2017年05月14日

「どうして、母の日にはカーネーションを贈るの?」、娘から質問された・・・

5月の第2日曜日は、母の日です。
私は娘を連れて花屋に行き、母の日に贈るカーネーションを買ったのですが、ほかの花を見ていた娘に質問されました。

「どうして母の日はカーネーションなの?こっちの花は?」
娘は、別の綺麗な花をプレゼントしたかったようです。

困りました。母の日=カーネーションは常識(昔からの習慣)程度に思っていたので、カーネーションになった理由が分かりません。
答えに窮した私は・・・娘に「お店の人に聞いてみよう」と促して、幸運にも店員さんが母の日の由来を教えてくれました。

(以前も聞かれたことがあるらしく、その人は花屋の知識として覚えていたそうです)

母の日にカーネーションを贈るようになった理由、皆さんは知っていますか?


カーネーションを贈る「母の日」の由来は、およそ百年前のアメリカで、ジャービス母娘によって始まったものです。

南北戦争中に、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善する社会活動に尽力していたアン・ジャービスと言う女性がいました。
また彼女は南北戦争後、分裂した北部州と南部州の平和的和解のために「Mother's Friendship Day(母の友好日)」などの平和活動を続けていました。

アンは1905年5月に、この世を去るのですが・・・
間近で母親の平和活動を支援していた娘アンナ・ジャービスが、非常に母親のことを敬愛していました。

「2年後の1907年5月の第2日曜日、娘アンナは母親を追悼するため、フィラデルフィアの自宅に友人数人を招き、自分の母親の活動を振り返りつつ、母に敬意を表する国民的な日としてマザーズ・デイを設けるべきとの考えを友人らに明らかにしたのです。

アンナは、ウェストヴァージニア州のグラフトンにあるアンドリュー・メソジスト教会(Andrew's Methodist Episcopal Church in Grafton)に、彼女の考えた「母の日」構想について手紙を出しました。
その教会は、母アン・ジャービスが20年以上もサンデー・スクールの教鞭を執っていた教会で、彼女の長年の努力に敬意を表する意味も合わせて「母の日」としての式典の実現を訴えかけたのです。

彼女の願いは叶い、1908年5月10日、400名以上の母子を招き、最初の公式な母の日のセレモニーが同教会で執り行われました。
列席者には、アンナの母親が好きだった(と言われているが定かではない)白いカーネーションを配ったとされ、このカーネーションが、現在の習慣につながっていくことになった
ようです。

ちなみにこのアンドリュー・メソジスト教会は、現在「母の日」誕生の地として母の日の国際的な総本山的な扱いを受けています。」

(引用元)母の日 Mother's Day 由来と歴史
http://www.worldfolksong.com/calendar/mothers-day.html


アンナ・ジャービスさんの「母の日」活動は、教会を通じてアメリカ国内に伝播。
やがてアメリカ連邦議会をも動かし、1914年に「母の日」はアメリカの記念日となり、5月の第2日曜日と定められました。

「母の日」創設者と言えるアンナ・ジャービスさんが、白いカーネーションを(母親が好きだった花として?)参加者に配ったのが・・・
母の日にカーネーションを贈る行為のはじまりなのだとか。


アメリカで始まったこの習慣が、日本に持ち込まれたのは第二次世界大戦後。

(大戦直後のGHQ統治による影響もあって)日本でも1947年に、「母の日」が5月の第2日曜日と制定され・・・
カーネーションを贈る(アメリカ本国の)文化もあわせて知られることとなり、日本でも広まっていきました。



ちなみにですが、母の日=5月の第2日曜日、は世界的な決まりごとではありません。

例えば中東アラブ諸国は春分の日(3月21日頃)を母の日としていますし、フランスは5月の最終日曜日、タイ王国は8月12日、ロシアでは11月の最終日曜日です。

贈る物もカーネーションと言うわけではなく、例えば南半球のオーストラリアでは菊の花(クリサンセマム)を贈るのが一般的です。

これは、母の日の由来となっている偉大な女性が、そもそも国によって違う(例えばタイ王国ならシリキット王妃)ためで・・・
母の日は、各国で「日付も由来も違えば、贈るプレゼントも違う」のが普通。

カーネーションの花にこだわらず、感謝の気持ちを込めて、母親が喜びそうなものをプレゼントすれば良いのかもしれませんね。






 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

地震への備えを何もしていない人は全体の19%。東日本大震災から6年・・・

東日本大震災から6年。損害保険ジャパン日本興亜が実施した『災害への備えに関する調査』で、地震への備えをしていない人が19%いることが分かりました。

(調査対象は全国20〜69歳の男女1112名、調査期間は2017年2月8〜11日)


東日本大震災以降、防災への意識は高まったかを尋ねたところ・・・
高まった(非常に高まった+ある程度)との回答が78.5%あった一方、防災意識は変わらなかった(あまり変わらなかった+全く変わらない)との回答も21.5%。

そして、現在行っている地震(津波)への備えについて、「何の備えもしていない」との回答が全体の19%にのぼりました。

(何らかの備えをしているものの中で多かった回答は、飲料水、非常食、懐中電灯など)

(資料)「災害への備えに関する調査」結果 【損保ジャパン日本興和】
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2016/20170302_1.pdf

当時の震災報道に触れても、防災意識に変化が無かった人の多くが「何の備えもしていない」人なのだろう、と思われます。

国内で起きた大規模震災&津波被害の報道を見ても、心をほとんど動かされない人が2割弱いたんですねぇ・・・


アンケート後半ではさまざまな備えに対する設問がいくつかあるのですが、気になったものがこれ。

携帯電話やスマートフォン以外に、親族・友人などの連絡先を記載しているものを持っていますか?
との質問に対して、「何も持っていない」との回答が52.9%と過半数を占めました。

大規模災害では停電も起こりますし、避難所にも電気が来ているとは限らない(発電機があっても、それをスマホ充電器に使わせてもらえるとは限らない)ので・・・

家族の番号・メアドについては、メモで持っておくなり、記憶しておいたほうがいいかと思います。

あと、災害用伝言ダイヤル「171」も、同メモに追加しておいたほうが良いでしょう。
「171」の具体的な利用方法などを知りたい方は、NTTの情報ページを見ておくと良いかもしれません。

(HPリンク)災害用伝言ダイヤル(171) | 災害対策 |【NTT東日本】
https://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html


このほか、いわゆる防災グッズだけでなく“身の回りの必需品”も、防災用の備えに入れておくと良いでしょう。

例えば視力が悪い人は避難するにしても「眼鏡」が欠かせませんし、膝や腰に不安のある方は「サポーター」がないと歩くのにも難儀します。
病気治療で薬を飲んでいる人は、薬のほか薬手帳なども無いと困りますね。

もしも無くなったら日常行動すら難しくなってしまう“必需品”については、スペアを防災袋などに入れてくほうが良いと思います。

(薬については使用期限もありますので、定期的な交換も忘れずに)

何事も、「備えあれば憂いなし」ということで。


ネット通販で人気となっている非常食はこちら。




 参考記事はコチラ。
タグ:地震
posted by ちゅーりっぷ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ニュース記事と記事風の広告コンテンツ、中学生の8割が見分けられないのも無理はない。

米スタンフォード大学の調査で、中学生の8割が「ネット上のニュース記事と、記事風に仕立てられた広告とを判別できなかった」ことが分かりました。

「全米12州の中学生から大学生まで合計7804人を対象に実施。22日に報告書を公表した。
 回答した中学生の82%はウェブサイトに掲載された本物のニュース記事と、記事風に仕立てられた「スポンサード・コンテンツ」と呼ばれる広告の見分けがつけられなかった。

 また、「福島第一原子力発電所の事故の影響で変異した」という説明とともに写真共有サイトに掲載された奇形の花の写真を見た高校生の10人にほぼ4人は、その写真を誰がどこで撮影したのか明記されていないにもかかわらず、疑いを抱かずに信じ込んだという。

 ワインバーグ教授は「多くの人はソーシャルメディアを巧みに使いこなしている若者はどんな情報がそこにあるのかを当然よく理解していると思い込んでいるが、現実は真逆であることを調査は示している」と指摘。今後は学校や家庭で「偽ニュース」を見分けるノウハウを学べる教材の開発などに力を入れていく考えを示した。」

(引用元)中学生の8割、ネットの「偽ニュース」見分けられず 米大調査【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK23H0Q_T21C16A1000000/


正直なところ・・・本物のニュースと記事仕立ての広告とを見分けられる中学生は日本でも少ないでしょうし、大人でさえ普通に間違うのではないでしょうか。

さまざまな生活シーンで役立つ情報を扱っているAll aboutサイトから、こんな例を。

(HPリンク)都立中高一貫校受験のメリットと意外な落とし穴【All about】
https://allabout.co.jp/gm/gc/439253/

上リンクを読むと、中高一貫校のメリットや狭き門などの実情が書かれていて、本文には広告らしきものが一切見当たりません。

ですが、本文を読み終えると、下には何やら関連広告が・・・


果たしてこれはニュース記事でしょうか?
それとも、記事風に仕立てられたスポンサード・コンテンツでしょうか?


どちらか微妙で、大人でも意見が割れるケースかもしれないと感じるのなら、10代前半の中学生が見分けられないのも無理はないでしょう。


ちなみに、スポンサード・コンテンツの定義と特徴は以下のとおり。

「コンテンツそのものは媒体社の編集側が制作し、そのコンテンツおよびそれらが掲載されているページなどへ広告主がスポンサードするもの。「タイアップ広告」と異なり、「スポンサードコンテンツ」の場合は、コンテンツはあくまでも編集側の制作であり、広告主の商品などを説明する広告コンテンツではないため、コンテンツを読みに来る人に対してリーチできるという利点があり、それによって広告主はスポンサードのメリットを感じる。」

(引用元)スポンサードコンテンツ【インターネットの用語集】
http://www.cci.co.jp/words/sponsored_contents.html

この定義から、Allaboutの例はニュース記事ではなく「スポンサード・コンテンツ」の1つ(ユーザーの情報利用体験を妨げないネイティブ広告に該当)だと言えるでしょう。

※事実、All aboutはこれらをニュースではなく「ガイド記事」だと謳っている。

こうしたものはネット上に数多くあり・・・
例えばBLOGOSサイトで散見される識者の意見投稿記事なども、(編集側が関連広告をつけているため)スポンサード・コンテンツの範疇になります。

中学生の8割が見分けられないのも無理はないと思いませんか?

10代学生の読解力が問題なのではなく、ネット企業側がそれだけ巧妙に広告事業を行っているという事実の裏返しだろう、と個人的には考えています。


基本的には、「報道機関から配信されたものがニュース記事」で、それ以外は違う。
という認識をしておけば十分です。

もっとも、報道機関にも政治的&思想的バイアスがかかっていたりして・・・
ニュースも各社読み比べしないと、変な方向に誘導されてしまうケースがあるので注意は必要ですけどね。






  参考記事はコチラ。
タグ:ネット広告
posted by ちゅーりっぷ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

今年、最も流行したのは『SNOW』と『おけまる』。何のことだか分かりますか?

2016年に最も流行したのは『SNOW』で、はやった言葉は『おけまる』だったようです。

すぐにピンと来た方は・・・
もし社会人だったら怖いくらいです、あなたは精神年齢が10代学生かもしれません。


電通総研が先日、15〜69歳の男女2000名を対象に、今年(2016年)の流行ランキングを調査したところ、Top10は以下のとおりでした。

第1位  ポケモンGO
2位  「君の名は。」
3位  リオデジャネイロ・オリンピック/パラリンピック
4位  広島東洋カープ セ・リーグ優勝
5位  PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン )/ ピコ太郎
6位  「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
7位  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
8位  「シン・ゴジラ」
9位  ハロウィン
10位  「真田丸」


以下11〜20位は、ふるさと納税、YouTuber(ユー・チューバー)、Instagram(インスタグラム)、ドローン、ラグビー日本代表、連続テレビ小説「あさが来た」「とと姉ちゃん」、「おそ松さん」、iPhone 7、伊勢志摩サミット、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。

(資料)電通総研『話題・注目商品2016』レポート
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2016/1124-009088.html
※元資料では30位までランキング掲載。

上の流行については、概ねどの世代も納得できるところでしょう。

ところがマイナビ社が、13〜19歳の女性だけ(1029名)を対象に、今年流行したモノや言葉をアンケート調査したところ・・・

上のランキングには全く挙がらなかったものが1位となったのです。


彼女たちに、今年流行ったコトやモノについて尋ねたところ、圧倒的に票を集めたのが写真アプリの『SNOW』関連。

モノ部門で、『SNOW』は今年断トツの1位(2位のメルカリに倍以上の票数差をつけた)で選ばれたほか・・・
コト部門でも、SNOWスタンプの『キラキラピンクネズミ』が1位に、同じく『あっちのくまも』が4位にランクイン。

『SNOW』が、10代少女達のマストアイテムになっている様子がうかがえました。

(参照グラフ)2016年にはやったモノ、コト【マイナビティーン】
https://teens.mynavi.jp/jolextra/tieup/trendRanking/2016/data/img/graph-mono.png
https://teens.mynavi.jp/jolextra/tieup/trendRanking/2016/data/img/graph-koto.png

キラキラ加工などのバリエーションが豊富なのはもちろん、新作スタンプも常時登場して飽きないとの理由から、彼女達の間で『SNOW』が絶大な支持を受けているようです。


また、一番流行したコトバとして選ばれたのは、『おけまる』。

「OK。」と言う意味で使われていて・・・

(最後の「まる」の発音がかわいいと言う理由から、)句読点の「。」まで口に出すことが、ティーン少女の間で流行ったとのことでした。

(参照グラフ)2016年にはやったコトバ【マイナビティーン】
https://teens.mynavi.jp/main/im.php?src=%2Fjolextra%2Ftieup%2FtrendRanking%2F2016%2Fdata%2Fimg%2Fgraph-kotoba.png&width=692&height=570

このほか、2016年のティーン少女の間で最も流行ったヒトは、現在テレビバラエティでひっぱりだこの活躍をしている『ぺこ&りゅうちぇる』が第1位でした。

(そういえばハロウィンの仮装でも、10代はぺこ&りゅうちぇるの仮装が目立ちましたね)


時代が変わっても、10代少女は“かわいいが最強”という基準で、独特のトレンドを形成するんですねぇ。

ただ、「女子高生がトレンド(流行)を牽引する」と言われていたのはひと昔前で・・・
最近はそこまでの勢いが無くなっているようにも感じます。


※実際、彼女達の間で流行した『SNOW』は、冒頭の電通ランキングでは圏外。

少子化の影響から子どもの数自体が減っているので、ティーン世代の流行が社会現象を引き起こしづらくなっている面もあるのかもしれません。

今はどちらかというと、20代のほうが流行を発信している感がありますね。

(電通ランキングで1位2位の「ポケモンGO」「君の名は。」は、いずれも主要ユーザーが20代〜30代とされています) 

とはいえ、無料アプリの『LINE』が国内に広がったのはティーン世代からと言われていますし、彼女達の発信力は今も健在のはず。

10代思春期ならではの独創性溢れるトレンドを、今後も期待したいところです。


携帯電話・スマートフォン売るなら、ネットオフ。
iPhone、Android、GALAXYなどスマートフォン買取強化中!


↓現在au、ドコモ携帯を使っている方へ。乗り換えるならココ!



 参考記事はコチラ。
タグ:流行
posted by ちゅーりっぷ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

セーラームーンが性感染症予防の啓発、「検査しないと おしおきよ」・・・評価されるべき?

セーラームーンが「検査しないと おしおきよ!!」と、性感染症予防の啓発をしており、ネット上で話題となっているようです。

近年は、性感染症の中でも「梅毒」感染者が大きく増加(2010年621例⇒2015年は2697例と、4倍以上)しており・・・
厚生労働省が、幅広い層に認知されている『美少女戦士セーラームーン』とコラボレーションして、性感染症予防や早期発見・治療を啓発する企画を発表。

同原作者である武内直子先生にもご賛同いただき、啓発のメッセージとして「検査しないと おしおきよ!!」というキャッチフレーズを使用することになったとのこと。


セーラームーンのイラストが描かれた啓発用ポスター5千枚とリーフレット16.5万枚は、自治体に配布。イラスト入りの外装(ハート型)コンドーム6万個は、成人式等で啓発のために配布活用されるとの事です。

(資料)厚生労働省が性感染症の予防啓発で「美少女戦士セーラームーン」とのコラボレーションポスターなどを作成しました【厚生労働省 プレスリリース】
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10906000-Kenkoukyoku-Kekkakukansenshouka/0000143506.pdf


ヤフコメ等のネット掲示板では、主人公のセーラームーンこと月野うさぎが中学2年生(初出時)だったことを懸念してか・・・
「セーラームーンを性感染症予防に起用していいのか?」
「他にもっとふさわしい作品があるのでは?」


との意見が多く寄せられました。

恐らくですが、このテの意見をした人は漫画原作を読んでおらず、アニメだけの印象で話をしてしまっているのでしょう。

漫画原作の最終回では、光と影の戦いが終わって、二人(うさちゃん&まもちゃん)が結婚式を挙げて結ばれるシーンも描かれているわけで・・・
結婚された彼女が、性感染症予防の啓発をすることには全く問題がありません。

アニメだけで終わっている人(ヤフコメ掲示板は40代以上の男性が主体とされてますし、恐らく原作最終回を知らない人が大半?)が、とやかく述べているだけではないでしょうか。


仮に、少女向け作品のキャラクターが使われていることを問題視するのなら、「キティちゃん」はどうしますか?

サンリオのハローキティは、2010年より性感染症のひとつである「子宮頸がん」の予防啓発プロジェクトに参加しており、同イベントでは横顔キティが描かれた各種グッズがキャンペーンの一環として販売されています。

(このプロジェクトは、今年もFM TOKYOで11月に実施された)

(参照)子宮頸がん予防啓発プロジェクト『Hellosmile PROJECT』にハローキティが応援キャラクターとして協力 【サンリオ公式】
https://www.sanrio.co.jp/wp-content/uploads/2013/12/20100317.pdf
※グッズ収益の一部が、子宮頸がん予防のための寄付金として活用される。

セーラームーンに比べれば、キティちゃんのほうが小さい女児向けで、問題視される筈。
(しかも、キティ・ホワイトは半永久的に「女の子」という設定)

性感染症予防に関して、女の子のキティちゃんを認めて、(最終回で)結婚したセーラームーンが啓発NGとするのは、道理が通らないでしょう。


当時リアルタイムでセーラームーンのアニメ作品や漫画原作に触れただろう少女の、今の年齢層(今の20代〜30代前半)を考えるなら・・・
厚生省とセーラームーンのコラボは、性感染症予防の啓発として“十分に効果的”だと評価されていいと思います。


どうしても納得できないオタク諸兄は、こんな風に考えを変えてみてはいかがかと。

・非公式な薄い本(同人)で、おびただしい数にのぼる劣情を相手にしてきた彼女の言葉だからこそ、説得力がある。

(あ、これは出来の悪いジョークですね、忘れてください)


最後にですが、個人的には、セーラームーン起用に複雑な気持ちを抱く人がいることも理解できます。

例えば、娘が現在見ている『プリキュア』が、もしも20年後に性感染症予防の啓発キャラクターに選ばれたとしたら・・・
やっぱり親側の立場だと、複雑な気持ちにはなりますので。







 参考記事はコチラ。
タグ:うんちく
posted by ちゅーりっぷ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする