2017年07月30日

政府は、子供・若者の支援にどれくらいお金をかけているの?予算の推移を調べてみた。

内閣府が先月、平成29年版の『子供・若者白書(以前は青少年白書)』を公開しました。

いじめの認知件数や不登校者が増加を続けているほか、就業もしないニートの数も4年ぶりに増加するなど、「若者を取り巻く厳しい状況」が浮き彫りとなった、と一部メディアで報じられています。

(参照)「子供・若者白書」が示す厳しい実態 いじめ約23万件に増加、ニートも依然80万人弱
http://news.livedoor.com/article/detail/13197195/

子供たちの状況が厳しいのなら、こうやって書面にまとめるだけでなく、実際に何らかの支援を行なってもらいたいところ。

果たして政府は、子供・若者の育成支援にどれくらいの予算を割いているのでしょうか?

(子供の数は減少傾向といわれますが、金額は増えたのでしょうか、減ったのでしょうか?)


ネット検索をかけたのですが、子供・若者支援を行なう政府予算に関するニュース記事はひとつも発見できませんでした。
ですが、全く予算ゼロということはないはず。

先月公開された『子供・若者白書』を見たところ、「子供・若者育成支援施策関係予算の概要」という補足資料があり、ここ数年間の予算額が分かりましたので紹介します。

(資料)子供・若者育成支援施策関係予算の概要【内閣府】
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h29honpen/pdf/sanko_04.pdf

【子供・若者育成予算の推移】
平成27年度の子供・若者育成予算は総額3.6兆円。(実際の歳出は3兆4700億円)
⇒平成28年度では同予算が5.3兆円。(補正予算で+2300億円追加)
⇒29年度の予算額は5.8兆円となっています。

本年度の子供・若者支援予算は「2年前の約1.6倍」にまで増額されていました。

人口減少社会の日本では、若年層も減少傾向にあるのですが・・・
政府はここ数年で、子供・若者を支援するためのお金を1.6倍(5.8兆円)にまで増やしているのです。


具体的にどんな支援に力を入れているのかを見ると、他にも興味深いことが分かります。

平成27年は、すべての子どものための経済的支援(いわゆる子育て世帯給付金)が1.9兆円と、同予算の半分以上を占めていました。
しかし、平成28年以降はすべての子育て世帯に向けた給付金が無くなっています。

給付金が消えた代わりに、大きく増えた予算枠は「困難を有する子供・若者」やその家族を支援するためのお金です。

【障害のある子ども・若者の支援】
平成27年度予算141億円⇒28年度は9907億円⇒29年度予算は1兆円

【子どもの貧困問題への対応】
平成27年度予算1788億円⇒28年度は9722億円⇒29年度予算は1兆円

【児童虐待防止対策】
平成27年度予算0.2億円⇒28年度は1140億円⇒29年度予算は1227億円

※いずれも上リンクの「子供・若者育成支援施策関係予算の概要」より抜粋。

政府は、すべての子育て世帯に向けた給付金を止めたぶん、「困難を有する子供・若者」を支援するための予算枠を大幅に増やしているのです。


「これらの予算枠は、弱者支援を国民にアピールするため政府が体裁を整えただけ。実際には何も政策が動いていない」
と、政権に批判的な方は言うかもしれません。

ですが、普通よりも「困難を有する子供・若者」を支援するべく、政府が手厚い予算を設けたことは事実です。

政府のお金(いわば私たちの税金)が、すべての子供支援ではないが、「困難を有する子供・若者」を集中支援するために使われるのなら・・・

自民安倍内閣は、子供・若者支援に関して“正しい(≒道徳的な)お金の使い途”をしている、と評価できる
でしょう。


ひとつ重大なことは、これらの事実を大手メディアが一切報道していないことです。

安倍政権がこの数年で、子供・若者支援の予算枠を1.6倍に増やしたこと。とりわけ「困難を有する子供・若者」の支援金額を大幅に増やしたこと。
を、今現在も知らない人が大半かと思われます。

(少なくともネット上ではメディア記事が見当たらず、私は内閣府の予算資料を見るまで知りませんでした)

失言等を追いかけて、政治家の資質を批判するのも結構ですが・・・
政権運営において評価できる点については、「評価できる」と広く知らせることも、報道メディアの重要な役割なのではないでしょうか?


日本政府はここ数年、「困難を有する子供・若者」を集中支援するべく同予算を大きく増やしており、“正しい(≒道徳的な)お金の使い途”を行なっています。

育児をする親の立場から言わせて貰えば、これは「評価できる」と思います。



【補足】
子育て給付金に関して、全世帯を対象とするものは現在無くなりましたが・・・
所得の低い世帯(例:夫婦・児童 2人世帯の場合は年収960万円未満)に向けた「児童手当制度」を、内閣府は運用しています。

(資料)平成29年度における児童手当制度について - 【内閣府】
http://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/pdf/gaiyou.pdf

給付金でも、「困難を有する子供・若者」の支援に重きを置いていることが分かるかと思います。


↓生命保険を「安くしたい!」「見直したい!」方は是非!



↓火災保険の見積もり比較で、家計を節約!



 参考記事はコチラ。
ラベル:政府予算 給付金
posted by ちゅーりっぷ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

「セーフガード」とは何のこと?冷凍牛肉の緊急輸入制限、14年ぶりに発動。

日本政府が、アメリカ産などの冷凍牛肉について「セーフガード」と呼ばれる緊急の輸入制限措置を発動。
8月1日〜来年3月まで、同牛肉の関税を38.5%⇒50%に引き上げることを決定しました。

「牛肉のセーフガードは輸入量が前年度四半期の117%を超えた場合に自動的に関税を引き上げる仕組み。発動は約14年ぶり4回目となる。
麻生財務相は「粛々と執行していく」と語った。米国側の反発が予想されることには「(今秋にも開く)日米経済対話などを活用して議論することになる」と述べた。

 山本有二農相は閣議後の記者会見で「(制限対象は)輸入牛肉全体の2割にとどまる。消費者への影響は限定的と考えている」と語った。」

(引用元)冷凍牛肉の緊急輸入制限を発表 財務相、8月から 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H17_Y7A720C1EAF000/

日本が輸入する冷凍牛肉は、米豪がシェアを2分するのですが・・・
オーストラリアは、日本と経済連携協定(EPA)を締結済みなので今回の対象外。

関税引き上げは、主に米国産やカナダ・ニュージーランド産の冷凍牛肉に対して、掛けられることになります。

吉野家の株価(8月の優待銘柄)が、この時期に珍しく下げたのも、米国冷凍牛肉に対するセーフガードが発端だったようです。

(吉野家は味・食感などから米国産牛肉にこだわっており、業績への影響が懸念された)


経済産業省のホームページによると、「セーフガード(緊急輸入制限措置)」とは、不公正な貿易等に対するWTO協定上認められた救済手段の一つ。

「セーフガードとは、特定品目の貨物の輸入の急増が、国内産業に重大な損害を与えていることが認められ、かつ、国民経済上緊急の必要性が認められる場合に、損害を回避するための関税の賦課又は輸入数量制限を行うもの」

(引用元・資料)セーフガード措置【経済産業省】
http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/trade-remedy/sg.html

輸入牛肉については、(冒頭記事にあるように)前年四半期と比較して今期輸入量が117%を超えると、自動的に関税を引き上げる仕組みとなっています。

※関税の引き上げ幅は、税額の上限が「輸入価格と国内適正卸売価格との差額」まで。

今年は、オーストラリア産の牛肉が高値推移(干ばつの影響)しているため・・・
価格面のほか長期保存が利くメリットのある、米国産冷凍牛肉を買いつける動きが国内で加速。

今年4〜6月の輸入量が増えすぎて、14年ぶりの牛肉セーフガード発動となりました。


なお、今回は「冷凍牛肉」だけが対象なので・・・
米国産でも、チルド(冷蔵)輸入の牛肉は関税引き上げの対象外。

スーパー店頭によく並んでいるアメリカ産牛肉(冷蔵)について、販売価格が来月から跳ね上がるようなことはありませんので、ご安心ください。

(米国産冷凍牛肉は、主に牛丼店・焼き肉店などの外食チェーンが使用しています)


お取り寄せ人気、自分用のご褒美グルメ。




参考記事はコチラ。
ラベル:セーフガード
posted by ちゅーりっぷ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

2040年からガソリン・ディーゼル車の販売禁止(英仏)。日本の自動車産業はどうなる?

フランスに続いて英国も、2040年からガソリン車・ディーゼル車の新規販売を禁止すると発表しました。

「都市部などでの深刻な大気汚染問題に対応する目的。フランスも今月上旬に同様の措置を発表し、世界最大の自動車市場である中国も電気自動車(EV)優遇に乗り出した。脱石油の動きが世界で広がり、影響は自動車メーカーにとどまらないとみられる。
(中略)
フランスに続き、英国でもディーゼル車などを将来的に禁止する動きが広がり、自動車各社は対応を急ぐ必要に迫られている。すでに、スウェーデンのボルボ・カーは、2019年以降に全車種を電気自動車やハイブリッド車に切り替えることを発表している。」

(引用元)英もガソリン・ディーゼル車の販売禁止 40年までに 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGT26H11_W7A720C1MM0000/?n_cid=TPRN0001

英仏で、2040年にはガソリン・ディーゼル車が販売禁止ということは・・・
欧州の各自動車メーカーは、ボルボのようにEV開発への転換を急がないと自動車産業の死活問題となります。

(最低でもハイブリッド対応の自動車を造らなければ、廃業するしかないのだから)

欧州メーカーは企業存続のため、エンジン開発を止めてでも“EV開発に本腰を入れてくる”ものと思われます。


これが、日本の自動車産業にどの程度影響するでしょうか?

ご存知の方もいるかと思いますが、ディーゼル主流の欧州市場において、近年は日本車販売が大苦戦。
欧州における日本車のシェアは、この10年で15%弱⇒11%程度まで低迷しています。

(ちなみに、米国における日本車のシェアは35%超)

(資料)自動車を中心とした対EU輸出減少の背景
http://www.fukoku-life.co.jp/economy/report/download/report_VOL245.pdf

2040年からのガソリン・ディーゼル販売禁止は、日本メーカーがEV・ハイブリッド車を積極的に売り込むビジネスチャンスではありますが・・・
シェア低迷中の欧州地域なので、“対岸の火事”みたいな見方をする関係者もいるようです。

(まだ日本国内では、将来的にエンジン車の販売が禁止、といった方針は出てませんので)


とはいえ、日本車メーカーも欧州と同じくらい本腰を入れて、EV開発をしなければ・・・
ただでさえシェア低迷の欧州で、日本車はEVもハイブリッドも全く太刀打ちできなくなるでしょう。

そうなった場合、欧州メーカーが死に物狂いで開発したEV車は、英仏でも販売できる無公害車として、ヨーロッパのみならず世界中を席巻する可能性すらあります。

2040年を境に日本車のシェアが各国で減少し、日本の自動車業界が不況に見舞われるケースも否定できません。

(トヨタが進める水素燃料自動車は、価格面などからEVの現実的なライバルになりえないと思う)

個人的には、どの日本車メーカーがいつ、(ボルボのように)全車種をEV・ハイブリッド車に切り替えると発表するのか、に興味があります。

全車種のEV・ハイブリッド化を打ち出せない自動車メーカーは、これから長期の投資対象にしないほうがいい・・・かもしれませんよ。


自動車保険、無料で一括見積もりできます!



↓CPSなら、ドレスアップカーやチューニングカーも高額査定!



 参考記事はコチラ。
ラベル:EV ビジネス
posted by ちゅーりっぷ at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

2017年上半期、CM起用1位のタレントはアノ人!逆にオファーが激減した芸能人は・・・

ニホンモニター社が、今年1月〜6月のCM出稿状況を基にした『2017上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表しました。

男性では、相葉雅紀(嵐)さんと錦織圭選手(プロテニス)がともに10社で、トップの座を分け合う形に。2位以下では、松本潤さんが9社、櫻井翔さん・二宮和也さんが8社と、嵐メンバーの活躍が目立ちました。

(ん?嵐には誰かもう一人いたような・・・)

女性では、綾瀬はるかさん、有村架純さん、上戸彩さん、高畑充希さん、吉田羊さん、ローラさんの6名がともに10社で横並びとなりました。


ですが、CM起用1位に輝いた芸能人は、冒頭の方々ではありません。

大塚製薬/グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン/資生堂/スクウェア・エニックス/スズキ/ストライプインターナショナル/千寿製薬/ソフトバンクモバイル/富士フイルム/三菱UFJニコス/明星食品/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン/レオパレス21/ロッテ

と、ダントツの14社から起用されたのが、まだ19歳のモデル・女優の広瀬すずさんです。

「目薬や制汗剤CMでの清涼感溢れる印象から、「チャルメラ(明星食品)」で見せるキュートな萌え系コスプレまで、多様な姿で視聴者を楽しませ、商品との相乗効果を発揮」したとのことでした。

(資料・引用元)広瀬すずが男女合わせて一気に単独トップの座に【ニホンモニター】
http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2017/0711.html

CM出演のギャラは、芸能人の経歴等によりピンキリなのですが・・・
ランキング上位陣の出演ギャラは“CM1本で数千万円”、と言われている世界。

10社超えともなれば、最低でも数億円規模のギャラが入ってくるわけで、所属の芸能事務所は笑いが止まらないでしょうね。


ところで、光があれば影もあるのが業界の常。
エンタメ系ニュースでは殆ど触れられない、「CM起用が激減した」芸能人にもフォーカスを当ててみたいと思います。

男性では、昨年11社からCM起用された西島秀俊さんが、今上半期では7社どまり。

アイドルグループ嵐の大野智さんとお笑い芸人の斎藤司(トレンディエンジェル)さんは、昨年は9社からCM起用されていましたが、今上半期ではランキング圏外
に消えてしまいました。

※ランキング圏外=CM起用は6社以下。

女性では、昨年12社からCM起用されたマツコ・デラックスさんが、今上半期では7社だけに。

女優の松岡茉優さんは昨年11社で起用されていましたが、今上半期ではランキング圏外
となっています。

(参照) ニホンモニター 2016タレントCM起用社数ランキング
http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2016/1208.html


CMオファーが減る理由は主に2つ。

■出演タレントのイメージが、商品イメージとマッチングしなくなった。
(⇒契約満了に伴い、もっとイメージマッチングする別の人にお願いした)

■出演CMが、商品売り上げに今ひとつ貢献しなかった。
(⇒契約満了に伴い、もっと相乗効果が期待できる別の人にお願いした)

※このほか、企業側が財務事情からCM自体をやめるケースもあります。


前者は、いわゆるスキャンダル系の問題だけではありません。

例えば俳優だと、ドラマの役柄等でこれまでと世間のイメージが変わってしまうことがあり、商品イメージとマッチングしなくなってCM起用されなくなってしまうことがあります。

俳優当人はキャリアアップのために別の役柄にあえて挑戦するわけで、それが仇となってしまうのは残念ですけど・・・
CMでは商品イメージが最優先なので、已むを得ない事でもありますね。

後者は、出演タレントが販売促進の効果を発揮しなかった場合です。

企業が実施するお客様アンケートには商品の購入動機を尋ねる設問があります。
(たいてい、複数選択肢の中に「テレビ・雑誌のCMを見て」があります)

企業側は同アンケートで、CMがどの程度購入動機に結びついているかを把握し・・・
CMによる販促効果が薄いとの結論になった場合は、もっと効果が期待できる別のタレントにお願いすることになります。


メディアで、CM激減の情報がほとんど取り上げられないのにも理由があります。

余程のスキャンダルでもない限り、「芸能人の■■さんは、CM契約が激減しました!」などと大々的に報じたら・・・
それはメディアが、所属芸能事務所に“ケンカを売っている”のと同じです。


報道された彼らは当然非協力的になり、所属芸能人が同メディアに出演しなくなるのはもちろん、今後の会見に記者が呼ばれることも一切ないでしょう。

いずれもエンタメ系メディアにとって死活問題となるので、記事にするのは基本的に光の部分(芸能人をヨイショする)だけ。
影の部分が大手メディアで報じられることは滅多にないのです。


(ここは経済系の個人ブログなので、バンバン書きますけどね)


アイドル・アニメ・映画・ドラマ、中古DVDを買いたい&売りたいなら、お任せください!



参考記事はコチラ。
ラベル:CM
posted by ちゅーりっぷ at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

暑さ対策、“お金をかけずに”涼しくなるにはどうすればいい?夜はエアコンを切って・・・

関東甲信〜中国・四国までの広い地域が19日に梅雨明けした(と見られる)、と気象庁が発表しました。
気温30度を超える夏本番が、8月終わりまで続くことになりそうです。

最近では、「エアコンを24時間つけっぱなしにする(設定温度に達した後は定温運転になるので、電気代も抑えられる?)」という、豪胆な暑さ対策をされている方もいるようですが・・・

暑さ対策でも、なるべく“お金をかけずに”涼しくなる方法はないのでしょうか?



まず、エアコン冷房の24時間稼動は、体の冷え過ぎなど人体に良くない影響があったりもします。

看護師情報をまとめるナース・ウェブによると・・・
夏に体調を崩している人の55%は、エアコンの冷房が原因(クーラー病)とのこと。

それなりに電気代もかかるエアコンを1日中つけっぱなしにした上、体調まで崩してしまっては、元も子もありません。

気温が落ち着いてくる夜はエアコンを切って、電気代も安い「扇風機」を活用しましょう、との提案がされていました。

【エアコンと扇風機の電気代比較】

■エアコン(400W)・・・10時間使用で、電気代は103.64円
■扇風機(35W)・・・10時間使用で、電気代は9.07円

※東京電力の電気代で計算。

(参照)夏の寝苦しい夜にエアコンを使わず乗り切る方法!【看護師の知恵袋】
http://nurse-web.jp/suimin/eakon0820/

熱気が部屋にこもらないよう、扇風機で空気をうまく循環させて、窓から熱気を逃がしてやれば・・・
部屋の涼しさが保てるようになり、エアコンなしでも寝苦しさが緩和されるそうです。

また、扇風機は枕元じゃなく、足元に置いたほうがいいとのこと。

同サイトによると、「発熱量が大きい足を冷やすことで体温を効率良く下げられる」のだとか

(枕元に置いた場合と、足元に置いた場合で実験をしたところ、足元扇風機のほうが20分後の状態で皮膚温度が下がっていたそうです)


扇風機だけでは、暑さ対策として不十分だと思うのなら・・・
昔から定番の「氷枕・保冷剤」を、一緒に使うのも経済的かつ効果的。

タオルにくるんだ氷枕を頭の下に敷いて寝るのはもちろん、保冷剤も同じようにして脇や腿の部分ではさんで寝るといいそうです。

ナース・ウェブによると、「脇や股には大きな血管が通っているので、この部分に保冷剤をはさむことで体を効率良く冷やすことができる」とのことでした。


このほか、扇風機+αで気化熱を起こす方法も有効です。

昨年、パナソニックと東京都港区が微小の霧による気化熱を利用した「グリーンエアコン」の実証実験を行ないました。
水の粒子を小さくしたミストを散布して、周辺の温度を気化熱で下げるというものです。

(参照)暑い夏に「霧」はどれほど効果があるのか、東京都の新橋駅で実証開始 【スマートジャパン】
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1608/08/news034.html

ミスト冷却の自宅再現はさすがに難しいですが・・・
体の部位(腕や首など)に霧吹きで少し水を噴いてから扇風機の風に当たれば、同じように気化熱によって涼しさを体感できるようになります。

効果が薄いと思ったら、夏の季節商品である「メントール系のボディシート(ウエットティッシュ)」で腕や首筋をふいてから扇風機に当たると、大きな清涼効果を得られるでしょう。

メントール系シートは、ドラッグストアなどでも20枚入りで数百円程度ですので、かなり安上がりな暑さ対策かと思います。


日中のエアコン使用は已むを得ないとしても、夜にはエアコンを切って「扇風機+α」で過ごすようにしてみてはいかがでしょうか。

夏の夜は「扇風機+α」で、“お金をかけずに”涼しくなりましょう!





 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お得な?プチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする