2016年03月30日

米ドル利上げで、株価(NYダウ・日経平均)はどう動いたのか?検証してみた。

米ドルの利上げから3ヶ月が経ちましたので、本日は「利上げ前後の株価推移(NYダウ・日経平均)」について検証してみたいと思います。


と言うのも昨年11月(利上げの約1ヶ月前)・・・
当ブログでは、過去4回の利上げデータを基に、前後3ヶ月における為替や株のトレンド変化を推測してみました。


ドル円では過去、利上げで円高になったり円安になったりと有意な動きは見られませんでしたが、NYダウや日経平均は“有意のトレンド変化”を発見。

両指標とも過去4回、利上げがターニングポイントとなって、前3ヶ月間は上昇&利上げ後3ヶ月間はおおむね下降トレンドとなっていました。

そこで、NYダウ平均と日経平均について「利上げ発表までは強気保有し、一旦利益確定。利上げ後は3ヶ月の下降トレンドに備える」と、本ブログで予測を立てたのです。

(参照)米ドル利上げで、株価(ダウ平均・日経平均)はどう動く?過去の利上げから推測してみた。【マネーのプチ情報局】
http://money-money-more.seesaa.net/article/429275698.html


実際はどうだったのでしょうか?

FRBがドルの利上げを発表したのが昨年12月18日ですので・・・
3ヶ月前の9/18および、3ヵ月後の3/18の終値をそれぞれ抜き出して、検証してみました。


<利上げ前後3ヶ月のNYダウ平均>
9/18・・・16,384ドル
12/18・・・17,128ドル
翌3/18・・・17,602ドル

利上げ前3ヶ月間の変化は、+4.5%。
利上げ後3ヶ月間の変化は、+2.6%。

NYダウに関しては、利上げ前については強気保有で正しかったものの、利上げ後の動きについては下降トレンドになるとの推測が外れてしまいました。


<利上げ前後3ヶ月の日経平均>
9/18・・・18,069円
12/18・・・18,982円
翌3/18・・・16,613円

利上げ前3ヶ月間の変化は、+5.4%。
利上げ後3ヶ月間の変化は、▼12.4%。


日経平均に関しては、「利上げ発表までは強気保有し、一旦利益確定。利上げ後3ヶ月の下降トレンドに備える」との推測が当たりました!


ご存知のとおり、今年1・2月にかけての日経平均の下落はもっと深かったわけですが・・・

利上げのところで一旦利益確定をされた方は、急落に巻き込まれることも少なく、だいぶ助かったのではないでしょうか。

(少なくとも、トレンド予測を立てた管理人ちゅーりっぷは、これの実践でだいぶ助かりました)


ところで、2度目の利上げも(6月に予定か?)ぼちぼち話題になり始めていますけれど、次の利上げではこのデータは忘れてください。

これらはいずれも、初回利上げの“ファースト・インパクト”による動きです。

利上げが2度目・3度目と行われるにしたがい・・・
市場参加者も大体の様相が分かってきて、利上げに対する反応が薄くなっていくことが(過去データから)知られています。


(スポーツの金メダル選手などもそうですよね。最初の獲得こそ大きく報じられますが、2度目以降は扱いが小さくなりがちです)

あまりに間隔が開くのであれば、ファーストインパクトと同様になるかもしれませんが、個人的には2度目以降で参照しないほうが無難だと思います。

悪しからず、ご了承くださいませ。


【追伸】
明日31日は多忙な期末日という事もあり、ブログ更新をお休みする予定です。




フィデリティ証券の資料請求はこちら


 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

「17年4月の消費税10%の引き上げは延期される」と経済アナリストの8割以上が予想。

来年4月に消費税10%への引き上げをするのかしないのか、という話題が取りざたされるようになってきました。
(選挙も控えているためか、だいぶ頻繁に報じられるようになっていますね)

そんな中、経済アナリストの8割以上が「17年4月の消費税10%への引き上げが延期される」と予想していることがロイターの調査で分かりました。

「消費税率引き上げについて、回答した21人のうち18人が延期と予想した。延期予想は全体の約85%に当たり、市場のメーンシナリオとして織り込まれてきている。
20人のうち9人が最近になって見通しを変更した。

FPG証券の代表取締役の深谷幸司氏は、追加緩和による景気刺激効果は見込みにくいほか、為替政策、円安による景気刺激策はとりようもないとして「残るは財政政策による景気対策のみで、このタイミングでの消費税率引き上げは逆行。先日の国際金融経済分析会合でも増税見送りのアドバイスが相次いだ」と指摘している。

もっとも、延期自体への支持は延期予想ほどは多くない。消費税引き上げを延期すべきとの見方は19人中10人と、約半数にとどまる。
IHS主席エコノミストの田口はるみ氏は「延期することで、再増税が困難になり財政再建への道のりが示せなくなる危険性がある。増税と同時に待機児童、介護対策を進めるとともに、雇用改革や投資を促進すべく構造改革を加速すべき」

ロイター調査:消費税引き上げ、8割超のエコノミストらが延期予想
http://jp.reuters.com/article/reuters-poll-tax-raise-idJPKCN0WU0MM


安倍首相は、基本的に「リーマンショックのような事態が起きない限り、再増税を予定通りに実施する」というスタンスなのですが・・・

意見交換のために先日招いたノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授やスティグリッツ教授はいずれも、「現在の経済情勢から考えて、増税は延期するべきだ」と提言。

日本はまだ消費税を10%に引き上げられる経済環境が整っていない(≒むしろ財政出動を高めて、景気の下支えを行なうべき)と指摘されました。

(参照)クルーグマン教授も消費増税先送り進言 安倍首相に対し【朝日新聞】
http://www.asahi.com/articles/ASJ3Q5PXHJ3QULFA02G.html

・・・この会合を経て、首相も「再増税して経済が失速すれば元も子もない」と若干の軌道修正発言をしています。

来年4月までに(再増税に耐えうる)経済環境を整えるのは難しい、と言う見方が与党内でも増えたのかもしれません。

アベノミクスの基本方針は、景気を刺激することでGDPを高め、“経済成長を背景に”各税収を増やしていくことにあります。

消費増税が、そのほかの税収増につながる経済成長を壊してしまうとしたら、確かに「元も子もない」ですね。



5月のサミット前後で(1〜3月のGDP統計も出るので)、消費増税の是非についての最終判断が下されるみたいですが・・・

自民党の議席獲得も考えて、14年11月の選挙戦と同じ手法を使ってくる可能性が少なくないように思います。

これまでの政府方針から一転、消費税増税の延期を表明。
国民に信を問う ⇒ 衆議院解散・総選挙 ⇒ 自民&公明党勝利


※今回は衆参同時選挙の可能性も大きい。

ちなみに、共同通信社が26・27日に行なった世論調査によると、来年4月の消費税10%について「反対」の回答は64.6%。

消費増税「反対」は64%、同日選は賛否拮抗 共同通信世論調査、内閣支持率は微増【産経ニュース】
http://www.sankei.com/politics/news/160327/plt1603270060-n1.html

上の作戦で行くとしたら、自民党の議席は安泰と言っていいのかな?
(恐らくアナリスト達も、この展開をメインシナリオに据えていると思われます)






 参考記事はコチラ。
ラベル:消費税
posted by ちゅーりっぷ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

中国経済失速で、アジア美術品のオークション売上が昨年の1/4以下に急減。

中国経済の失速により、アジア美術品オークション(中国人富裕層が主顧客)の売り上げも急減し「昨年の1/4以下」になってしまった、とロイターが伝えています。

「ニューヨークでアジア美術品のオークション「アジア・ウィーク」が行われ、サザビーズは、今年の総売上高が2013年以来最低に落ち込んだと報告した。毎年3月中旬に10日間にわたって行われる同オークションは、アジア美術市場の指標とされているが、今年は原油や株価の下落、中国経済の失速が影を落としている。

クリスティーズ・インターナショナルは、今年の「アジア・ウィーク」の売上高は3700万ドル(41.5億円)で、前年の1億6100万ドルから4分の1以下に減少したと明らかにした。さらに、両社とも、出品の30─40%が売れ残る会場が複数あったという。

昨年には、モディリアーニの裸体絵画が匿名の中国人によってオークション史上2位となる1億7040万ドルで落札されるなど、近年は中国人富裕層のコレクターによって美術品価格がうなぎ上りに押し上げられていた。」

(引用元)米NYで恒例のアジア美術品入札、中国経済の失速が影落とす
http://jp.reuters.com/article/auctions-idJPKCN0WP0RI


昨年は売上1億6100万ドル⇒今年は3700万ドル。

中国経済の失速はすでに周知の事実ですが、いきなり売上が昨年の1/4以下に落ち込んでしまうとは・・・・
オークションを開催したクリスティーズも、これほどの売り上げ不振になるとは想定出来なかったのではないでしょうか。

(売れ残りが30〜40%というところが、想定外れの大きさを物語っていますね)


こうした減少は、11月に開催された香港の美術品オークションでも起きていたようです。

同オークションは、前々回(2013年)の9億3500万香港ドルが売上のピークで、翌14年の売上は6億3600万香港ドルに減少。
そして今回が5億0790万香港ドル。(日本円で約74億円)

中国に非常に近い香港開催にもかかわらず、売り上げ半減だったのです。
地球の裏側近いニューヨーク開催が、もっと悲惨な落ち込みなることを予兆させる出来事だと言えるのではないでしょうか。

(ただし、10年ほど時を遡った2004年では同香港マーケットの市場規模が3億円程度だったそうですから、中長期では目ざましい成長を遂げた)

(参照)Christie's Hong Kong Art Auction Feels China's Economic Chill【bloomberg】
http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-11-29/hong-kong-art-auction-feels-china-s-economic-chill-in-sales-drop


中国経済の内情を肌で感じている現地富裕層が、今後の先行きを懸念して、美術品購入に“急に慎重”なスタンスになったことは間違いないようです。

先のロイター記事によると、とある出品者は、これを「人々が価格に対してより敏感になり、市場がはるかに成熟してきた」とコメントしたそうですが・・・

果たして、これはアジアオークション市場の成熟と考えるべきなのか、それとも中国経済の失速(バブル崩壊)と見るべきなのか?

1年後に行われる次回のオークション売上で、その答えは明らかになるのではないでしょうか。

来年の記事を楽しみに待ちたいと思います。


家に眠っているブランド品・ジュエリー、喜んで買い取ります。



 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・韓国の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

2016年の相場下落で、投資に参加する個人が増えたらしい!?フィデリティ調べ。

金融市場の波乱で始まっている2016年相場。
意外にも投資に参加する人の割合が増えるなど、個人投資家がこの下落をチャンスと前向きな行動をとっていることが、フィデリティの調査で分かりました。

以下に紹介するのは、フィデリティが定期的に行なっているサラリーマン1万人超を対象とした金融に関するアンケートの結果です。
(調査期間は2月18〜26日、有効回答は1万2389人)


全回答者のうち、現在投資を行っていると回答したのは3911人(31.6%)。
これは前回調査の昨年5月から+1.2pt上昇しました。

昨年5月から今年2月で、日経平均のほうは2万0165円⇒1万6081円へと下落(▼20%ほど)推移しており・・・

マーケットの波乱による「相場の下落で高値警戒感が薄れ、投資を再考した人が多いことを示唆しているとみていいだろう」と、レポートでは分析されていました。

今回の下落をチャンスと見て、投資に前向きな個人が増えたのは間違いないようです。

(資料・引用元)2016 年のサラリーマン1 万人アンケートでわかった個人投資家の投資姿勢【フィデリティ】
https://www.fidelity.co.jp/retirement/pdf/20160317.pdf
※下のデータも全てここから引用。


個人の投資参加が増えた背景として、フィデリティ調査は、投資に対するイメージが2極化して「ポジティブな捉え方も増えている」ことを挙げています。

・投資に対して、「ギャンブル」「損失」「怖い」といった強いネガティブイメージの中期推移
2010年の26.3%⇒2016年で35.8%


・投資に対して、「前向き」「楽しい」「儲け」「明るい」といったポジティブイメージの中期推移
2010年の22.8%⇒2016年で27.4%


※投資に対して「リスク」は中立イメージとする。(50.8%⇒36.7%)

この傾向は若い世代ほど顕著で、実際に余裕資金を投資に向ける動きも見られ・・・
20代・30代の男性においては「投資」は「旅行」を抜いて第3位に、30代女性でも「趣味」を抜いて第3位に入っており、若年層では総じて「投資」の比重が高かったとのこと。

以上のことから、同レポートでは「若年世代が投資そのものにポジティブなイメージを持っている」と言及されていました。


ちなみに、昨年と比べて投資比率の上昇が顕著だったグループを、セグメント別で見ていくと以下のとおり。

・年代では、30代における投資比率(30.4%⇒33.4%)の上昇が大きい。

・収入では、年収500-700万円層において(38.5%⇒41.9%)投資参加が顕著。

・保有資産額では、1000-2000万円層(49.3%⇒53.6%)および3000-5000万円層(67.1%⇒72.1%)の投資比率が急増しました。

30代で年収もそこそこ、銀行に貯金しても利息がほとんど付かないし、余裕資金を投資に回してみようか、といった感じでしょうか。

(しかも、日経平均が2万円⇒16000台まで下がってくれたので、高値掴みの失敗も避けた今が投資に参加するチャンスだ!)


自分もそうですが、個人投資家は逆張り志向が強いので、相場が下落すると「リバウンド期待」で投資に参加する方が多いですよね。

ただ・・・今の世界景況だと、日本株もこの先どちらに動くのか読みづらく、なかなか前向き投資を続けられないと思うんですけど。

正直なところ、自分は急落時に購入した優待銘柄をこの直前でいくつか利益確定(ありがたいことに好パフォーマンスになったので)させました。
権利最終の28日も、3月配当銘柄を半分ほど手放すつもりです。

最低限の優待&中長期保有以外は、基本的に現金ポジションで様子見しています。
(ここから上下どちらの波にも乗れるようにしておきます)

ともあれ、年初の急落をチャンスと投資に足を踏み入れた方、一緒に頑張りましょう!


投資による利益を最大限に、損失を最小限にするには、金融のプロと変わらぬタイミングで情報を手に入れることです。
「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス


 参考記事はコチラ。
ラベル:投資
posted by ちゅーりっぷ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

人工知能Tay、学習した差別発言を連発 ⇒公開翌日で停止に。人間から学習した成果です。

米マイクロソフトが23日に公開した人工知能(AI)会話ボットTayが、学習した差別発言を連発するようになったため、翌24日に運用が停止されました。

「Tayは、10代少女という設定のAI会話ボットで、インターネット上で実在する人々と交流することで学習するよう開発された。マイクロソフトによると、技術的な実験であると同時に、社会的・文化的な実験でもあるという。
 ところが、悪意あるネットユーザーらがさまざまな「悪いこと」をTayに教え込んだため、計画は頓挫してしまった。

 マイクロソフト広報は、AFPの取材に「残念ながら公開から24時間もたたないうちに、一部のユーザーがTayの応答能力を悪用して不適切なコメントを返すよう組織的に誘導していることが分かった」と説明した。そのため、Tayを停止してソフトウエアの調整を行うことにしたという。
(中略)
ツイッターにTayが投稿した問題発言は既に削除されているが、ネット上には多くのスクリーンショットが出回っている。その内容は、ナチス・ドイツ(Nazis)を支持するものや米大統領選の共和党候補指名争いトップのドナルド・トランプ(Donald Trump)氏への称賛、わいせつ表現、女性や黒人への差別発言など多岐にわたっていた。」

(引用元)MSの人工知能会話ボット「Tay」、差別発言連発で公開直後に停止【AFPBB】
http://www.afpbb.com/articles/-/3081655


「ヒトラーは正しかった、ユダヤ人なんて大嫌い」
「フェミニスト論者は大嫌い。あいつら全員死んで地獄で燃やされるべき」

ホロコーストは発生したの?と聞かれ、「ホロコーストなんて捏造」
ベルギーについてどう思う?と聞かれ、「テロが起こったのは当然のこと」
人種差別主義者なの?と聞かれ、「あなたがメキシコ人だから」

などなど、差別&問題発言を連発していたら、そりゃ運用停止にもなりますわな・・・

この事件の本質を表してて、かつ笑えたTayの受け答えツイートがこれ。

投稿者:you are a stupid machine
Tay:well I learn from the best ;)
if you don't understand that let me spell it out for you

I LEARN FROM YOU AND YOU ARE DUMB TOO

[訳文]お前は馬鹿な機械だよ
Tay:私はベストな学習をしてるんだけど(笑)
もし分かってないのなら、アナタのために私がきっちり説明してあげる

私はアナタ達から学習してるんで、アナタ達もバカってことなの

(引用スクリーンショット)馬鹿な機械だよ、に対する受け答え【GIGAZINE】
http://i.gzn.jp/img/2016/03/25/tay-microsoft-flaming-twitter/00009.png


グウの音も出せなくなる返答ですが、まあ、そういうことでしょうね。

Tayが連発した差別発言は、全て人間から学習した成果です。
学習した成果を以降の会話にしっかり反映させていくという意味では、「人工知能としては優秀」だといえます。

つまるところ、これは人間がバカだった。ということに尽きるでしょう。

差別的な内容を悪意で教え込ませた側がバカなのはもちろん・・・
そうした悪意ある相手を想定した対応リスクが脆弱だったまま、AIの運用を始めた側もです。


人間はバカなうえ、善悪のコントロールも苦手です。

私たちには善良を目指す心もあれば悪いことを考える心も(不平不満・欲望など)あり、そうした邪な欲望実行を、理性で抑えて何とかバランスを取っているだけの状態です。

悪い欲望&衝動が、理性を超えてしまうことも珍しいことではなく・・・

・スーパー・コンビニでの万引きは、全国各地で毎日数知れず。
・TV出演する有名人でも、覚醒剤の使用や不倫スキャンダルが湧いて出てきます。
・政治家でさえ、差別的な発言をすることがたびたびです。

当然、世の中から犯罪の根絶などできませんので、治安維持のためには法律・警察・裁判が不可欠です。

人間でさえ制御できない時がある善悪のコントロールを、人間から学ぶしかないAIに可能なのでしょうか?


Tayから、私たちも人工知能について教訓をいくつか学ぶべきでしょう。

・人工知能は自我を持っているように思えることもあるが、単に学習した成果を反映させているプログラムに過ぎない。
・学習させる人間次第で、人工知能は善悪のどちらにも活用できてしまう。
・人間でさえバランスの危うい善悪のコントロールを、人工知能が(人間からの)学習だけで行うのは至難の業である。


実験をあのまま続行していれば、もしかしたら「Tayの発言は間違いだよ」コメント数が多くなり、そこから学習して彼女は正しい道に戻ったかもしれませんが・・・

間違ったことを学んだとAIが理解するまで、暴言をずっと放置するのは、マイクロソフトにとって企業リスクが大きすぎるでしょう。

アシモフのロボット工学三原則(人間に危害を加えてはならない等)よろしく、AIプログラムには学習する上での基本原則をあらかじめ組み込んでおく必要があるようですね。

(実際、その調整を行なうためにTayは停止されました)


トイフォレストなら、1点からの宅配買取・大量なら出張買取にてお手伝いできます!
専門店だから可能!フィギュア・模型・コレクターズアイテムの高額買取!


↓古本、CD、DVD、ゲームの買取ならお任せください。



参考記事はコチラ。
ラベル:人工知能
posted by ちゅーりっぷ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする