2017年11月18日

ダビンチのキリスト画、なんと510億円で落札!芸術作品としては史上最高額。

レオナルド・ダビンチが描いたキリストの肖像画「Salvator Mundi」(サルバトール・ムンディ/救世主)が、約4億5030万ドル(約510億円)という途方も無い金額で落札されたことが分かりました。

オークション元であるクリスティーズによると、芸術作品としては史上最高額とのことです。

「作品は1500年ごろに制作された油絵(縦65.7センチ、横45.7センチ)。青いローブを身にまとい、右手を掲げ、左手に水晶玉を持ったキリストの上半身が描かれている。

 一時は英王室の収蔵品だったが、1763年の競売後に所在不明となり、「幻の作品」とされていた。2005年に再び存在が確認され、専門家の鑑定でダビンチの作品と判明した。現存するダビンチの絵画は20点に満たず、個人が所有する唯一の作品として希少性が高まっていた。」

(引用元)ダビンチのキリスト画、510億円=芸術作品で史上最高額―NY競売【時事通信社】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111600383&g=int

なお、510億円を提示した落札者については明かされませんでした。


2年前、ピカソの絵画「アルジェの女たち」が1億7940万ドルで落札され、これが美術品オークションにおける過去最高額だったのですが・・・
今回はこの倍以上の額ですから、驚きと言うほかありません。

ちなみに、事前の落札予想額は1億ドルと言われてましたので、事前予想の4倍にもなる金額で落札されたことになります。

ダビンチの絵画は“これ以外全て博物館所蔵”ということもあり、超富裕層のコレクターが競ってこれを買い求めたのでしょうね。

(コレクターのみならず博物館も、お金があれば絶対に手に入れたいだろう逸品です)

(参照)ダビンチ「幻の作品」、来月競売=キリスト画、112億円か−NY
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101100310&g=int


この絵画、ダビンチ作と判明する前は「弟子の描いた複製」とされていて、1958年のオークションでは45ポンド(当時のレートで約4万5000円)で落札されています。

※ただし物価指数は現在の約1/4程度だったので、今で言うと18万円くらいの価値。

美術商が2005年に買い取った時の値段で、1万ドル(当時のレートで約110万円)だったとされています。

それが、ダビンチの作品と専門鑑定されるや価値が跳ね上がり・・・
同美術商が手放した時の値段が、7500万ドル〜8000万ドル(個人販売のため非公開)。

2013年に、ロシアの実業家ドミトリー・リボロフレフ氏が同絵画を購入した時は、1億2750万ドルだったとか。

そして今回、史上最高額となる4億5030万ドルです。
新たな所有者が次に手放す時には、どれくらいの値段がつくことやら・・・

(美術品は値下がりのリスクも低いですし、これだけ利幅が出るなら、超富裕層が美術品投資するのも頷けますね)


家に眠っている貴金属・ブランド品、喜んで買い取ります。



 参考記事はコチラ。
ラベル:高額
posted by ちゅーりっぷ at 09:38| Comment(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

無印良品、来年1月から2400品目を値下げ販売!コスパのいい商品はどれだ?

「無印良品」が2018年1月から、家具や雑貨など2400品目を値下げすると発表しました。
同社としては過去に無かったほど大規模の値下げで、“全商品の4割強が値下げ対象”になるとのこと。

「来年3月以降に発売する家具や雑貨を中心に引き下げる。人気の3万5000円の脚付きマットレスを2万9900円に値下げ。靴下は3点で100円安い890円になる。製造や物流の効率化によるコスト減を価格に反映させる。
 値下げする商品のうち、家具と雑貨は2300品目程度で、衣料品は125品目程度。食品はレトルトのバターチキンカレーなど65品目程度が対象となる。」

(引用元)来年、2400品値下げ=家具や雑貨、食品−無印良品【時事通信社】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111401249&g=eco

他の報道によると、各商品の「値下げ幅は7.0%〜15%程度」とのこと。

単に値下げをするのではなく、これまで端数があった価格は下1桁をゼロにするなど、“お客様に分かりやすい”形の価格改定をする予定だそうです。


値下げしてくれるのは大歓迎ですが・・・
数千種類もある「無印良品」の商品のうち、一体どれがコストパフォーマンスに優れた商品なのか、私には正直分かりません。

できることなら、コスパのいい商品を値下げ価格で買いたいところ。
どうすれば探すことが出来るのでしょうか?

と思って検索したところ、元無印の販売員をしていた方が、自ら購入&使用して「コスパよし!」と言える商品を5つ紹介していました。

(参照)コスパよしの無印良品から、さらにコスパがいいもの5選(2017年2月)
http://morinokanata.hatenablog.com/entry/2017/02/13/083431

上リンクで紹介されている商品を、来年1月以降に購入すれば・・・
「無印良品」の中でもコスパ抜群のものを、値下げ価格で買うことが出来るでしょう。

とりあえず私は、1番目に紹介されていた「シリコーンキッチングッズ」シリーズを物色しようかと思っています。

(他に何が紹介されているかは、ご自身でリンク先をご覧になってくださいね)


ネットで検索人気の生活雑貨




 参考記事はコチラ。
posted by ちゅーりっぷ at 12:02| Comment(0) | お得な?プチ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

借金するなら「香川県」の銀行!?平均借入金利が最も低い都道府県です。

帝国データバンクが(81万社の財務データベースより)2016年度の平均借入金利を都道府県別に算出したところ、最も平均金利が低かったのは「香川県」で同金利は1.20%でした。

<平均借入金利のベスト3&ワースト3>

【ベスト1位】香川県・・・1.20%
【2位】愛知県・・・1.22%
【3位】和歌山県・・・1.25%

(中略)
【同率44位】岩手県&山形県・・・1.73%
【46位】沖縄県・・・1.83%
【47位(ワースト1位)】秋田県・・・1.87%

※借入れ金利の全国平均は1.43%

(資料) 全国・平均借入金利動向調査【帝国データバンク】2ページ目。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p171102.pdf
※下の文章もここから引用。


香川や愛知の借入金利が全国的に見ても低かった理由について、同レポートでは以下のように分析がされていました。

「これは、香川県内におけるメガ、地銀、第二地銀、信金等による競争激化のほか、大口融資先の減少等を背景に、他の都道府県に比べて激しい金利競争が続いたことなどが影響したものと見られる。
(中略)
いわゆる「名古屋金利」で知られる愛知県は、全国で唯一、地銀(第一地銀)が存在せず、第二地銀と多数の信用金庫による激しい競争環境が長年続いていることが、全国的に見ても低い金利が続く背景にあるといえる。」

金を借りる(融資してもらう)のなら香川県・愛知県の銀行からにすると、金利が低いので返済も若干楽ですね。

返済が厳しくなるワースト側に目をやると、1.87%の「秋田県」をはじめ山形県・岩手県など、東北地方で平均借入金利が高い傾向が見られたそうな。


過去10年の時系列で借入れ金利を見た場合・・・
2007年度(2.21%)をピークに金利は一貫して低下を続けており、2016年度(1.43%)まで「9年連続の低下」
が見られたとのこと。

同金利が年々下がっている背景には、「各地の人口減少といった構造的な問題の影響に加え、日本銀行による金融政策などを背景として同業者間の競争が激化したことで、全国的に低金利環境の長期化が続いているものと見られる」と分析されていました。

日銀のマイナス金利政策は現在も継続中ですし、住宅ローンをはじめ各種の借入金利が過去10年で最も低い水準にあることは間違いないようです。


低金利は、お金を借りる人にとって嬉しい限りですが・・・
お金を貯めている人にとっては(預金の利子が雀の涙ほどしか貰えず、)決して喜ばしくもない話。


ただ残念なことに、日本国内では今後も当面の間、低金利の時代が続くことになりそうです。
(人口増加を伴う経済活動の拡大やインフレ加速があれば、話は別ですけど)


↓ネットの楽天銀行は、預金金利も魅力です!




参考記事はコチラ。
ラベル:金利 借金
posted by ちゅーりっぷ at 12:17| Comment(0) | 貯金・借金の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする