2017年08月10日

家計簿は、7割の人にとって無意味!?家計簿をつけても貯金できない人の特徴とは。

あるファイナンシャルプランナーが、「家計簿をつけることで、自分でどの程度節約ができているか」を顧客達にアンケート調査したところ、意外なことがわかりました。
家計簿をつけてから、自らの努力で節約を成し遂げた(≒無駄を省いて貯金できるようになった)人は全体の3割だけ。

残る7割の人は、家計簿が自身の節約・貯金につながらず、「家計簿をつけても無意味だった」そうです。


どうして、家計簿をつけても節約や貯金が出来ない人がいるのでしょうか?

アンケート調査を行なった高橋氏いわく、彼らには共通の悪い特徴があり、家計簿をつけることが無意味になってしまうとのこと。

【家計簿をつけても無意味な人の特徴】

1. 家計簿をつけることが目的になっている
2. おカネを貯めるつもりがない
3. 自分の浪費癖を理解しようとしない
4. 浪費がわかっているのに減らすつもりがない
5. 自分の将来像が描けていない


(参照)家計簿をつけても貯金できない人のNG癖5つ【東洋経済オンライン】
http://toyokeizai.net/articles/-/183789


家計簿をつけることの意義は・・・
日々の収支記録を振り返り、“家計のどこに無駄があるかをチェックして、お金の使い方を自分で改善する”ことにあります。


しかし、家計簿が無意味になっている人には、この意義を忘れてしまっている人が非常に多いとのこと。

■家事や生活の一環として、「歯を磨くように」何となく収支金額だけを記入している。
■どこに無駄な支出があるのか、家計簿で自分の浪費チェックをすることもない。


ほかにも、顧客からこんな意見があって高橋氏は驚いたそうです。

■家計簿をつけていて、無駄な支出が何かもわかっている。でも節約はできていないし、する気もない。

「今回、アンケートをとってみて浮かび上がってきた家計簿づけの意義。これは目からウロコでした。

今まで私は、家計簿は家計を改善するためにつけるものだと思っていました。しかし、家計を改善するつもりもないのに家計簿をつけているケースが多く、しかも無駄に気づいていても支出を減らす意思はない。
それであれば、家計簿をつけたり、見たりする時間がもったいない気がします。」


※上リンクの東洋経済記事より引用。


家計簿は、お金の使い方を自分で改善するための“補助”ツールです。
お金の流れを記録して無駄な支出を洗い出し、浪費を自発的に無くしていく(貯金できるようにする)ことが目的です。

いくらきっちりと家計簿をつけても・・・
そこから自分達のお金の使い道に変化が起こらない(自発的な節約・貯金ができない)のであれば、結果的には「全くの無意味」でしょう。

だったら、いっそ家計簿は止めてしまったほうがいい。

買い物レシートを日々集めて、「これは必要な買い物だったorここは無駄遣いだった」とチェックすることのほうが、遥かに有意義だと個人的には考えます。

(このほうが手間もかからず、自発的な節約にむけた取り組みにもなるでしょう)


家計簿をつけているけど、節約や貯金ができないとお悩みの方。
先の5つの特徴に当てはまっていませんか?

“お金の使い方を自分で改善しよう”という目的意識が無いのなら、アナタにとって「家計簿は無意味」かもしれませんよ。


↓生命保険を「安くしたい!」「見直したい!」方は是非!



↓火災保険の見積もり比較で、家計を節約!




家計簿きっちり、貯金さっぱりの人 ここが残念
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK1200Y_S4A710C1000000?channel=DF130120166011&style=1
専業主婦のYさん(44)は家計簿をつけ続けて17年。会社員のご主人(48)の手取り月収48万円を何にいくら使ったのか、日々もれなく記入しています。ところが貯蓄はわずか20万円。中学3年の長女と中学1年の長男の教育費がかかり始めるため、Yさんは ...

なぜお金に好かれる人は「家計簿をつけない」か
http://president.jp/articles/-/13390
これまで何度聞かれたことでしょうか。期待を裏切るようで申し訳ないのですが、私は家計簿をつけていません。私のみならず、周りのFP(ファイナンシャル・プランナー)仲間でもきちんと家計簿をつけている人を見たことがありません。他のFPは ...

ラベル:家計簿 貯金
posted by ちゅーりっぷ at 06:17| Comment(0) | 貯金・借金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。