2017年05月25日

1500円の安物指輪が、鑑定で大粒ダイヤモンドと分かり、サザビーズのオークションに!

購入時に10ポンド(約1500円)だった安物の指輪を鑑定してみたら、本物の大粒ダイヤモンドだったことが分かり、英サザビーズがオークションを開くと話題になっています。

「ロンドン西部で30年前、女性が不用品セールで10ポンド(現在の為替レートで約1450円)で購入した装飾品が、本物の26カラットのダイヤモンドだと分かり、関係者を驚かせている。

ダイヤモンドは今年7月に競売大手サザビーズによって競売にかけられる予定で、35万ポンド(約5000万円)の値が付くとみられている。

匿名を希望している所有者は、1980年代にロンドン西部アイズルワースにあるウェスト・ミドルセックス病院で購入した際には、「並外れて大きい」石は模造品だと思ったという。
女性はこのダイヤモンドを約30年にわたり、日常的に使っていた。19世紀にクッション型にカットされた、26カラットのダイヤモンドだなどとは、まったく気づいていなかった。
(中略)
所有者は購入から30年ほどたって、もしかしたら本物かもしれないが価値が全く分からないと、サザビーズに持ち込んだという。」

(引用元)約1500円で買ったアクセサリー、実は26カラットのダイヤモンド【BBC日本語版】
http://www.bbc.com/japanese/39998421
※本物と鑑定されたダイヤモンドの写真もご覧になれます。


上リンク記事で写真をご覧になると分かりますが、このダイヤは58面体の現代版ブリリアントカットではなく、ドーム状に「クッションカット」されたダイヤモンドとなっています。

19世紀頃の宝石職人は、ダイヤを最大限輝かせることよりも、“原石から重量をなるべく減らさない”ことを重視していたため・・・
輝きが多少鈍っても、ドーム状に「クッションカット」することが多かったのだとか。

現代ブリリアントカットに比べると、クッションカット・ダイヤは反射光の華やかさに欠けており、「本物の宝石ではないと思われたのではないか」、とのことでした。

(実際、サザビーズの宝石統括であるウィンダム女史も、実物を見た当初はダイヤモンドらしい輝きがなかったことから、これが本物の宝石だとは思わなかったそうな)

そもそも、26カラットもある大粒石の指輪で値段が1500円だったら、大半の人はニセモノの宝石だろうと思いますよねぇ・・・


フリーマーケット等で、安物のアクセサリーを購入した経験があるアナタ。

あなたが購入した安物アクセサリーについている、よく分からない石も・・・もしかしたら本物のダイヤモンドかも?

思い当たる物があるのなら、貴金属を扱う買取りショップ等で一度鑑定してもらうと良いかもしれませんね。


※輝きの鈍い石のほうが可能性はあります。やたらキラキラ輝くものはほぼ全てジルコニア(有名な模造ダイヤ)なので、むしろ可能性は低いです。

(参照)「czダイヤモンド」とは、模造ダイヤの「ジルコニア」のこと!100均で買えるおもちゃの宝石も・・・【マネーのプチ情報局】
http://money-money-more.seesaa.net/article/380455044.html


家に眠っているブランド品・宝石、喜んで買い取ります。



 参考記事はコチラ。
タグ:激安
posted by ちゅーりっぷ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

プロ野球選手(日本人)の平均年俸を調べたら、意外なことが判明した。【クイズ】

いきなりですが、プロ野球選手の年俸に関するクイズです。
Q.日本のプロ野球で、所属する日本人選手の平均年俸がトップの球団はどこでしょう?

・・・普通に、読売巨人軍じゃないの?

よく分かりましたね。
意外なことに、今では「巨人軍の平均年俸がトップではない」から、クイズなのです。


日本プロ野球選手会が5月1日、2017年度における年俸調査結果を発表しました。
調査対象となった日本人選手は734名で、彼らの「平均年俸は3826万円」。
2年ぶりに前年度よりもアップしたそうです。

※同調査は1980年以来、選手会に加入している日本人の支配下選手を対象に、毎年実施されている。

リーグ別では、パ・リーグ選手の平均年俸が3948万円(398名)で、セ・リーグの平均年俸は3704万円(366名)。
パ・リーグのほうが、日本人選手の平均年俸は250万円近く高かったのだとか。

(参照)2017年度年俸調査結果を発表しました。【日本プロ野球選手会公式】
http://jpbpa.net/news/?id=1493642265-877560


そして、球団別の平均年俸比較では・・・

「福岡ソフトバンクホークス」支配下選手の平均年俸が「7013万円」で12球団トップ。
ソフトバンクには年俸1億円以上の日本人選手が13名おり、億越え日本人プレイヤーの数も、12球団中1位でした。

ちなみに、球団選手の平均年俸が7000万円を超えたのは、選手会による調査開始以来初めてのことだったそうです。

続く2位が、巨人の6043万円。
3位が阪神で4162万円。


以下、東京ヤクルト(3737万円)、北海道日本ハム(3488万円)、千葉ロッテ(3446万円)、オリックス(3336万円)、埼玉西武(3283万円)、東北楽天(3196万円)、中日(2926万円)、広島(2767万円)DeNA(2600万円)の順でした。

というわけで、クイズの答えは「福岡ソフトバンクホークス」です。

(当たった人は相当なプロ野球通かと・・・でもないか)


同サイトの詳細資料では、ポジション別や年齢階層別の平均年俸も掲載されていました。

ポジションでは投手の年俸が一番高い(平均3734万円)かと思いきや・・・
内野手(同4399万円)や外野手(同4641万円)のほうが、平均年俸は高いという結果でした。

野手は守備の要だけでなくバッターとして攻撃側の活躍も求められるため、“攻守どちらも評価されて”高い年俸になるものと考えられます。

年齢階層別に見た場合の、プロ野球選手の平均年俸は以下のとおり。

23歳以下・・・平均年俸1104万円
(オリックスの平均653万 〜 阪神の平均1910万)

24〜29歳・・・平均年俸3091万円
(阪神1439万 〜 ソフトバンク4444万)

30〜35歳・・・平均年俸6849万円
(広島2228万 〜 ソフトバンク1億4444万)

36歳以上・・・平均年俸1億0591万円
(楽天2969万 〜 ソフトバンク2億2500万)

(資料)2017年シーズンの年俸調査結果の発表(詳細)【日本プロ野球選手会公式】
http://jpbpa.net/research/

30歳以降のソフトバンク選手の平均年俸がすごいですね。全球団で平均年俸がトップになるのも頷けます。

ただし、ソフトバンクは23歳以下への平均年俸だと658万円で、これは12球団中11位でした。
新人・育成中にある選手への年俸は、だいぶ抑えています。


ソフトバンクの選手は、プロとして芽が出るまでは苦しいですが・・・

一軍に定着して長く活躍するほど、報酬がグングン上がっていく球団だと言えるでしょう。


新人の1年目から戦力外通告もありうるプロ野球の世界で、30歳以降も活躍できる選手は一握りの逸材だけ。

福岡ソフトバンクホークスは、そうした逸材の選手をそろえるべく、年俸評価に関して“中長期の年功成果”を重視している球団なのかもしれませんね。

(なるべく生え抜きの選手を評価するシステムであって欲しいですが・・・
他球団のベテラン選手を、高い年俸でトレード獲得しているだけだったりして)


↓生命保険のことなら生命保険ドットコム。



↓火災保険の見積もり比較はこちら!



参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

国産EVスーパーカー「GLM G4」は4000万円!正直なところ、その性能に“失望”・・・

電気自動車のベンチャー企業GLMが、国産で初となるEVスーパーカー「GLM G4」を公開しました。
想定価格4000万円で、
2019年をめどに1000台(限定)発売する予定とのこと。


性能スペックについては記事から引用。

「モーターと駆動用バッテリーを搭載するEV(電気自動車)であり、専用開発となる高効率・高出力なモーターを車両の前後に計2機搭載。2つのモーターを協調制御して最高出力400kW(540馬力)、最大トルク1000Nm(101kgm)を発生して4輪を駆動する。また、モーターからタイヤまでが直結となるトミーカイラZZとは異なり、G4では多段化されたトランスミッションも搭載するという。

 これにより、0-100km/h加速3.7秒、最高速250km/hというスポーツ性を備えながら、航続距離(NEDC)は400kmを実現するとしている。なお、G4のボディサイズや車両重量などは今後の開発過程で決定していくとのこと。」

(引用元)GLM、2019年に4000万円で発売予定のEVスーパーカー「G4」日本初公開【Car watch】
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1055634.html


正直なところ、GLM G4の性能には“失望”しました。

これだとスーパーカーと呼ぶにはスペック不足で、欧州はじめ諸外国では“高級スポーツカー”との認識になりかねません。
実際、アウディの高級スポーツカー「R8 スパイダー」が、540馬力で同等です。

(R8スパイダーは0-100km/h加速3.6秒、最高速は318km/h。ちなみに価格は2618万円)

スーパーカーと呼ばれるためには、700-1000超の馬力を持っている化け物級のEVマシンを公開して欲しかったところ。

前後2つのモーターではなく、4輪全てにモーターを搭載する形なら、間違いなく1000馬力越えの「EVスーパーカー」が出来たはずなのですが・・・
非常に残念です。


言っておきますが、モーターを4機搭載したEVスーパーカーは、単なる空想の産物ではありません。
すでに世界各地で製作されており、実際に発表もされています。

例えば、ドイツのアルテガ社は先月、モーターを4機搭載した新型EVスーパーカー「スカーロ スーパーエレクトラ」を発表。

「前後に2基づつ、合計4基の電気モーターを搭載し、最高馬力は1020psを叩き出す。
また、最大トルクは165.2kgm、0-100km/h加速を2.7秒で駆け抜け、最高速度は300km/hに達し、航続距離は500km
と他の最新鋭スーパーEVと遜色ないモデルとなっている。

発売は2019年で、限定生産わずか50台、価格は2億円とも噂されている。」

(引用元)復活のアルテガ、第二弾は1020馬力のEVスーパーカーだ!【Cyclestyle】
https://cyclestyle.net/article/2017/03/21/46566.html

また、同時期にジュネーブで行なわれたモーターショーでは、クロアチアのメーカーも4個のモーターで4輪を駆動するEVスーパーカー「コンセプトワン」を発表。

こちらは何と最大出力が1224馬力。0-100km/h加速は2.5秒、最高速は355km/h(リミッター作動)を達成し・・・

EVスーパーカーと呼ぶにふさわしい、優れたパフォーマンスを実現しています。

(参照)【ジュネーブモーターショー2017】クロアチアのEVスーパーカーはモーター4個で1224馬力【Response】
https://response.jp/article/2017/03/14/292063.html

このほか、中国のEVメーカー蔚来汽車も、4機モーターのEVスーパーカー「NIO EP9」の開発&無人テスト走行(250km/h)に成功したと、レコードチャイナが伝えています。


これらの現状を踏まえて・・・日本のEVスーパーカー「GLM G4」は、各国のバイヤー達にどう思われるでしょうか?

「日本は最先端技術の国と言われるが、まだEV開発については若干遅れているな」
との感想を持つ関係者も少なくないように思います。

私が国産初のEVスーパーカーに“失望”したのも、こうした理由からです。


現時点では、残念ながらGLM G4の性能は“高級スポーツカー”の域を出ていません。

GLM社が本当にEV開発のベンチャー企業であるなら・・・
モーター4機を搭載したモンスターマシンに挑戦して、あらためて「EVスーパーカー」として発表したほうがいいのでは、と個人的には思います。


自動車保険、無料で一括見積もりできます!



↓CPSなら、ドレスアップカーやチューニングカーも高額査定!



 参考記事はコチラ。
タグ:高額
posted by ちゅーりっぷ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

大規模爆風爆弾(MOAB)の値段はいくら?1発あたり○○億円。

米軍が13日、アフガニスタンにあるイスラム国の拠点に大規模爆風爆弾(Massive Ordnance Air Blast Bomb ⇒MOAB)を投下しました。

MOABは長さ約9m・重さ約9800kgもあるモンスター級の巨大爆弾。
あまりに巨大&重量のため爆撃機には搭載できず、C-130輸送機に積まれて投下され、その破壊力は(核以外の)通常兵器としては現在最強と言われています。

(威力は、爆弾1個だけでTNT火薬11トン分に相当するとのこと)

略称のMOABをもじって「Mother of All Bombs・全ての爆弾の母親」とも呼ばれています。


さて、最強の爆弾MOABの値段はどれくらいなのでしょうか?

英文報道を検索してみたところ・・・米軍の軍事情報サイト・Deagelが同兵器のコスト推算を行っており、複数のニュースで報じられていました。

“Each MOAB costs around $16 million, according to military information website Deagel. With 20 made so far, the site says the U.S. military has spent some $314 million on the production of the explosive.”

[訳文]軍事情報サイトDeagelによると、MOAB1個あたりの費用は1600万ドル(※約17億円)です。これまでに20発が作られており、米空軍は爆弾製作までに約314万ドルを費やしたと同サイトは述べています。

(英文引用元)What we know about the 'mother of all bombs' that was dropped on Afghanistan【CNBC】
http://www.cnbc.com/2017/04/13/what-we-know-about-the-mother-all-bombs-that-was-dropped-on-afghanistan.html

というわけで、大規模爆風爆弾(MOAB)の値段は、1発あたり約17億円です。

(完成までにかかった米軍の開発コストが約3.3億円)


Deagelサイトの解説によると、もともとは2003年の対イラク「イラクの自由作戦」のために開発された爆弾だったのですが、そこではMOABが使用されないまま終了。

以後、日の目を見る機会が一度として無かったMOABですが・・・
完成から14年の歳月を経て、アフガンのイスラム国拠点を掃討するために、初めて使用されたそうです。

火薬や雷管等の保管が適切であるなら、相当前に作られた爆弾でもきっちり投下爆発するわけで、恐ろしいものがありますね。

(2次大戦中に投下された不発弾なども、発見されたら爆破処理するくらいですから、数十年くらいの歳月が流れても平気(兵器)なのでしょう)


現在最強の威力を誇るモンスター爆弾MOABは、1発当たりの値段が「17億円」。

“アメリカ空軍が譲ってくれれば”、の話ですけどね。


格安で人気上昇中の、UQモバイルです。



 参考記事はコチラ。
タグ:高額
posted by ちゅーりっぷ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

ポテトチップスが販売休止、ネットでは「ピザポテト」が1袋500円に急騰!?

カルビーと湖池屋が、ポテトチップス製品の一部を販売休止・販売終了することを明らかにしました。
昨夏に北海道を襲った台風の影響でジャガイモの収穫量が減少し、原料調達が困難になったため
とのことです。

<カルビー>
販売休止(4/22最終)は、大袋の「BIGBAG」「LサイズBAG」や「ピザポテト」など15品目。
販売終了(4/15日最終)は、「厚切りホットチリ味」「フレンチサラダ」「しょうゆマヨ」など18品目。


なお、販売終了のポテトチップスには地方限定品も多く・・・詳細を知りたい人は、下リンクの公式資料をご覧ください。

(資料)馬鈴薯不足に伴う「ポテトチップス商品」の影響による商品の休売及び終売に関して【カルビー公式】
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/170410.pdf

<湖池屋>
販売休止(先月25日にて)は、「130gお徳用うすしお味」「55gガーリック」など9品目。
販売終了(同)は、「リッチコンソメ」「頑固あげポテト」など7品目。


同社公式ページには出ていませんが、取材を行なったねとらぼ様が商品一覧を掲載していますので、詳細については下リンク記事をご覧ください。

(参照)「ピザポテト」全サイズが販売休止 カルビーや湖池屋、じゃがいも不足で「ポテチ」一部商品を休売・終売【ねとらぼ】
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/10/news074.html

台風影響でジャガイモが不作だったので、「限られた原料を主力商品に使うべく」販売休止や終了に踏み切った模様です。

今後の確保量もはっきりしない(北海道は秋にじゃがいも収穫)ため・・・
休止商品の再開に関しては、「目途が立ち次第、改めて弊社ホームページ上にてご案内させていただきます」(カルビー)とのことでした。


このニュースを知るや、ポテトチップスを買い占めて、ネットオークション転売を行なう輩が早くも出たようで・・・

「フリマアプリやオークションサイトでは、「ピザポテト」(カルビー)や「ポテトチップス リッチコンソメ」(湖池屋)などの商品が高額で出品されるケースが続出している。

実際、フリマアプリ「メルカリ」でピザポテトと検索すると、今回の騒動に「便乗」したとみられる出品が200件以上ヒットする。一袋あたりの出品価格は500円程度で、これは通常価格の3〜4倍ほど。出品ページをみると、

「品切れ続出!」
「買い占めが始まって、どんどんなくなりつつあります」
「もう食べられなくなる!!!」

などと品薄感を煽るような文章が並んでいる。なかには、個人で100袋以上のピザポテトを扱う出品者も出ていた。」

(引用元)ポテチ価格、フリマで一袋500円 販売休止で一気にプレミア化【J-CAST】
http://www.j-cast.com/2017/04/11295313.html?p=all

オークション価格は、基本的に重要と供給のバランスで決まるものなので、確かに商売上手ではあるのでしょうけど・・・
こういうニュースを聞くと、少し“やるせない”気持ちになるのは自分だけでしょうか。


一応言っておきますと、各社ともポテトチップスの「主力商品については健在」で、今後も販売継続されます。

何も慌てる事はありません。

今は定番味のポテトチップスを食べつつ、休止製品の販売再開を「ゆるりと待つ」のがベストな選択かと思いますよ。






 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする