2018年01月21日

中小企業の景況感が過去最高を更新!なぜか主要メディアでは報道されません。

帝国データバンクの景気動向調査で、中小企業の景況感が2017年12月に過去最高を更新したことが分かりました。

大企業+中小企業を含めた全国の景気DIは50.9。
「業界別で『製造』『運輸・倉庫』『サービス』、規模別では「中小企業」「小規模企業」が過去最高を更新するなど、年末需要や株高を追い風に、景況感の改善は製造業から他の業界へ、大企業から中小企業へと広がりを見せ、景気DI は過去最高(2014年3月、51.0)に迫る水準まで上向いてきた。
燃料価格や人件費の上昇は負担となったが、製造業の好調に年末需要も加わり、景況感の改善が業界・規模間で広がるなど、国内景気は拡大した。」

(引用元)TDB景気動向調査 −2017年12月調査結果−
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/201712_jp.pdf
※全国1万0168社の有効回答を集計したもの。
※レポートの副題は、「中小企業の景況感が過去最高を更新」。

注目すべきは、「中小企業」「小規模企業」の景気DI が、いずれも過去最高を更新した点です。
企業規模別のDI数値についても、以下引用します。

・「大企業」(53.0)…前月比0.9ポイント増。6カ月連続で改善。大企業は 6 割近くが人手不足に直面する一方、輸出拡大などもあり『製造』や『運輸・倉庫』が好調だった。大企業の設備投資意欲DI が過去最高を更新するなど、投資意欲は高水準で推移した。

・「中小企業」(50.4)…同1.0ポイント増。7カ月連続で改善し、過去最高を更新。『製造』は電子部品や機械製造関係向け商品のほか、春夏物衣料などの受注も好調で、3 カ月連続で過去最高となった。また、『農・林・水産』は旺盛な加工食品需要などが好材料となった。

・「小規模企業」(49.8)…同 1.1ポイント増。6カ月連続で改善し、過去最高を更新。自動車など高額品の販売が堅調だったほか、大手製造業の好調で金属製部品製造の景況感も上向いた。「小規模企業」は『不動産』『サービス』など 4 業界が過去最高となった。


アベノミクス政策の効果については、株高などの恩恵を受けたのは大企業だけで、「中小企業には恩恵がほとんど来ていない(トリクルダウン効果がない)」というのが、従来の定説だったのですが・・・

帝国データバンク調査の景気DI指数を見る限り、中小企業に恩恵がないとの“定説が全くの誤り”だったことが分かります。

(何しろ、中小企業が回答した景気DIが50を超えて、過去最高を更新したのだから)

少なくとも、「トリクルダウン効果が現れていないとの批判は、今や全くの事実誤認である」ことが証明されたと言っていいでしょう。


ただ残念なことに、国内大手メディアはこの帝国データバンク調査を完全無視。
日本経済新聞を除いて「中小企業の景況感が過去最高」とのニュースが主要メディアで流れることはありませんでした。

恐らくは、視聴者のニーズに合わない?(政治が悪いので不景気だと伝えるほうがリベラル紙は売れる)ため、ニュース報道を見送ったのでしょうね。

実際、朝日新聞は16日に発表された同じ帝国データバンクの『倒産件数8年ぶりの増加』を取り上げており、滑稽すぎて笑わせてもらいました。

「2017年の国内企業の倒産件数は8376件で、8年ぶりに前年を上回った。飲食店の倒産が2000年以降で最多となり、全体を押し上げた。長引く個人消費の低迷や人手不足による人件費の高騰が経営の重しになったようだ。」

(引用元)飲食店の倒産、2000年以降最多に 個人消費低迷など
https://www.asahi.com/articles/ASL1J4STGL1JULFA010.html

8年ぶりの倒産件数増加を伝えるのに、記事のタイトルが「飲食店の倒産、2000年以降最多」(失笑)。

※ちなみに同日発表された東京商工リサーチの調査では、『2017年の企業倒産件数は8405件と9年連続減少で、27年ぶりの低水準』となっています。

リベラル紙は、とにかく“日本経済がダメだ”と主張したいようで・・・
中小企業の景況感が過去最高、とだけは絶対に報道したくないのでしょうね。


気軽な副業からガッツリ稼ぎたい人まで!
得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】




 参考記事はコチラ。
ラベル:景況感 中小企業
posted by ちゅーりっぷ at 14:59| Comment(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

チューリップバブルとは?球根が引き起こした「世界初のバブル経済」。

ビットコイン価格の高騰は、しばしばチューリップバブルと比較して論じられる(主に揶揄される)ことがあります。
果たしてチューリップバブルとは、何なのでしょうか?


1630年代にオランダで起きたチューリップバブルは、価格記録が残っている「世界最初のバブル経済事件」と言われています。

当時のオランダは、(列強スペインに対抗すべく)アジアとの独自交易に活路を求め、香辛料輸入が大当たりして裕福な貿易商が増えてきました。

そんな中、彼らの間で富の象徴となったのが、オスマントルコとの貿易で初めてもたらされたチューリップです。
ヨーロッパ諸国では見たこともない花の形や色合いから、チューリップは「異国情緒あふれる珍しい花」として、上流階級の間で観賞用にもてはやされるようになりました。


チューリップは、球根にウイルスが感染することで変異しやすく、花弁の色がまだら模様や縞模様になったりします。
その模様の美しさに魅惑された上流階級が、滅多に見られない模様入りチューリップを高値で購入するようになりました。

(参照)タキイの花 | 病害情報 | チューリップ モザイク病 【タキイ種苗】
http://www.takii.co.jp/flower/bugs/tulip/disease/mozaiku/

※現在ではモザイク病と呼ばれる病害ですが、当時の科学力では分かる筈もなく、偶発的に起こった突然変異種のチューリップと見られていた。

(病害なので)花の観賞後に次の球根が育たずに枯れたり、育っても花模様が遺伝しないケースがあり・・・模様入りチューリップの珍重性はさらに高まりました。


模様入りのチューリップが高値取引される様子が知られるようになると、次第に人々の関心は、花よりも「球根」に移るようになります。

「先に球根を沢山買っておき、その中に模様入りがあれば、それで大儲けできる!」

模様入りの花が咲けば、1つの球根からでも富を掴む可能性があったため、多くの人が球根を買い求めるチューリップバブルが到来。

球根の値段が日に日に上がっていくようになると、転売して金儲けをする人も出てくるようになります。
店の在庫が売り切れでも、「じゃあ来月入荷する球根を、来月の取引価格(予定)で今売ってくれ」と言う人まで現れるほどでした。

(いわゆる「先物取引」が行なわれたのも、チューリップバブルです)


ついには模様入りの花を咲かせたものだけでなく、単色の一般的なチューリップ球根の価格までも上がり始め・・・
ピーク時の1637年初頭には、人気品種の球根1個に対して「熟練職人の年収の10倍以上」の値段がつく状況にまでなりました。

とはいえ、ここまで高騰してしまうと「さすがに買い手がもういなくなるのでは?」という噂が市場で立つようになり、チューリップバブルは崩壊の時を迎えます。

「1637年2月、チューリップの売り手は、高騰した球根代金を支払おうとする買い手をもはや見つけることができなくなった。
そうと知れ渡った途端、チューリップに対する需要は崩壊し、価格は暴落した。

投機バブルが破裂したのである。」

(参照・引用元)チューリップ・バブル【ウィキペディア】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB

同年のチューリップ球根価格は、下落率が99%を超えていた(ピーク時の1/100以下になった)と言われています。
高値で買う人がいなくなり、今度は売ろうとする人が殺到して、球根価格が暴落してしまったというわけですね。


ひょんなことから、チューリップの「球根」を高値で求める人が増え続け・・・
球根そのものの価値を大きく逸脱した価格帯にまで跳ね上がってしまった出来事が、チューリップバブル(1630年代に起こった世界初のバブル経済)です。

投機家はいざ知らず、投資家の人は覚えておきましょう。

そのものの価値を大きく逸脱して、価格高騰している状態がバブルです。
買い手がいなくなってバブル崩壊⇒大損失の憂き目に会いたくないのなら、バブルになっているものには投資しないほうが賢明ですよ。

(ビットコインがこれに該当するかは、また別の話・・・)


ネット上で話題の、投資関連本ランキング。

 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:54| Comment(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

初売り・福袋イベント、購入者は減少も「購入予算額はむしろ増加」傾向!?

初売り・福袋イベントの購入予定者は昨年より減少するも、「購入予算額は増加」傾向にあることが、電子チラシサービスのShufoo!(シュフー)が行なった調査で分かりました。

以下、全国男女824名+Shufoo!ユーザー49706名の回答を集計した『初売りと福袋の購入に関する意識調査』のデータを紹介します。
(調査期間は2017年11月17−19日)


初売り・福袋の参加意欲について尋ねたところ、初売りに行く予定の人は全体の16.9%(対前年比▲6pt)、福袋の購入予定者は12.2%(対前年▲3.5pt)。
いずれも昨年実績から減少しており、イベントに参加しない人が目立つ結果です。

ところが、初売り・福袋イベントに参加する人に聞いた、購入予算はむしろ昨年から増加。

昨年は初売りの予算について、5千円〜1万円未満と1万円〜2万円未満(24.7%と26.9%)との声が目立ったのですが・・・

2018年では、5千円〜1万円未満が20.9%(対前年▲3.8pt)に減少。
代わりに、2万円〜3万円未満の回答が20.4%(対前年+9.8pt)まで増えました。


※1万円〜2万円未満は27.7%(対前年+0.8pt)とあまり変化なし。

(資料グラフ)2018年の初売りにかける予算はいくらぐらいですか?
https://prtimes.jp/i/5565/65/resize/d5565-65-875353-1.jpg


福袋についても1人あたりの購入金額は上昇傾向。

昨年の福袋調査では、千円〜5千円未満と5千円〜1万円未満(23.9%と33.3%)との声が目立ったのですが・・・

2018年では、千円〜5千円未満が21.8%(対前年▲1.8pt)、5千円〜1万円未満が32.7%(対前年▲0.6pt)とそれぞれ減少。
代わりに、1万円〜2万円未満の回答が21.2%(対前年+2.3pt)まで増えました。


(資料グラフ)2018年の福袋1つあたりの購入予算はいくらぐらいですか?
https://prtimes.jp/i/5565/65/resize/d5565-65-858677-4.jpg

初売り・福袋イベントに参加する人(の割合)は減少しているものの、参加者の購入予算は昨年より増加傾向にあるため・・・
同レポートでは、「消極派と積極派の二極化がますます顕著に」との副題がつけられていました。


なお、福袋購入に積極的な人からは「定価よりも安く買えるお得感がある」(78.2%)との声が多く聞かれ・・・
「事前情報などから目当ての商品がある」(44.2%)、「何が入っているのかというワクワク感がある」(34.0%)と続きました。

事前に情報収集をして、お目当ての品があるとか「定価よりも安く買えるお得感がある」福袋を購入する人が多いようです。

福袋に期待するお得度合いでは、購入金額の3倍(29.5%)や2倍(18.9%)を期待する声が多く上がっていました。
購入金額の5倍以上(11.7%)と言う人も1割ほどいたそうです。

(資料グラフ)福袋の購入金額に対して、何倍相当の中身を期待しますか?
https://prtimes.jp/i/5565/65/resize/d5565-65-790778-7.jpg

福袋の中に、若干の不要なものがあっても・・・
「購入金額の3倍」程度の品物が入っていれば、“トータルではお得感がある”
ということなのでしょうね。



[PR]自分へのご褒美に、「お取り寄せ人気」のグルメです。




参考記事はコチラ。
ラベル:初売り 福袋
posted by ちゅーりっぷ at 12:07| Comment(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

ノーベル経済学賞、セイラー教授の主な功績「ナッジ」とは?

2017年のノーベル経済学賞を受賞したセイラー教授は、行動経済学における「ナッジ理論」の提唱者としても有名です。

セイラー教授の主な功績である「ナッジ」について、ざっくりと分かりやすく説明したいと思います。


(前回記事の続きですが)人は誰しも、心理的要素が絡んだ会計処理=メンタルアカウンティングをするので、時として非合理的な経済行動に走ってしまうことがあります。

時に非合理的な経済行動をやらかす私達が、お金のことでより良い結果を得るためにはどうすればいいのでしょう?

その解決策として、セイラー教授が唱えたのが「ナッジ」理論です。
ナッジ(Nudge)とは、注意を引くために「肘でツンツンと軽くつつく」行為を意味しています。

(居眠り中の生徒が授業中に指された時、隣の人が気付かせようとするアレですね)

教授いわく・・・私たちは何か行動を変えるよう、「ナッグ(しつこく文句を言う)」されたときよりも、助言や誘導などで「ナッジ(肘で軽く突く)」されたときの方がずっと良い結果を出すとのこと。

(参照)ノーベル経済学賞のセイラー教授が提唱する「ナッジ」が重要な理由【Forbesjapan】
https://forbesjapan.com/articles/detail/18041

人には心や感情があるので、強制的に従わせるよりも、自発的な行動を促すよう軽い誘導(≒ナッジ)を与えたほうがいい、と言うわけです。


「交通安全標語」は、私たちを良い経済結果に導くナッジの好例です。

飲酒運転を撲滅すべく、違反時の減点・罰則金を大幅に引き上げたとします。
法律による罰則強化には、警察が取り締まりで俺達からお金を巻き上げようとしている、と不快に感じて反発する人もいます。

そこで(?)こんな交通安全標語が作られ、道路脇などに看板が設置されました。

「一滴が 涙に変わる その飲酒」 (2011年・警察庁長官賞作品)

安全標語には何の強制力もありません。
ですが、これを見たドライバーは“自発的に”飲酒運転の危険性を振り返るようになり、
自らの考えで飲酒運転をしなくなります。


※ドライバーの飲酒運転が減れば、飲酒事故に伴う社会的経済損失も減少します。

このように(金銭・法律などの)強制力に拠らず、私たちの行動を誘導させるものがナッジです。


ところで、ナッジはスーパー小売店や飲食店でも広く活用されています。

「午後▲時までのタイムセール」「本日のオススメ商品」「■食限定、日替わりランチ」に目が留まり、予定外のものを買ってしまった(or買おうか考えてしまった)経験はありませんか?

キャッチコピーの類はどれも、私達に“自発的な”購入を促すナッジ
だと考えることができます。

意外なところでは、ファミリーレストラン等のメニューで見かけるカロリー表示も、購入を誘導させる一種のナッジです。

(体重を気にしてダイエットされているお客様は、金額だけでなく「カロリー量に誘導」されてメニューを決めたりする)

(参照)知らないうちに「ひじ」を押されて買わされている? 「ナッジ」とは何か【ZUUオンライン】
https://zuuonline.com/archives/126241


ナッジを活用(悪用?)すれば、消費者に高額商品を買わせることも可能です。

先日、うちの課のOLがウン万円する美容クリームを購入。
お店に行ったら「女優の新垣結衣さん愛用」とのPOPに目が留まり、高価だったけど(店員の勧めもあって)思い切って購入を決めたのだとか。

店には、普段自分が使っているクリームや、もっと安いスキンケア商品もあった筈ですが・・・
POPの文言が、彼女に高価な美容クリームを“自発的に”購入させた「ナッジ」だったことは言うまでもないでしょう。

(彼女はたまたまガッキーと同じアラサー年齢で、その辺の要素もあったらしい)


人間は、時として非合理的な経済行動をやらかしてしまいます。
購入予定のなかった商品や高額商品でさえも、「ナッジ」の誘導いかんでは“自発的に”購入してしまうことだってあるのです。


ご褒美グルメに最適、「お取り寄せ人気」のハム・ソーセージです。




 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 08:53| Comment(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

ノーベル経済学賞、セイラー教授の主な功績「メンタルアカウンティング」とは?

行動経済学への貢献から、米シカゴ大のセイラー教授が2017年のノーベル経済学賞を受賞しました。

経済学では通常、人は合理的な経済行動をとる(同じ商品なら価格の安いものを購入する、損失リスクが高いものには手を出さない等)、という前提で理論を組み立てます。

しかし現実を見ると、私達はたまに合理的とは言えない行動もしています。
高価な商品なのに衝動買いをしていたり、大負けしたギャンブルに翌日再挑戦してさらに大損したり・・・

バカみたいな、非合理的な経済行動も時にやってしまうのが人間です。

(そして「何であんなバカな事をやったんだ」と後悔したりする)

セイラー教授は、人間が時にやらかしてしまう「非合理的な経済行動」に着目。
人間の合理性には限界があって、様々な心理的要因から行動がブレてしまう(時に非合理的な経済行動をとる)
ことを、理論立てて説明したのです。

(参照)ノーベル経済学賞、セイラー教授の受賞理由
http://toyokeizai.net/articles/-/192354

セイラー教授の行動経済学における主な功績としては、「メンタルアカウンティング」と「ナッジ」が挙げられます。

本記事では「メンタルアカウンティング」をざっくりと、分かりやすく説明したいと思います。


メンタルアカウンティング(mental acounting)とは、直訳すると「心の会計」。
私達はお金に関して数字の計算ではなく、「心理要素を含めた会計処理」を行なっているというものです。

分かりやすい身近な例を挙げます。

■ギャンブルで勝った3万円の収入は、豪勢な食事などでパーッと使ってしまいがちです。
■汗水たらして働いた3万円の収入は、生活のために大事に使おうと考えます。


どちらも同じ3万円の収入なのに、なぜこんな違いがあるのでしょうか?


なぜって・・・経済的価値は同じでも、「心理的には両者の収入に違いがある」と、私達は考えていますよね。

前者は、ラッキーで得た“あぶく銭”の臨時収入。
パーッと使って消えても困らない(何に使ってもいい)お金だ、と心の中で会計を行なっています。

後者は、自分の“労働対価”といえる給与収入。
次の給料日まで計画的に使う必要があるお金だ、と心の中で会計処理をしています。


(参照)メンタルアカウンティングとは|金融経済用語集 - iFinance
https://www.ifinance.ne.jp/glossary/lifeplan/lif153.html

こうした(経済的には合理性がない)心の中での会計処理を、メンタルアカウンティングと呼びます。

(同じ経済価値のお金でも、心では「価値が違うお金」だと色分けている)

人間は誰しも、収入・支出に関してメンタルアカウンティングをしているため、時として非合理な経済行動に走ってしまう、というわけです。


多くの人がなかなかお金を貯められないことも、メンタルアカウンティングで説明できたりします。

一般的に、貯金とは給料マイナス全生活出費で余ったお金(の累積)であり、余った資産ゆえに「何かの時には取り崩すことができるお金」だと多くの人が考えます。

何かの時を「老後」「生活苦」などと、きっちり限定できる人はいいですが・・・
自制心が弱いと、「家族サービスのため」「自分へのプチご褒美」「ストレス解消のため」の支出なども、貯金を取り崩していい時だと考えがち。

(私達は支出に関しても、自分基準のメンタルアカウンティングを行なっている)

自己弁護まじりのメンタルアカウンティングで理由をつけては、その都度貯めたお金を取り崩してしまうので「なかなかお金を貯めることができない」というわけです。


人間には心や感情があるため、コンピュータのように常に合理的な判断を下せるわけではありません。

お金に関しても、心理的要素が絡んだ会計=メンタルアカウンティングをするので、人は時として非合理的なお金の使い方をしてしまうのです。

某あいだみつを氏の言葉を借りるなら、時に愚かしい経済行動をするのは「だって人間だもの」と言ったところかもしれませんね。


ネットでお取り寄せ人気のご褒美グルメ。




参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 09:31| Comment(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする