2017年05月06日

ひどい渋滞でも、ガソリン消費量は大したことない?渋滞1時間で、ガソリン代は・・・

車を運転していて、交通渋滞は困りものです。
目的地に到着する時間は遅くなってしまうし、ノロノロ運転でストレスもたまるし、渋滞中のガソリン消費も気になります。

(ひどい時は、カーナビが教えてくれた抜け道まで渋滞を起こしていたりしますね)

よく言われることですが、速度と燃費には密接な関係があります。

自動車(2000cc オートマ車)が、平均車速40km/h で走行した場合の燃費を100としたとき、その半分の20km/hでは燃費指数70前後で約3割悪化。
速度10km/hでは燃費指数が50を割り込み、低速度になるほど燃費が著しく悪化します。

(ちなみに、燃費が最も良いのは時速70km付近で、同指数は120)

(資料)自動車の燃費への影響等 【内閣府・交通安全対策】
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/max-speed/k_3/pdf/s9-1.pdf

ノロノロ運転の渋滞が、燃費にとって最悪の環境であることは間違いないようです。果たしてどれくらいの燃料ロスが起こるのでしょうか。

そこで本日は、渋滞時のガソリン消費量について調べて見ました。


ひどい渋滞で、抜けるまでに1時間の超ノロノロ運転(オートマだとアクセル不要のクリープ運転状態)をした場合・・・ガソリンの消費量はどれくらいでしょう?

ガソリン消費に関しては、省エネルギーセンターのホームページで興味深い数字を発見できました。

2000ccのオートマ乗用車で、アイドリングを10分間行ったときのガソリン消費料を調査。

Nレンジでエアコンoffだと・・・10分間でガソリン130ccを消費。
Dレンジでエアコンをつけていた場合は・・・アイドリング10分間で「ガソリン250ccを消費」するとのこと。


(参照)アイドリング時の燃料消費量 【省エネルギーセンター】
https://www.eccj.or.jp/idstop/say/08/cont3.html

Dレンジでのアイドリング=アクセル不要のクリープ運転なので・・・
超ノロノロ運転だと、「10分間で250ccのガソリンを消費」することが分かったのです。

(エアコンもON状態ですが、たいがい渋滞中はみんなエアコンを使用してますよね)

1時間渋滞なら、これを×6倍してやればいいので、ガソリン消費量は250cc×6=1.5リットルと判明。

超ノロノロ運転の大渋滞にはまると、1時間で「ガソリンを1.5リットル消費」します。



これにガソリンの単価をかけてやれば、渋滞を抜けるまでのガソリン代まで求められますね。
今回は、1リッターあたりの単価を140円とします。

渋滞10分につき、@140円×0.25=35円
渋滞1時間で、@140円×1.5=210円


あれっ?・・・
金額的には思ったほどの損失額にならないようです。

渋滞を抜けるまでにかかるガソリン消費については、そこまで神経質になる必要はないのかもしれません。

とあるネットアンサーでも、「渋滞時はエンジン回転数が低く、クリープ現象で進むぐらいなので、渋滞の方がガソリン消費量は少ない」。
むしろ、普通に「走行中のほうがエンジンの回転数が上がるので、それに比例してガソリン消費量は多くなる」だろう。

との回答が寄せられていました。


今回調べた限り・・・超ノロノロ運転のひどい渋滞にはまっても、燃料費の損失は大したことありません。

(1時間の大渋滞で、ガソリン消費は1.5リットル。金額にして約210円です)

渋滞時のガソリン消費については、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。
それよりも交通渋滞は、目的地への到着が遅くなる「時間的な損失」や、「心理的なイライラ」のほうが大きいようですよ。


【追伸】
国土交通省も現在は、渋滞資料に関して「損失時間」にのみフォーカスして、記述をするようになっています。
(以前は経済損失も出していたのですが、近年は言及しなくなりました)


クレジットカードの中でも、給油による特典が大きいのはこちら!



 
はまったあ! 2016年渋滞ランキング、高速道路1位は東名上りの海老名JCT〜横浜町田IC
https://response.jp/article/2017/03/31/292887.html
国土交通省は、2016年の渋滞ランキングを発表した。交通需要の時間的・空間的な偏在により特定の時間帯、箇所、路線で発生している渋滞に関して各種交通データを活用して渋滞ランキングをとりまとめたもの。

交通流対策について|国土交通省 道路局
http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/sangyougijutsu/chikyu_kankyo/yakusoku_souan_wg/pdf/005_07_00.pdf
渋滞により全国各地で社会的に大きな損失が発生○ 一人あたりの年間渋滞損失時間は約40時間で、乗車時間(約100時間)の約4割に相当。○ 渋滞損失時間は、都道府県別の総量では三大都市圏等の都市部が突出するが、人口あたりで見ると全国どこでも変わらない。

車のガソリン消費量について質問です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12112465082
車のガソリン消費量について質問です。渋滞含めの40分と走り続けて30分では、どちらがガソリンの消費量が多いでしょうか?

 
ラベル:渋滞 ガソリン代
posted by ちゅーりっぷ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック