2017年06月29日

タカタ株が、NISAの出来高ランキング3位!大損した個人投資家は何を学ぶのか。

来月には上場廃止で整理銘柄行きとなったタカタ株が、昨日の終値で35円(前日比▲68%安)をつけました。
出来高は5922万株の大商いとなっており、先週末に飛びついた株主の多くも、大損覚悟でタカタ株を手放したようです。

※支援をめぐる記事で、タカタ株は先週金曜日にストップ高(終値160円)をつけていた。


このタカタ株を、非課税のNISA口座で購入していた個人投資家も相当いたらしく・・・
SBI証券のNISA出来高ランキング(6/19 〜6/23)でタカタ株が先週3位だった、との記事を見つけました。

「株価が下落する過程で、株価を安いと判断した個人投資家の多くが、タカタ株の購入に「NISA(ニーサ)」を利用している。SBI証券が発表しているNISA口座での国内株式出来高ランキング(6/19 〜6/23)では、タカタがランキング3位となっている。

NISAとは2014年から始まった少額投資非課税制度のことだ。(中略)
損失が確定した場合、特定口座や一般口座でタカタ株を保有していたのであれば、他の株式から発生した利益と損益通算を行うことができる。しかし、損益通算を行うことができないNISA口座でタカタ株を保有していた場合には損失は確定されてしまう。」

(引用元)「タカタ株」をNISAで購入 投資に対する甘さが損失を招く【ZUUオンライン】
https://zuuonline.com/archives/159150


米国などでタカタのエアバッグ事故が騒がれたのが2014年。これは奇しくも、NISA制度が始まった年のことでした。

同年1月に、タカタの株価は3000円をつけていたのですが・・・
エアバッグ事故が明るみになり、不透明なリコール対応が騒がれると、翌2015年には1300円台へと下落。翌16年に株価は3ケタの500円を割り込む水準にまで落ち込みました。

そして今年6月、タカタの経営破綻が報じられて株価は一気に2ケタ台です。
7/27の上場廃止後は無価値の紙クズとなるでしょう。

NISAで保有の個人投資家は、“損失さえ覚悟すれば”これまでにタカタ株を手放す機会がいくらでもあったはず。
損失覚悟の踏ん切りが付けられず、上場廃止決定で大損してしまった個人投資家は、ここから何を学ぶのでしょうか。



先のZUU記事では、早い損切ができない「投資に対しての甘さ」が大損を招いたと指摘しつつ、彼らにアドバイスを送っています。

「株式投資をはじめとした資産運用に絶対はない。整理銘柄や監理銘柄に指定されることについて、事前にしっかりと理解しておかなければならない。さらに、NISA口座を使う場合も、ただ安易に安いからと銘柄を選定するのではなく、上場廃止になるリスクが少なさそうな好業績銘柄の組み入れを考えることが大事だろう。」

株投資には、“企業倒産”という最大のリスクがあります。
上場企業が倒産して、上場廃止⇒会社の株は基本的に無価値となります。

このリスクを避けるためには、倒産の懸念が高い企業を投資対象から外すのが一番です。

整理銘柄・監理銘柄はもちろんのこと・・・
■決算数字の不正などで、市場からイエローカードが出された「特設注意市場銘柄」。
■業績不振が続くなど、財務諸表に「企業の継続前提(ゴーイングコンサーン)に関する注記」が出ている企業。


いずれも、決算数字をはじめ客観的な観点から倒産の懸念が高い、と投資家に向けて警告発信がされている企業です。
これらへの株投資は、“企業倒産”という最大のリスクを、あえて大きく抱え込んでいることに他なりません。

年間での損益通算ができない(≒失敗が許されない)NISA投資の対象としては、「不適格」に近いほどハイリスクだと、個人的には考えます。

(損益通算が可能な一般・特定口座なら、まだ許されると思いますが)


タカタに関しても、今年2月に3期連続の赤字で「企業の継続前提に関する注記」が付されています。

(参照)タカタ、17年3月期の最終赤字640億円 事業継続注記を初記載 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO12794390Q7A210C1DTB000/

※タカタの決算数字に関して言えば、各自動車メーカーが肩代わりしているリコール費用を請求された場合に「実質債務超過」状態にあると、数年前から指摘されていた。

結果論ですけど、この時点でNISA保有の投資家は、“損失覚悟で”タカタ株を手放すべきだったでしょう。

(ちなみにタカタ株は、昨年末〜今年1月に400円台⇒1200円台への急騰があり、そこはホルダーにとっては「最高の逃げ場or利益確定の場」だった)


踏ん切りが付けられずに、タカタの上場廃止決定を聞いてしまい、大損した個人投資家は・・・
自身の失敗を、「教訓」として学ぶべきです。

株投資には、“企業倒産”という最大のリスクがあり、倒産リスクの高い銘柄は損切してでも一旦手放すのがセオリーです。


例えば機関投資家は、運用ルールを自ら定めて、早めの倒産リスク回避(損失覚悟の株売却)をきっちりと実行しています。
こうしたリスク回避の行動は、個人投資家も見習うべきです。

現在、NISAで特設注意市場銘柄(東芝とか)等を保有している人は、企業の倒産リスクについて一度よく考えましょう。


楽天サイトで話題の、投資関連本ランキング。


 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

タカタ株、民事再生をめぐって株価急変動。投資家なら、破綻企業に着目するのではなく・・・

タカタが26日朝、民事再生法の適用を東京地裁に申請、受理されました。
東京証券取引所は、これを受けてタカタ株を整理銘柄に指定。1ヵ月後の7月27日で上場廃止になることが決まりました。


(昨日は終日売買停止措置が取られたため、26日の出来高はゼロ)

「タカタ株は今後1カ月は売買可能だが、既存株主の権利が残る可能性は低く、上場廃止に向けて無価値に近い株価が形成される見通しだ。
 タカタ株の今月23日の終値は160円。16日に民事再生手続きの方針が伝えられて以降急落し、15日終値と比べ67%も値下がりしていた。市場では「タカタ株は既に投資対象ではなく、値幅取りのマネーゲーム的な動きだけになっている」

(引用元)タカタ株、整理銘柄に指定=東証【時事通信社】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062600358&g=eco


今月16日以降のタカタ株の値動きを見ると、強烈な値動きをしています。

15日(報道前)・・・終値が484円。
16日・・・報道が出て、終日売買停止。
※17.18は土日
19日・・・比例ストップ安404円。出来高4.5万株
20日・・・比例ストップ安324円。出来高9.8万株
21日・・・比例ストップ安244円。出来高19.4万株
22日・・・126円で寄り付いてから大商い、終値は110円。
出来高4675万株
23日・・・始値113円からの大商い&ストップ高160円。出来高3297万株
※24.25は土日
26日・・・民事再生法(経営破綻処理)が受理され、終日売買停止。
27日午前・・・大量の売り注文で、ストップ安気配。

タカタ株は3連続ストップ安を経て、先週金曜日に「ストップ高」まで演じる急変動でした。

「タカタ株は、取引開始直後から急騰。午前9時20分には値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比50円高(+45.6%)の160円を付け、そのまま取引を終えた。

同日付の日本経済新聞が、本田技研工業、トヨタ自動車、日産自動車など国内自動車大手がタカタの資金繰り支援を行うと報道。市場に安心感が広がったためと考えられる。」

(引用元)タカタ株、急反発でストップ高 国内メーカー支援報道で【ITメディア】
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/23/news125.html


支援をめぐる報道が出たので「タカタは倒産しないかも?」
との思惑から買い注文が大量に入り、金曜日に大商い&ストップ高になったそうです。


ただ、日経は当初から「月内26日にも民事再生法の適用申請へ」と報じており・・・
報じられていたとおり26日に、民事再生法の適用申請&受理がされました。

従来からのホルダーにとっては、木・金曜日が“最大の逃げ場”となりましたね。

(自動車メーカーが資金繰り支援を行うのは、“タカタが民事再生法の適用を受けて、その処理が決着してから”ということなのでしょう。彼らも同社エアバッグのリコール費用求償が回収不能となるわけですから)


・・・大損しても構わないギャンブラーと既存株主を除き、16日にあの記事が出た時点で、タカタ株には触るべきではないでしょう。

上場企業が民事再生(経営破綻処理)する旨の報道ですから、その銘柄に執着したところで上場廃止が待っているだけ。
マネーゲームに参加したい投機家はともかく、まっとうな投資家であるなら、同社株を保有する意味がありません。

投資家なら、破綻企業に着目するのではなく、別の視点を持つべきです。

その会社が経営破綻することで「得をするだろうライバル企業」がどこなのかを考え、投資先を選ぶほうが合理的&賢い方法ではなかろうかと思います。

(同種のライバル企業には、少なからず受注増の恩恵があるでしょうから)

今回なら、タカタのほかにエアバッグを製造している企業について考えた人が、投資家の素質がある人だといえそうな気がします。

※実際、エアバッグ代替需要の思惑から芦森工業<3526>が急騰した旨の株記事が出ていました。
(参照)芦森工が急騰、タカタの法的整理観測受け代替需要の思惑【四季報オンライン】
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/176614

株投資をする人は、上場企業のバッドニュースから「得をするだろうライバル企業」に着目する癖をつけるようにしましょう。
世間が破綻企業に注目している時こそ、投資家は別の行動を取るチャンスです。



楽天サイトで話題の、投資関連本ランキング。

参考記事はコチラ。
ラベル:タカタ
posted by ちゅーりっぷ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

おこづかいを月額制で貰う中高生は、今や5割ほどにまで減っている。その理由とは?

自分の中学・高校時代は、毎月決まった額のおこづかいを親から貰って、そのお金で交友のやりくりをしていました。
周りの友人も、大半が「月額制のおこづかい」だったと記憶しています。

(友達同士で、月いくらのおこづかいを貰っているか情報交換したりもしました)

しかし、今は事情が違うようです。
2017年現在では、「おこづかいを月額制で貰っている中高生が5割ほど」にまで減ったことが、リサーチ・アンド・ディベロプメント社のLINEアンケート調査で判明しました。

同社は今年5月、首都圏在住の中高生男女を対象(有効回収487サンプル)に、おこづかいに関する自主調査を実施。
2000年当時の調査結果と、今回との比較を行ったものです。


15年前、中高生のおこづかいの貰い方は「毎月、決まった額をもらう(72%)」、の月額制が7割を超えていました。
以下、必要な時にその都度もらう(14.8%)、貰っていない(8.3%)がトップ3でした。

最新の2017年調査でも、トップ3の順位自体は変わらなかったのですが・・・
「毎月、決まった額をもらう」月額制の中高生は、56.7%にまで減少。

おこづかいは、必要な時にその都度もらう(20.1%)や、貰っていない(13.6%)という中高生の割合が、それぞれ増加していました。

(資料)中高生のおこづかいの貰い方、新旧比較【R&D】
https://www.rad.co.jp/wp-content/uploads/2017/06/fig001_release20170606.png


彼らのおこづかい金額についても、2000年調査との比較を実施。

中学生のおこづかい平均額は、この15年で大きな変化が無かった(昔2721円⇒現在2873円)ものの・・・
高校生が貰うおこづかいの平均額は、昔6813円⇒現在5150円へと減少したことが分かりました。


(資料)中高生 1 ヶ月のおこづかい平均金額、新旧比較【R&D】
https://www.rad.co.jp/wp-content/uploads/2017/06/fig002_release20170606.png

これに関して同レポートでは、「今の中高生はスマホさえあれば、雑誌を買わなくても情報は手に入り、音楽もマンガやゲームもわざわざおこづかいで買わなくても無料」で楽しめることから、おこづかいが少なくても問題ないのかもしれない、との分析がされていました。


確かに自分の学生時代は、音楽といえばCD・MDの購入orコンサートくらいしか方法がなく、何かとお金がかかりました。
お金が足りず、街のCDレンタルショップを活用することも多かったです。

でも今は、スマホひとつで動画すら無料視聴できる時代。
ゲームアプリだって、無料で楽しめる(課金さえしなければ)ものが世の中に溢れています。

(俺らの学生時代は、まずウン万円もするハード機を買って、さらにゲームソフトまで追加購入しなければゲームを楽しめなかった)

スマホの普及によって、現在の中高生は“昔ほどお金を使わずに”日々を過ごせるようになった、という事実が背景にあるようです。


無料アプリを活用する学生ほど、お金を使わないので・・・
月額制おこづかいではなく、「必要なときだけ渡す」スタイルにした親が増えた
のかもしれません。

だとしたら、中高生の月額制おこづかいを崩壊させている犯人(理由)は、スマホの豊富な無料アプリってこと!?

これは意外&驚きの事実かもしれませんね。


格安モバイルで、毎月の通信費を節約しませんか?
月額1,980円〜のスマホ【UQmobile】




 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

がんの治療費は、一般的にどれくらいのお金がかかる?がん経験者に尋ねたアンケート調査。

乳がんの闘病ブログを綴っていた、フリーアナウンサーの小林真央さん(歌舞伎界・市川海老蔵の妻としても知られる)が亡くなりました。享年34歳。
1年8ヶ月前、人間ドックで診断された時点で、病状が最も進行したステージ4。他の臓器への転移も見られる中、亡くなる2日前までブログを続けていたそうです。


こんな時にお金の話題は不謹慎ですけど、一般的にがんの治療費ってどれくらいかかるものなのでしょうか?

以前も紹介しましたが、がん保険の老舗であるアフラックが、がんの治療費に関するアンケート調査を2011年に行なっています。

がん経験のある593名に、「がん治療全般(入院、食事、交通費等を含む)に関わる費用は、総額いくらでしたか?」と質問したところ・・・
回答で最も多かった価格帯は、意外にも「50万円程度」で全体の36%を占めました。


【がん経験者593名に聞いた、がん治療費の総額】

300万円超・・・5.2%
300万円程度・・・6.9%
200万円程度・・・20.2%
100万円程度・・・29.5%
50万円程度・・・36.3%

その他・・・3.3%


(資料) がんセミナー来場者へのアンケート調査結果から見えるがんへの意識【アメリカンファミリー生命保険】
http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20110426.pdf
※5ページ目。下の数字もこの資料から。

さらに、がん経験者の6割以上が「50万円程度、もしくは100万円程度」という回答でした。
単に治療費だけではなく、入院や食事・交通費等も含めた総額で、です。


今度は、がん経験の無い約1万人に、がんの治療費総額がどれくらいかかると思っているのか質問したところ・・・
「300万円程度か、それ以上」という回答が過半数を占めました。


【がん経験のない1万人が考える、がん治療費の総額】

300万円超・・・32.1%
300万円程度・・・21.1%

200万円程度・・・21.0%
100万円程度・・・18.9%
50万円程度・・・3.7%
その他・・・3.3%

経験のない人は、がんの治療費に相当大きな金額がかかると考えているようです。
実際のがん患者で、治療費総額が「300万円か、それ以上」という回答は、全体の1割ほどに過ぎません。

芸能人のがん闘病・早い死がニュースで報じられることもあり・・・
私たちは、がん=深刻な「死の病」であって、保険適用外の療法など「莫大な治療費がかかる」ものだと、思い込んでしまっているのかもしれません。


ステージ進行末期だとほぼ確実に死が待ち受けるがんですが、「早期発見されるほど死から逃れられる」ケースが多いのも、がんという病気の特徴です。

全国がんセンター協議会の調査によると、どの部位のがんでも末期のステージ4患者では10年後の生存率がほぼ1割未満。
ですが、早期発見されたステージ1の患者では、10年後生存率がおおむね8割以上、
という追跡調査データが発表されています。

※例外的に、ステージ4患者でも喉頭・甲状腺などは生存率が50%以上。
※肝臓・すい臓・胆のうなどは、ステージ1から生存率が50%台以下。

(資料)全がん協 部位別臨床病期別 10年相対生存率
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/2000-2003_10all.html

なお、患者全体の10年生存率は約6割(58%)だったそうです。
がんは今や、「早期発見できて治療を受ければ、普通に生きられる病気」になりつつあるのです。

(しかも治療費は、総額で50万〜100万円程度という人が6割以上)


現在、がん患者の6割以上は、治療費総額(入院費等も含む)が50万円〜100万程度で済んでおり・・・
10年を超えて生存できているケースも、全体の約6割に達している。


これが現在の、がん患者を取り巻く状況です。


(治療法が進歩すれば、10年生存率はさらに上がることも期待されます)

部位やステージ進行にもよりますが、「がん=死の病ではなくなりつつある」、と覚えておいても損はないかと思います。


↓Webから無料相談できる、保険見直し




参考記事はコチラ。
ラベル:がん 治療費
posted by ちゅーりっぷ at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

働く人の8割が「仕事で頑張っても、収入が上がる見込みがない」、と考えている。

スパークス・アセット・マネジメントの調査で、働く人の8割が「仕事で頑張っても、収入が上がる見込みがない」、と考えていることが分かりました。

紹介するデータは、2017年5月23・24日に実施された『ビジネスパーソンの「マネ活」に関する調査』から。全国の20歳〜59歳の働く男女を対象に、1000名の有効回答を集計したものです。


まず、彼らがお金について不安に感じているトップ3は「老後の生活資金」「賃金・収入」「将来の生活設計」。
20代では賃金・収入への不安が1位で、30代以降になると老後の生活資金が1位となりました。

なぜお金の不安が生じるのか、自身の将来展望について質問したところ・・・

ビジネスパーソンの82.9%が、「仕事で頑張って成果を上げても、収入が上がる見込みがない」と考えていました。
これは「自分の公的年金は“払い損”になる」の同意率(81.6%)よりも高い
結果でした。

※同意率とは、設問に対する「非常にそう思う」と「ややそう思う」の合計割合。そのように考えている人の比率。

「貯金だけで将来に備えるのはリスクがある」も81.9%が同意。

「仕事で頑張っても給料が上がらず、貯金だけで将来に備えるのも厳しい」・・・という考えが、働く人の8割を占めるコンセンサスのようです。

(資料)ビジネスパーソンの「マネ活」に関する調査 ※3ページ目
https://www.sparx.co.jp/news/uploads/pdf/PressJ170619.pdf


レポートの続きでは、お金の不安を解消すべく、ビジネスパーソンがどのような取り組み(マネ活)を行っているかについて書かれています。

しかしながら、彼らが実行しているマネ活のトップ3は、「日々の生活費の節約(63.0%)」「保険の加入(61.3%)」「定期的な貯金(52.1%)」という、ありきたりな回答でした。

節約・貯金といった、資産を“守る”取り組みは過半数の人がやっているのに・・・
投資(26.2%)や副業(12.2%)など、お金を増やそうと“攻め”の取り組みを行なっている人は少ない。
と、同レポートでは指摘されていました。


思ったことを、率直に言っていいですか。

もしもあなたが、「仕事で給料が上がる見込みが無い」&「貯金だけで将来の備えは厳しい」と考えているのなら・・・
仕事&貯金以外でお金を増やす、“攻め”の取り組みも実施したほうがいいでしょう。


ビジネスパーソンの1/4がやっている投資でもいいですし、趣味を兼ねた副業でも構いません。

一応、自分はその両方(株投資とブログ運営)をやっているつもりです。
満足のいく“攻め”の結果が出ているとは言えませんが・・・“守り”だけの人に比べれば、お金を増やしている実感は得られます。

(株の運用・配当金もありますし、アフィリエイト収入も若干あります)


会社では上がらない給料でこき使われ、家では節制に努めてその給料を守る。
それなりの給与水準・収入を得ている人なら、“守り”だけでも将来に向けた蓄財は可能でしょう。

いいや、「現状の給与では節約を続けても貯金など増えない」と思っているなら、それ以外でお金を増やす“攻め”にも打って出るべきです。


「仕事で頑張っても、収入が上がる見込みがない」と考える8割の皆さん。
“攻め”の取り組みも考えたほうが、得策だと思いますよ!


思い切って(好条件の会社に)転職を考えるのも、ひとつの方法だと思います。
転職先を探すならマイナビエージェント。サポート充実。



 参考記事はコチラ。
ラベル:給料 収入
posted by ちゅーりっぷ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする