2017年05月13日

スヌーピーの値段は、394億円(3億4500万ドル)!?企業買収の額です。

スヌーピーやチャーリー・ブラウン等の権利を持つピーナッツ・ワールドワイド社が、3億4500万ドル(約394億円)で、DHXメディア社(カナダ)に買収されることが決まりました。

「米ライセンス管理会社アイコニックス・ブランド・グループから傘下のピーナッツ・ワールドワイドを買収し、同社が持つピーナッツのライセンス権の8割を握る。残る2割は原作者の故チャールズ・シュルツさんの一族が引き続き保有する。手続きは6月末に完了する見通し。

 米生命保険最大手メットライフが30年余り続けてきたピーナッツのキャラクターの広告使用を取りやめるなどしたため、経営難に陥ったアイコニックスが売却先を探していた。」

(引用元)「スヌーピー」の権利取得=加社が390億円で【時事通信社】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017051100272&g=int


スヌーピー&チャーリーブラウンに代表されるピーナッツ漫画の権利収入は、アイコニックス社にとって巨大な収益源なのですが・・・
アイコニックス社のライセンス事業自体は近年不振で赤字状態。

(2015年はピーナツ関連の売り上げが9500万ドルで、これはアイコニックスの総売上(3億6800万ドル)の約4分の1にあたる。一方で、同年決算は▲1億8900万ドルの損失計上)

米メットライフ生命との契約も終わってしまうことから、ピーナッツ権利の売却先を探していて、カナダのメディア企業に394億円で引き渡すことになったようです。

一時は、中国企業も興味を示していると報じられていましたので・・・
スヌーピーが(中国に取られるのではなく)お隣のカナダに引っ越す程度なら、アメリカ国民も問題ないのではないかと。

(参照)「スヌーピー」の権利元が身売りか 中国企業が買い手候補に【フォーブズ】
https://forbesjapan.com/articles/detail/15063


ちなみに、この売却で手に入る現金3億4500万ドル(約394億円)で、アイコニックス社が何をするかというと・・・
「巨額赤字の補填」です。


上のフォーブズ記事によると、アイコニックスの負債額は現在▲12億9000万ドル(約▲1450億円)。

スヌーピーに限らず、売れるものは売ってお金に換え・・・期限の迫った借金返済をしなければ、アイコニックス社自体が立ち行かなくなってしまいかねない状況なんだとか。

スヌーピー売却の394億円は、全て借金返済に回されることになりそうです。(涙)


巨額赤字補填のために買収されることになったピーナッツ社ですが、スヌーピーなら自分の置かれた状況を知って、こう言うんじゃないでしょうか。

“Keep looking up…That’s the secret of life…”
「上を見続けるんだ…それが人生の秘訣だよ…」

“You play with the cards you’re dealt.
Whatever that means.”
「配られたカードで勝負するっきゃないのさ。それがどういう意味であれ」


※いずれも、スヌーピーの名言集より。


携帯電話・スマートフォン売るなら、ネットオフ。
iPhone、Android、GALAXYなどスマートフォン買取強化中!


 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする