2014年02月12日

世界最高額のバイオリンはいくらぐらい?「バイオリンの高額取引ランキング」を作ってみた。

米ウィスコンシン州で先月、バイオリンの名器「ストラディバリウス」が強奪された事件で犯人が逮捕され、市内の住宅の屋根裏部屋からバイオリンが無事発見されました。
このストラディバリウスは1715年製で、専門家によると500万ドル(約5億1000万円)の価値がある逸品だったそうです。

ストラディバリウスは今や、クラシックにあまり馴染みがない人も名前は知っているバイオリン(折にふれて金額がニュースになるので)になりました。

ところで、バイオリンの世界最高額はどのくらいの価格なのでしょうか?
(ストラディバリウスよりも高額のバイオリンは存在するのでしょうか?)

ふと気になったので、バイオリンの高額取引額を調べて・・・
その結果をランキング形式にしてみました。


<バイオリンの高額取引ランキング>
【第1位】ヴュータン(Vieuxtemps)1741年・・・1800万ドル以上
「グァルネリ・デル・ジェス」といえば、クラシック通なら分かりますね。ストラディバリと双璧をなすバイオリンの名工、アントニオ・グァルネリ氏が手がけたバイオリンの名器です。
2013年1月に、匿名の所有者によって1800万ドル以上の世界最高価格で取引されたことが発表されています。なお、所有者は米国バイオリニストのアン・アキコ・マイヤーズ(Anne Akiko Meyers)女史にヴュータンの生涯使用を認めており、彼女の演奏会へ行けば「18億円の音色」を聞くことが出来るようです。

【第2位】レディ・ブラント(Lady Blunt)1721年・・・1590万ドル
日本音楽財団が所有していたストラディバリウスのうちの1挺。
2011年6月、同楽団が東日本大震災の被災者を支援するために「ほぼ未使用で、現存する中では最も保存状態が良い」逸品をオークション出品し、落札された時の値段です。
収益のすべてが東日本大震災の復興に充てられており、また当時の最高額バイオリンだったこともあって、日本語検索をかけても記事を容易に見つけることができますね。

【第3位】コハンスキ(Kochanski)1741年・・・1000万ドル
米国バイオリニストのアーロン・ロザンド氏が所有していたグァルネリ・デル・ジェス。
2009年10月、彼がロシアの富豪に個人売却した時の値段です。ちなみにコハンスキは、ロザンドの前にこのグァルネリを所有していたポーランドのバイオリニスト。

【第4位】ロード・ウィルトン(Lord Wilton)1742年・・・600万ドル
こちらもグァルネリ・デル・ジェスで、米国バイオリニストのメニューイン氏の愛器として知られていた逸品。
1999年、彼の死後に行なわれたオークションで出品され、著名な収集家であるデビット・L・フルトン氏が落札した時の価格です。現在の所有者もフルトン氏であることが確認されています。

【第5位】モリター(Molitor)1697年・・・360万ドル
あのナポレオン皇帝が所有していたとも言われるストラディバリウス。
2010年10月、弦楽器を専門に取り扱うTarisioオークションに出品され、アン・アキコ・マイヤーズ氏が360万ドルで落札しています。

※2014年2月現在のランキング。
※「英語名+violin」でググって関連記事を確認することも出来ます。
※売買取引ではない価格(専門家の評価額)はランキングから除外。

(資料)The Ultimate List Of Famous Violins【violin music school】
http://www.violinmusicschool.net/famous-violins/


世界の高額バイオリンは、「グァルネリ・デル・ジェス」と「ストラディバリウス」の2種類と考えておけば間違いないでしょう。
(ただ、ストラドと比べて一般知名度が低いグァルネリは、それほど日本ではニュースにならないようです)

世界の一流奏者が心酔する「卓越した音の響き」はもちろん、今も「現役で使用できるアンティーク」としての価値もあり・・・
これらの評価額や取引価格は「年々上昇」しています。

現時点の第1位「ヴュータン」の1800万ドルも、数年後にはある富豪のコレクターによってあっさりと抜かれてしまうかもしれませんね。


バイオリンは全て高い楽器だと勘違いしていませんか?
初心者向けのものは、非常にリーズナブルな値段ですよ。

Hallstatt ハルシュタット ヴァイオリン V-12 4/4サイズバイオリン (通常サイズ)

新品価格
¥7,350から
(2014/2/12 13:27時点)




5億円相当のストラディバリウス無事発見、米強奪事件で
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYEA1600820140207
米ウィスコンシン州ミルウォーキーでバイオリンの名器「ストラディバリウス」が強奪された事件で、捜査当局は6日、行方が分からなかった楽器を発見したと明らかにした。

What is the most valuable violin in the world today?
http://hubpages.com/hub/What-is-the-most-valuable-violin-in-existance-today
I often hear questions asked like "What is the highest price ever paid for a violin?" or "What is the most expensive violin in the world?". These are questions that can easily be answered as there are clear factual records of such matters.
posted by ちゅーりっぷ at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はヴァイオリン弾きです。
2000年作のファビオ・ダラ・コスタ所有。
取引価格は年々上昇していきますか?
Posted by 石山 マサシ at 2017年07月28日 22:25
>石山 マサシさん
製作者の死後100年、200年、という長期視点なら期待してもいいのでは。

2000年作であるなら、孫・ひ孫・玄孫の代まで大事に引き継いで・・・
いや、「弾き継いで」保管されることをお勧めします。
高額ランキングの品も、製作者の死後約300年にわたって「弾き継がれて」きた逸品ですので。

Posted by ちゅーりっぷ(当ブログ管理人) at 2017年07月30日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック