家の間では、戦争や金融危機に備えて金をあらかじめ資産の一部として持っておく(運用ポートフォリオに金を組み込む)のが当たり前になっています。

※日本銀行をはじめ先進各国の中央銀行も、資産の一部として金を保有している。

情勢不安から金融市場全体が下げても、「金」価格が上昇するために相殺で守ってくれる、「守りの資産」と言うわけです。


国内で実際に金投資を行なう場合は、この他にもひとつデメリットがあります。

金の取引は米ドルで行われるため、「日本国内の金価格は、為替(ドル/円相場)の影響を受ける」ことになります。

※同じドル価格なら、円高のときほど沢山買えて、円安になると減っていく。輸入品と同じ。

金のドル価格が安いときに、円高であれば申し分ないのですが・・・
日本円もまた「有事の円買い」と言われるくらい情勢不安で買われる通貨なので、
金価格が上昇するときには円も一緒に上昇(円高)することが多いです。
情勢が落ち着いて金価格が下落すると、円も下落(円安)する傾向があります。

つまり、金のドル価格が上昇&下落しても「ドル円相場の為替と相殺される」ことが多く、国内取引では“投資のうまみが少ない”のが難点です。


情勢不安の時に買われる金は、あくまで「守りの資産」です。

価格も受給関係によって決まるので・・・
平時は急変動があるわけでもなく、短期で利益を得たいと思う人には向いていません。

戦争ほかのテールリスクを考え、“なるべく資産を守りながら長期保有で殖やしたい”と考える人向けの投資です。


日本国内だと為替での相殺影響を受けやすいので、金投資は「ドル建て資産をメイン」で持っている人に特に有効かと思います。
(購入・売却も、米ドル建てを推奨です)


楽天サイトで話題の、投資関連本ランキング。

 参考記事はコチラ。
ラベル:投資
posted by ちゅーりっぷ at 12:03| Comment(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

北朝鮮のミサイル発射でも、日経平均の下げ幅が小さい!?市場関係者の見方とは。

29日朝6時頃に北朝鮮がミサイルを発射、日本列島上空を通過して太平洋上に落下しました。

東京株式市場では、序盤こそリスクオフの売り物が出たものの午後から戻す展開となり、日経平均の終値は前日比87円安(▲0.45%)の1万9362円と、下げ幅は小さなものでした。

日経記事も以下のように伝えています。
「東京市場の取引開始前には、米シカゴ先物市場で日経平均先物(9月物)が28日の清算値と比べ、一時380円も下落した。東京市場でも急落が警戒されたが、ふたを開けてみれば下げ幅は前日比で最大170円程度と限定的だった。」

(市場関係者にとって下落率1%未満は無風レベルであり、ニュース価値も低い)


日本に向けたミサイル発射でも、なぜ株式市場の振れ幅が小さいのでしょう?

ミサイルによる被害がなかったことも大きいが・・・
先の日経記事は他に「2つの要因」がある、と市場関係者の声を伝えています。

「日本株が限定的な下げにとどまった背景には、「ミサイルなどをはじめとする北朝鮮問題に投資家が慣れてきている」(SBI証券の藤本誠之客員マーケットアナリスト)側面があるようだ。

 特に、中長期での運用を目指す投資家は、度重なるミサイルの発射をあまり材料視しなくなっている。「戦争までには発展しないだろう」(しんきんアセットマネジメント投信の山下智巳主任ファンドマネージャー)との見方が支配的だ。有事の常態化という状況に投資家が戸惑い、売買を手控えている面もあるようだ。

 加えて、下落局面になれば「日銀による買い支えがある」(国内証券のトレーダー)との安心感も働いている。上場投資信託(ETF)を通じた日銀の日本株買いで下値が限られるという恒例イベントに慣れてしまった投資家は多く、日本株が大きく売り込まれない状況を作り出している。29日も後場から日銀が買いを入れたとの見方が広がり、日経平均の下げ幅を縮める一因となった。」

(引用元)株続落、ミサイルでも下げ幅限定のワケ【日本経済新聞】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO20496560Z20C17A8000000/


北朝鮮のミサイル発射実験は、今年に入って既に13回目。

慎重派の人はすでに株を売却して様子見(暴落待ち)状態なので・・・
現在の市場参加者は、“ある程度リスクを織り込んで”投資をしている人達ということ。


ミサイル発射だけで騒ぐのは今や短期サヤ取りの投機筋くらいで、他の市場参加者は「実際の被害が発生しない限り、材料視しない」ということなのでしょう。

※実際、今年の北朝鮮「ミサイル発射13回のうち日経平均の当日下落は8回」と、関連性も乏しくなっている。


このほか、日銀が下落を見てETF買いに回ってくれる、という安心感も市場参加者の中にはあるでしょうね。

5〜7月におけるミサイル発射(計3回)について、発射当日とその前後の日で、日経平均やマザーズ指数がどう変化したのかを調べたサイトがありました。

すると、発射当日には値を下げる傾向があるわけですが・・・
ミサイル発射で下落しても、その翌日になると「株価を上げる傾向」が見られたとのこと。


(参照)北朝鮮ミサイル発射の株価影響は?日経平均とマザーズを分析!【チャナレの達人】
https://chanare.com/archives/3648

ミサイルによる実被害がなければ、当日の下落は空騒ぎと見て、日銀がETF買いに回ってくる(ゆえに翌日には値を戻す)ものと推測されます。


北朝鮮ミサイルに対する、市場関係者の見方としては・・・

■今や、実被害でも起こらない限り、あせって売る必要はない。
■被害もないのに株を売ると、日銀がその下落を見て買ってくるので、空騒ぎしないほうがいい。


と言ったところでしょうか。

何らかの実被害が起きない限り、ミサイル発射は東京株式市場を急落させる要因とはならないようです。


楽天サイトで話題の、投資関連本ランキング。

 参考記事はコチラ。
ラベル:日経平均
posted by ちゅーりっぷ at 07:29| Comment(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

カルビー、ポテチ休止の影響で四半期業績・株価どちらも急落。でも、販売再開してますよ。

台風の影響(ジャガイモ不作)により、春からポテトチップスの一部商品を販売休止していたカルビーが、4〜6月期の連結決算を発表。
売上げが前年同期比▲5.8%減、営業利益は同▲52.1%減と、ポテチ休止の影響が業績数字に大きく現れる
結果となりました。

「ポテチの休止が業績に響き、3日発表した平成29年4〜6月期連結決算は売上高が前年同期比8.5%減の565億円、営業利益は52.1%減の34億円、最終利益は40.3%減の22億円と減収減益だった。

 ただ、今後の販売再開や「フルグラ」の輸出拡大で挽回が見込めるとして、通期最終利益を前期比2.1%増の190億円とする当初予想は据え置いた。」

(引用元)ポテチ原料不足で57億減収 カルビー4〜6月期【産経ニュース】
http://www.sankei.com/economy/news/170803/ecn1708030024-n1.html


一時休止となった商品ですが・・・
「ピザポテト」が6月下旬から棚に並ぶなど、すでにジャガイモ調達のめどが立って販売再開がされています。

※「堅あげポテト ブラックペッパー」や「しあわせバター」味も6月下旬から復活、とのニュースリリースあり。
(休止になった15品のうち、13品が既に再開)

4〜6月こそ売上げが落ち込みましたが、まさに一時休止によるものであり、第2四半期からは業績が持ち直すものと思われます。


さて、カルビーの株価ですが、この4〜6月期業績の発表前後で▲10%超もの下落。

休止商品が既に販売再開していることを考えるのなら・・・
▲10%超の下落は、やや過剰に売られているような気もします。


(参照)カルビー株価チャート(1年)【Yahooファイナンス】
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2229.T

販売再開でカルビーの業績が持ち直すと考えるのなら、同社株で「秋以降のリバウンド」を狙ってみるのも悪くないかもしれません。

(優待銘柄ではありませんが、上場以来の長期チャートも右肩上がりです)


ポテチ業界でもうひとつの雄コイケヤも、ジャガイモ調達のめどが立って、「来月中には生産や販売の体制をほぼ元に戻すことができる」とのこと。

「湖池屋の小池孝会長は7日の新商品の発表会で、ことしは九州産のじゃがいもの収穫量が予想を上回っていることに加え、これから収穫が本格化する北海道産の作付けが順調で、原料が安定的に確保できるめどがたったと述べました。

そのうえで、会社では現在も休止している5つの商品のうち、来月中に4つの商品を再開し、ポテトチップスの生産や販売の体制をほぼ元に戻すことができるという見通しを明らかにしました。」

(引用元)「湖池屋」 ポテトチップスの生産・販売 再開へ【NHKニュース】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170807/k10011091341000.html

来月には、カルビーとコイケヤ両方のポテトチップが、全国のスーパー・コンビニの棚に並んでいることでしょう。

一時はネットで高値売買されたポテチ騒動も、これで収束することになりそうです。


お取り寄せ人気、自分用のご褒美グルメ。




 参考記事はコチラ。
ラベル: 決算
posted by ちゅーりっぷ at 12:21| Comment(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

NYダウ、史上初の2万2000ドル超え。アナリスト達の多くは「修正予測まで外れる」大恥。

米国株式市場で2日、史上初めてNYダウ平均株価が2万2000ドルを突破しました。

「アップルの決算が市場の予想を上回る内容だったことからアップルのほか半導体など関連する銘柄に買い注文が出ました。

このためダウ平均株価は、一時70ドル以上値上がりし、初めて2万2000ドルを超えて取り引き時間中の最高値を更新しました。
その後は利益を確定するための売り注文も出ましたが、終値でも前日より52ドル32セント高い2万2016ドル24セントと6営業日続けて最高値を更新しました。

ダウ平均株価は、去年11月のアメリカ大統領選挙前と比べると20%上昇したことになります。」

(引用元)NYダウ 初の2万2000ドル超え 最高値更新【NHKニュース】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170803/k10011085641000.html


米国株に関して、昨年11月からアナリスト達は予想をことごとく外しまくっていますね。

昨年11月の大統領選挙では、「トランプが勝利したら株価は下落するだろう」と、ほぼ全員の経済アナリストが予測しましたが・・・
その結果は見事なほどに大外れ。

トランプの勝利が確定した日以降、米国市場では株価が大きく上昇して、熱狂の「トランプ相場」とも呼ばれました。

(勝利確定⇒大統領就任までの2ヶ月で、NYダウ平均は18000ドル⇒2万ドルに)

この熱狂的な上昇については、トランプが公約に掲げていた「減税ほかの経済政策に対する期待」から来るもの。
と推測したアナリスト達の多くは、下のように予測を修正しました。

■大統領に就任した後は、公約の経済政策が進まない現実を直視するようになり、トランプへの失望感から相場が終わるだろう。
■就任100日のハネムーン期間
(あまりメディアが政権批判しない時期)が過ぎれば、トランプへの支持率低下とともに株価も下落するだろう。

ところがです。
トランプの大統領就任後も米国株式は順調に上昇を続け・・・
就任から半年以上が経過したこの時期に、NYダウ平均が2万2000ドルの史上最高値
を更新しているのです。

トランプ大統領で相場が終わると予測したアナリスト達の多くは、「修正予測まで外れる」という大恥をかくことになりました。


メディア報道を見る限り、トランプ政権がなしとげた公約はTPP離脱くらい。
移民入国制限は裁判所にNGを出され、国境の壁も予算のめどが立たずに×、オバマケアの見直しも代替案取り下げで頓挫。

トランプ大統領の支持率は今や33%に低下し、不支持が61%に達するとの最新世論調査が伝えられています。

(参照)トランプ大統領の支持率33%=就任以来最低―米大調査【時事通信社】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080300579&g=int

それでも米国株式市場は上昇を続け、2万2000ドルにまで到達したことになります。

なぜ、アナリスト達の多くは「修正予測まで外す」大恥をかいたのでしょう?


これは私の推測ですが・・・トランプ政権でアメリカ経済が混乱するという「アナリストの前提が間違っていた」のではないでしょうか。

大統領になる前、彼は不動産会社の辣腕経営者。
政治家よりも“経済・経営に関しては優秀な人材”であることは間違いないわけで、どうすれば経済利益が取れるのかを知っている人物だといえます。

(彼のTPP離脱も、貿易によるアメリカの経済利益だけを考えるなら妥当といえる)

過激発言には賛否あるものの、自国経済の保護については実直で・・・
オバマ政権後半から続いている「順調なアメリカ経済が、トランプ政権下でも維持されている」ということなのでしょう。

「アメリカの不動産王」とも呼ばれる人物が、アメリカ経済を混乱に陥れるような政策を思いつきで発言・実行することは無いだろう、というのが私の所感です。


続いているNYダウの上昇相場も、いずれどこかで終わりがやってきますが・・・
その発端は、トランプ大統領の失策ではないかもしれません。

米国以外からの不況連鎖や、他国で起こった動乱(テールリスクのたぐい)が、下落の引き金になることも想定しておいたほうがいいかと思います。


成長性の高い新興市場銘柄の分析を知りたいなら・・・。



 参考記事はコチラ。
ラベル:NYダウ 米国株
posted by ちゅーりっぷ at 09:10| Comment(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

個人型確定拠出年金(イデコ)を利用する個人投資家は6割。一般の人はもっと低いはず。

今年1月から自営業者・サラリーマン・公務員・主婦など、年齢が60歳未満なら基本誰でも利用できるようになった個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)。
国民年金・厚生年金にプラスの備えとして、任意で加入&自分で積立運用していく年金制度ですね。

SBI証券が、個人型確定拠出年金の利用状況について顧客の個人投資家821名にアンケート調査を行なったところ、6割(61.8%)の人が利用していることがわかりました。

個人型確定拠出年金を利用していない個人投資家は4割弱(38.2%)でした。

(調査期間は2017年7月14〜25日。留意点として、回答者の年齢属性は20代・30代が全体の7割を占める。性別も男性が7割)


現在利用している人に、金融機関を選んだポイント(複数回答可)を尋ねたところ・・・

最も多かったのは、89.2%の人が挙げた「口座管理量などの手数料」。
続いて、商品ラインナップの充実度(66.3%)、商品の信託報酬などの手数料(60.4%)に、多くの意見が集まりました。

(資料グラフ)iDeCoを利用する金融機関(運営管理機関)を選んだポイントは何ですか?【SBI証券】
https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_prestory170726_01_lsegbilb_03.gif

個人投資家は、各種手数料によって運用収益に違いが出ることを身に染みて知っていますので、「手数料」が大きな選択のポイントとなっているようです。

なお、利用の際に困った点としては、6割超(64.1%)の人が「加入手続きに時間がかかる」としていました。


他方、現在利用していない人にその理由を尋ねたところ・・・

最も多かったのは、28.0%の人が挙げた「制度がよく分からない」。
投資知識が人並み以上にあるだろう個人投資家でも、4人に1人は個人型確定拠出年金についてあまり知らないようです。


(資料グラフ)現在、iDeCoを利用していない理由は何ですか?【SBI証券】
https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_prestory170726_01_lsegbilb_06.gif

ただし、今後の利用意向については「ぜひ利用したい(38.0%)or利用したい(27.5%)」との声が6割超。

掛け金が全額所得控除の対象だったり、受け取る時にも公的年金等控除が利用されるなど、「税制優遇のメリット」を知っている人は、イデコを利用したいと答えるようです。

※このほか、NISAと同じく「運用益が非課税」となる点もメリットですね。


さて、個人投資家でも利用率6割ということは、一般の人ではイデコの利用率がもっと低いのだろうと推測されます。
そもそも「制度がよく分からない」人も、相当数いるのではないのでしょうか。

個人型確定拠出年金は、老後に向けた資金作りを支えてくれる現役世代の強い味方なのに、もったいない話です。

(いわゆる投資嫌いで)積立・定期預金だけをするにしても、イデコを利用すれば「預金利息(運用益)は非課税」で受け取ることが出来るというのに・・・。

(ただし60歳までは解約不可、中途での受け取りができませんけどね)


老後資金のことを考えるのなら、“個人型確定拠出年金は利用するべき”制度だと、個人的には思います。

現役世代で、公的年金の将来(貰える額)に不安を感じる人は、任意加入の個人型確定拠出年金(イデコ)を検討されることをお勧めします。


楽天サイトで話題の、投資関連本ランキング。

 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 11:08| Comment(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする