2017年07月27日

2040年からガソリン・ディーゼル車の販売禁止(英仏)。日本の自動車産業はどうなる?

フランスに続いて英国も、2040年からガソリン車・ディーゼル車の新規販売を禁止すると発表しました。

「都市部などでの深刻な大気汚染問題に対応する目的。フランスも今月上旬に同様の措置を発表し、世界最大の自動車市場である中国も電気自動車(EV)優遇に乗り出した。脱石油の動きが世界で広がり、影響は自動車メーカーにとどまらないとみられる。
(中略)
フランスに続き、英国でもディーゼル車などを将来的に禁止する動きが広がり、自動車各社は対応を急ぐ必要に迫られている。すでに、スウェーデンのボルボ・カーは、2019年以降に全車種を電気自動車やハイブリッド車に切り替えることを発表している。」

(引用元)英もガソリン・ディーゼル車の販売禁止 40年までに 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGT26H11_W7A720C1MM0000/?n_cid=TPRN0001

英仏で、2040年にはガソリン・ディーゼル車が販売禁止ということは・・・
欧州の各自動車メーカーは、ボルボのようにEV開発への転換を急がないと自動車産業の死活問題となります。

(最低でもハイブリッド対応の自動車を造らなければ、廃業するしかないのだから)

欧州メーカーは企業存続のため、エンジン開発を止めてでも“EV開発に本腰を入れてくる”ものと思われます。


これが、日本の自動車産業にどの程度影響するでしょうか?

ご存知の方もいるかと思いますが、ディーゼル主流の欧州市場において、近年は日本車販売が大苦戦。
欧州における日本車のシェアは、この10年で15%弱⇒11%程度まで低迷しています。

(ちなみに、米国における日本車のシェアは35%超)

(資料)自動車を中心とした対EU輸出減少の背景
http://www.fukoku-life.co.jp/economy/report/download/report_VOL245.pdf

2040年からのガソリン・ディーゼル販売禁止は、日本メーカーがEV・ハイブリッド車を積極的に売り込むビジネスチャンスではありますが・・・
シェア低迷中の欧州地域なので、“対岸の火事”みたいな見方をする関係者もいるようです。

(まだ日本国内では、将来的にエンジン車の販売が禁止、といった方針は出てませんので)


とはいえ、日本車メーカーも欧州と同じくらい本腰を入れて、EV開発をしなければ・・・
ただでさえシェア低迷の欧州で、日本車はEVもハイブリッドも全く太刀打ちできなくなるでしょう。

そうなった場合、欧州メーカーが死に物狂いで開発したEV車は、英仏でも販売できる無公害車として、ヨーロッパのみならず世界中を席巻する可能性すらあります。

2040年を境に日本車のシェアが各国で減少し、日本の自動車業界が不況に見舞われるケースも否定できません。

(トヨタが進める水素燃料自動車は、価格面などからEVの現実的なライバルになりえないと思う)

個人的には、どの日本車メーカーがいつ、(ボルボのように)全車種をEV・ハイブリッド車に切り替えると発表するのか、に興味があります。

全車種のEV・ハイブリッド化を打ち出せない自動車メーカーは、これから長期の投資対象にしないほうがいい・・・かもしれませんよ。


自動車保険、無料で一括見積もりできます!



↓CPSなら、ドレスアップカーやチューニングカーも高額査定!



 
英政府が正式発表、2040年からガソリン・ディーゼル車販売を禁止http://jp.reuters.com/article/britain-autos-idJPKBN1AB1C7
英国のゴーブ環境相は26日、ガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると正式発表した。与党・保守党は6月の総選挙前に、「ほぼ全ての自動車とバン」のゼロエミッションを2050年までに実現すると公約しており、今回の措置はその計画の一環。

ボルボ、2019年から全モデル電動化へ…2021年までにEV 5車種を発売
https://response.jp/article/2017/07/05/297025.html
ボルボ・カーズは7月5日、2019年以降に発売する全モデルに、電気自動車、プラグインハイブリッド車、もしくはマイルドハイブリッド車をラインアップすると発表した。

ドイツ、燃焼エンジン車禁止で60万人失業の恐れ=IFO調査
http://jp.reuters.com/article/germany-emissions-idJPKBN1A50MG
ドイツのIFO経済研究所は18日、2030年までに同国で燃焼エンジン車が禁止されれば、60万人以上の雇用が失われる恐れがあるとの調査結果を公表した。調査はドイツ自動車工業会(VDA)が委託した。

 
ラベル:EV ビジネス
posted by ちゅーりっぷ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック