2017年01月31日

日本では近年、「節約を心がける人が減って」おり、「生活満足度は若干良くなった」!?

マイボイスコム『くらしと節約に関するアンケート調査』が第10回を迎え、第1回(2009年)から今年までの推移で、日本では近年「節約を心がける人が減って」おり、「生活満足度は若干良くなった」ことが分かりました。

(調査は毎年1月に行なわれており、同モニター会員を対象に約1万人のネットアンケート結果を集計したもの)


家庭では昨年どの程度の経費を節約したと思うか4択回答してもらったところ、第1回の調査(2009年1月)では回答が以下のとおり。

【2009年回答】
かなり節約した・・・12.5%|まあ節約した・・・50.6%
あまり節約しなかった・・・33.1%|まったく節約しなかった・・・3.8%


対して、2017年の最新結果がこちら。

【2017年回答】
かなり節約した・・・7.9%|まあ節約した・・・43.6%  
あまり節約しなかった・・・36.1%|まったく節約しなかった・・・12.5%


09年当時は節約派が6割超えでしたが、現在では節約した派と節約しなかった派がほぼ半々で拮抗しています。

詳細項目の比較でも、09年⇒17年で「かなり節約」の回答割合が12.5%⇒7.9%へと減少。
一方、「まったく節約してない」の割合は3.8%⇒12.5%に3倍以上へと増加。


(資料グラフ)昨年1年間の節約度(過去推移)【マイボイスコム】
http://myel.myvoice.jp/user_data/contents/22215/02.gif
※推移グラフを見ると、年を追うごとに徐々に節約派が減って、節約しない派が増えていく様子が見て取れます。

日本では近年、「節約を心がける人が減っている」傾向にあるのです。


ここ最近は値上げのニュースも目に付きましたし、2015年には消費増税もされたのに・・・
アンケート推移で、節約を心がける人が減っているというのは不思議ですね。


「生活苦が続くあまり、今はもう節約すらできない状況なのでは?」という主張も考えられますが、その見解は残念ながら別項目データで否定されます。

生活の満足度について尋ねたアンケート推移では、09年⇒17年までの間に「生活満足度は若干良くなった」という結果が見られるからです。


この1年間の生活があなたにとって満足できる年だったのか、同様に4択回答してもらったところ、第1回目(09年)と2017年現在では結果が以下の推移となっています。

【2009年回答】
非常に満足できた・・・2.5%|まあ満足できた・・・43.3%
あまり満足できなかった・・・38.5%|まったく満足できなかった・・・15.7%

【2017年回答】
非常に満足できた・・・4.9%|まあ満足できた・・・49.4%
あまり満足できなかった・・・31.6%|まったく満足できなかった・・・14.1%


2009年では満足できなかった派が過半数だったのに、2017年の最新調査では満足派が過半数となっています。

詳細項目の比較でも、09年⇒17年で「非常に満足」の回答割合が2.5%⇒4.9%に倍増。
他方、「あまり満足できなかった」の割合は38.5%⇒31.6%へと減少しています。


(資料グラフ)昨年1年間の生活満足度(過去推移)【マイボイスコム】
http://myel.myvoice.jp/user_data/contents/22215/01.gif

日本では近年、「生活満足度が若干良くなった」という人が増えているのです。


マイボイスコムのデータを常識的に分析すれば・・・
日本では近年、人々の「生活満足度が若干良くなった」ので、「節約を心がける人が減っている」ということです。

え、自分や周囲の生活実感とまったく合わないって?

だとしたら、それは第1回の調査年に原因があると思われます。

第1回の2009年は、リーマンショック翌年の本当に厳しい経済状況でした。
現在2017年は、アベノミクスの恩恵が中小企業にも徐々に降りてきている状況です。


“リーマン不況の当時から比べれば”、今のほうが景気や生活も良くなって節約を気にしない人が多い、ということなのでしょうね。


旅館や民宿に注目!国内旅行を探すなら・・・

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング



参考記事はコチラ。
ラベル:節約
posted by ちゅーりっぷ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気・経済の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

使用済み切手の切り貼り偽造で、みずほ行員が逮捕。でも退職金がパーとは限らない?

使用済み切手をパズルのように切り貼りして未使用切手に見せかけ、郵便局で交換して約1万円分の切手を騙し取ったとして、みずほ銀行の行員・小林孝史容疑者(57)が詐欺と郵便法違反の疑いで逮捕されました。

「小林容疑者はインターネットオークションで使用済み切手を大量に購入。消印のない部分を切り取って貼り合わせて未使用の切手であるかのように偽造していた。自宅からは使用済み切手や偽造切手が数千枚見つかり、同様の手口で切手の詐取を繰り返したと同署はみている。

 逮捕容疑は昨年9月、偽造した350円切手30枚(1万500円分)を台紙に貼って千代田区内の郵便局に持ち込み、同額の切手と交換してだまし取った疑い。郵便局員が切手を台紙からはがした際に偽造が判明した。」

(引用元)偽造切手を交換、1万円分を詐取 容疑の銀行員逮捕 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HE3_Y7A120C1CC0000/

57歳という年齢から、「あと3年で定年退職金も入っただろうに、懲戒免職で退職金もパーだな」といった書き込みが、ネット掲示板では散見されましたが・・・

切手偽造&詐欺で有罪となっても、懲戒免職⇒退職金が無くなるとは限りません。


切手の偽造に関する罪は郵便法の第85条に定められています。
(条文を要約すると、)行使する目的で切手などを偽造、変造、使用の跡を除去した者、それらを行使した者などは「10年以下の懲役」に処せられます。

(資料)郵便法
http://www.houko.com/00/01/S22/165.HTM

同様に、詐欺罪も「10年以下の懲役」に処せられる規定です。

罰金刑はないので、起訴されたら必ず正式な裁判となり、有罪で実刑判決となれば「必ず刑務所に服役」します。

収監されるとなれば、公務員でも民間企業でも当然に懲戒解雇処分でしょうし、被告に退職金が支払われるケースなんてあるのかと思うでしょうが・・・
実際には、普通にありえます。


理由を言ってしまうと、切手偽造の罪や詐欺罪による懲役刑には、「執行猶予」つきの判決が下りるケースがあるからです。

執行猶予がついた場合は、収監されずに社会人生活が可能で、刑の言い渡し効力も(同期間中に刑事事件を起こさずにいれば)将来的に消えうせます。

執行猶予がつく条件は刑法25条に書かれていており、具体的には・・・
・初犯(禁錮以上の刑に処せられたことが)である場合、刑罰が3年以下の懲役または禁錮、もしくは50万円以下の罰金であるとき。
・2度目以降の場合、刑が1年以下の懲役または禁錮であるとき。


(資料)刑法
http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM
※ただし、実務において2度目以降で執行猶予がつくケースは非常に稀。

「10年以下の懲役」には、3年以下も当然に含まれますので、切手偽造の罪や詐欺罪は「執行猶予」つきの判決が下りるケースがあるのです。


被害額1万円という切手偽造・詐欺罪で、3年を超える懲役は考えづらいところ。

彼が初犯者であるのなら、これまでの判例から考えても「3年未満の懲役+数年の執行猶予」が言い渡され・・・
収監されることもなく、裁判後も社会人としての生活を続けることが可能です。

執行猶予つき判決なら、民間企業としては懲戒解雇のひとつ手前である「諭旨免職」までの処分で済ませ、退職金を一応出す(減額支給)ケースは十分にあると考えられます。

切手偽造や詐欺による刑罰は懲役刑だけですが、執行猶予がつけば「退職金がパーになるとは限らない」のです。

(後はみずほ銀行が、金融機関として行員の切手偽造をどれだけの重大犯罪と考えるかですね)


【補足】
ちなみに、紙幣偽造(通貨偽造)の処罰規定はどうなっているかと言いますと・・・
「行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は3年以上の懲役に処する。(刑法148条1項 通貨偽造罪)」

通貨偽造は最も軽い刑罰で「3年以上の懲役」なので、有罪になれば執行猶予なしで刑務所に服役することになります。

銀行員である小林容疑者は、この辺りの法律は当然に熟知していたのでしょう。

知っていたゆえに、初犯でも確実に刑務所行き(≒退職金もパー)の紙幣偽造ではなく・・・
初犯なら「執行猶予」がつくだろう(≒退職金も一応もらえる)切手の偽造に手を染めたのではないか、というのが私の独測です。


↓ネットの楽天銀行は、預金金利も魅力です!




参考記事はコチラ。
ラベル:退職金
posted by ちゅーりっぷ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 制裁金・罰金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

ソロス氏がトランプ相場で10億ドルの大損失!強い“政治信条が仇”となった?

25日の米株式市場で、NYダウ平均株価が史上初めて2万ドルの大台を突破しました。

トランプ大統領が就任直後から、TPP離脱・メキシコ国境の壁など公約実現に向けた大統領令を早くも出していることから・・・
彼が公約に掲げた経済成長戦略の実現についても投資家の間で期待が広がったため、と報道されています。

11月以降のトランプ相場については、就任前の期待上昇なので「大統領就任後(1/21〜)は下落する」とのセミプロ予想も少なくなかったのですが、今のところ米株式市場は彼らをあざ笑うかのように上昇を続けていますね。


このトランプ相場を読み間違えたために、著名投資家のジョージ・ソロス氏が10億ドル(約1140億円)の大損失を負ってしまった、と世界中のメディアが伝えています。

「著名投資家ジョージ・ソロス氏(86)が昨年11月の米大統領選後の株高で巨額の損失を出したことが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が12日報じた。トランプ氏の勝利によって株安になるとみて投資戦略を立てたが、予想に反して急伸。損失額は10億ドル(約1150億円)近くに及んだという。

 ソロス氏は、英中央銀行を相手に巨額の英ポンド売りを仕掛けた1992年の「ポンド危機」で有名。近年は慈善活動が目立ったが、昨年に投資の前線に復帰したと伝えられていた。米大統領選では民主党候補のヒラリー・クリントン氏を支持していた。同紙によると、損失の出た取引の多くは昨年末までに手じまいしたという。」

(引用元)ソロス氏「トランプ相場」で誤算 損失10億ドル近く 【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H2U_T10C17A1EAF000/


上記事にも書かれてますが、ソロス氏はクリントン候補の大口献金者としても有名でした。

彼女を強く支持していたからこそ、「クリントンが大統領ならドル高・株高で、トランプが大統領になったらドル安・株安」という2元論で物事を考えてしまい・・・
選挙後のトランプ相場が始まってからも、ソロス氏はこの思考ロックから抜け出せなかったのではないでしょうか。

ほぼ想定外だったのだろうクリントンの敗北を受けて、相手候補のトランプ大統領で株価上昇を考えるのは心情的に難しいところ。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎しで、トランプを支持しないソロス氏は彼の政策も一切支持できないとして、「米国市場がトランプの経済政策をどう考えているのか」を考慮しなかったのでしょう。

結局、年末まで市場を客観視することが出来ず・・・
ソロス氏は強い“政治信条が仇”となって、10億ドルの大損失を出したように(私には)思えました。


ちなみにですが、ソロス氏は今もトランプ大統領の政策に否定的で、世界の金融市場は今後低迷するとの見通しを示しています。

「ソロス氏はブルームバーグに対して「現段階で不確実性の度合いは最高潮に達しており、こうした不確実性は長期的な投資家の敵だ。だから市場が順風満帆な局面を迎えられるとは思わない」と語った。
 トランプ氏の政策についてソロス氏は、規制緩和や減税といった市場の希望がかなった半面、国境税や環太平洋連携協定(TPP)脱退などの提案が米国の経済成長にどういった影響を及ぼすのかが不明だと指摘。「トランプ氏が実際にどう動くかを正確に予測するのは無理だ」と言い切った。

 米大統領選では民主党のクリントン候補を応援して多額の選挙資金を提供したソロス氏は「個人的にはトランプ氏は失敗すると確信している。」

(引用元)ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失敗すると確信」【Newsweek】
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6769.php
※2017年1月19日(10億ドルの損切りが終わって数週間後)の取材記事。


強い政治信条を持っていると、著名投資家のソロス氏でさえ時流を読み間違えて、大きなマイナスを生み出してしまうのです。

そうした負け方を極力防ぎたいのであれば・・・
自分の信条は一旦横に置いて、「現政権の経済政策に“市場が”どれくらい期待しているか」を客観視するよう心がけましょう。

投資においては、強い“政治信条が仇”となるケースがあるのです。

(例えば数年前・・・日本民主党の熱烈な支持者達は、自民政権に変わった直後のアベノミクス相場にほとんど乗ることが出来なかったと思いますよ)


成長性の高い新興市場銘柄の分析はお任せください。



投資信託なら400本以上の取り扱いを誇るフィデリティ。



参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

横綱の給料・年収はどれくらい?他の関取はいくら位?力士の給与を調べてみた。

大相撲初場所で優勝した稀勢の里が25日、正式に横綱に昇進しました。
日本相撲協会によると、横綱昇進決定は理事会の全会一致だったそうで、日本出身横綱の誕生は19年ぶり(平成10年の若乃花以来)のことです。

日馬富士・白鵬・鶴竜と合わせて、これで横綱は4人。来場所以降はどんな優勝争いが演じられるのか、星取りの序盤からも目が離せない展開となりそうです。


ところで、力士のトップである横綱の給料や年収はどれくらいなのでしょうか?他の関取だといくらくらいなのでしょうか?
気になったので調べて見ました。

力士は番付が十枚目(※十両)になると、日本相撲協会から給料が支給されるようになります。

同協会の「日本相撲協会寄附行為施行細則」に給与基準が定められていますが・・・現在は非公表となっています。
ネット上で確認できるものとしては、平成11年度で以下のようになっています。

「第七十七条
カ士の給与は、月給制とし、当分次の通り定める。(平成11年度)
 
区分   基 本 給    手 当      計
横綱   162万円   98万6千円   273万7千円
大関   135万円   81万9千円   227万8千円
三役   101万円   55万4千円   164万3千円
幕内    82万円   38万9千円   127万円
十枚目   68万円   27万7千円    95万7千円

 
但し、各本場所の開催月より、各本場所の番附の階級により支給する。」

(引用資料)財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則
http://www.geocities.jp/mmts_sumo/saisoku.htm
※(基本給+手当)×1.05≒計となっているのは、当時の消費税(5%)ぶんを上乗せ支給しているものと推察される。


というわけで、横綱の給料は「月給273万7千円(平成11年度)」です。
相撲界の最高峰にあたる地位ですし、他のプロスポーツの事を考えても、これくらいは貰って当然かもしれません。

この月給を×12倍したものが横綱の年収になるかと言うと・・・そうではありません。

サラリーマン同様、十両以上の力士には給料だけでなくボーナスも支給(9月&12月にそれぞれ給与1か月分)されます。

同細則78条には、勝敗に関係なく出場することで得られる「本場所特別手当」が支給される(三役で5万、大関で15万、横綱で20万)との規定も見られます。
ほか、勝ち星を上げることで加算されていく力士褒賞金もありますし、地方場所の宿泊支給や髪結いの補助金などもあります。

これらを全て加算していくと、「横綱の年収は約5000万円(日本相撲協会からの支給金)」と言われています。

※横綱としてのCM・テレビ出演等、同協会以外からの副次収入は一切考慮せず。

ちなみにですが、幕内優勝1000万円という賞金も本場所ごとにありますので、優勝すれば更なる大金が入ってくることになりますね。


最後に、十両よりも下にいる力士(養成員)の給料はどうなっているかと言うと・・・彼ら養成員には給料が支給されません。
ただし、本場所に出場することで、手当が貰えることになっています。


先の「日本相撲協会寄附行為施行細則」では、以下のように規定されています。

「第八十四条
力士養成員には、本場所中電車貸および手当を支給する。
電車賃は、実際支給する必要あると認めた者に対し、乗車券を支給する。
力士養成員に対する手当は、当分次の通り定める。(平成七年一月場所改正)
 幕下  一場所   12万円
 三 段 目  同  8万5千円
 序 二 段  同  7万5千円
 序ノ口以下  同  7万円

附出し力士に対しては、序ノ口以下の場所手当を支給する。」

※このほか、勝ち星に応じて得られる幕下以下奨励金(93条)もあります。

相撲の本場所は年6回ですから、幕下の力士養成員がこの手当だけで自活していくのは無理があります。
とはいえ、食事や住まいに関しては所属部屋が面倒を見てくれますし、兄弟子の付け人となったり部屋の雑用をこなすことで先輩力士から小遣いを貰えるため、生活に困窮することはないようです。


稼げる仕事を探すならマイナビエージェント。サポートも充実。



 参考記事はコチラ。
ラベル:年収 給料
posted by ちゅーりっぷ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

老後資金が不安な人とそうでない人では、情報収集や資金準備方法に違いがある。

老後の生活資金について、あなたは不安を感じますか?
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が行なった調査によると、老後資金に不安がある人は81%で、不安に思わない人は19%でした。

※不安orどちらかと言えば不安という回答が975名、不安に思わないorどちらかと言えば不安ではないの回答が225名。

この両者に、老後資金に関する情報収集や準備方法について伺ったところ、不安がある人とそうでない人とで意外な違いが見つかりましたので、紹介します。

以下のデータは、同協会が先日発表した『老後とお金に関する調査』第2弾。20代以上の男女1200名の有効回答をまとめたものです。
(調査期間は2016年10月7日〜11日)


老後の生活資金に関する情報をどこから集めるか彼らに質問したところ、TOP3は「テレビ」「インターネット」「新聞・雑誌」といった身近なメディアでした。

両者で意外な差がついた情報源として・・・
不安に思わない層で顕著だったのは、8.9%の人が「金融機関」という回答でした(不安がある層では5.5%)。
また、「セミナーに参加」との回答も2.7%ありました(不安がある層は1.9%)。

不安がある層に顕著だったのは、10.7%の人が「知人・親戚」という回答でした(不安に思わない層では4.9%)。
また、「ソーシャルメディア」との回答も2.7%ありました(不安に思わない層は1.3%)。

(資料)全国の20歳以上男女1200人に聞いた「老後とお金に関する調査」第2弾【日本FP協会】
https://www.jafp.or.jp/about_jafp/katsudou/news/news_2016/files/newsrelease20170119.pdf

老後資金について不安に思わない層は、金融機関やセミナーなど“知識豊富なスペシャリスト”からの情報を多く取り入れる傾向があるようです。

他方、老後資金に不安がある層は、知人やSNSなど“不安を共有してくれる仲間”のほうを頼りにする傾向が見られました。
(親しい友人が、金融知識の豊富な方であれば良いのですが・・・)


続いて、年金以外で老後資金をどうやって準備しているかを聞いたところ、不安がある層&不安に思わない層のいずれも、1位が「預貯金(定期預金含む)で準備」で約4割を占めました。

しかし、次に多かった回答では両者に大きな差が出ました。

老後資金に不安がある層では、40.1%の人が「老後も働く」とも答え、これは預貯金に並ぶほど多かった回答でした。
不安に思わない層でこの回答は16.4%しかありませんでした。


不安に思わない層で2番目に多かった資金準備方法は、20.2%の「金融商品」で増やすという回答でした(不安がある層では15.9%が回答)。

※こちらのデータも上リンク資料(2ページ目)から。

老後資金に不安がある層は、預貯金以外に「老後も働く」ことを基本的に考えています。
不安に思わない層は、働くことよりも「金融商品」の運用で、老後資金を準備しようと考える傾向があるようです。


リンク資料の3ページ目にも、興味深いデータがありまして・・・
くらしの中での貯蓄の工夫については、老後資金に不安がある層ほど様々な工夫(毎月の計画的貯蓄や食費・娯楽費の節約など)をしています。

にもかかわらず、不安がある層では「貯蓄ができない」ことに悩んでいる人が、36.9%と非常に多かったのです。
(不安に思わない層で、貯蓄ができないのが悩みという回答は12.0%)

日々の生活でさまざまな節約や工夫をしている(はず)なのに、お金が貯まらない。
   ↓↓
老後の生活資金について不安を感じる。
   ↓↓
金融知識の専門家ではなく、不安を分かってくれる親しい仲間に相談。
   ↓↓
家計分析などのアドバイスを貰えないまま、「老後も働く」しかないと思っている。

こんなルートに嵌まっている人が、意外と多いのではないでしょうか。

そこから抜け出す方策を考えましょう。

老後資金に不安を感じていない人達は、どういった情報収集や資金準備をしているのか・・・
データは掲載しましたので、見習うべき箇所は見習ったほうが良いと思いますよ。


↓ネットの楽天銀行は、預金金利も魅力です!




 参考記事はコチラ。
ラベル:老後資金
posted by ちゅーりっぷ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 貯金・借金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする