2017年09月23日

iPhone8の売れ行き、アジア地域でも低調・・・米アップル社の苦戦は必至!?

22日に、米アップル社の最新スマートフォン「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が販売されました。

しかしながら最上位モデル「iPhone X」は11月リリース。
そのためか、お店に出来た行列も60人程度にとどまり
、報道陣も拍子抜けだったのか、「客わずか」「行列控えめ」などの表現がされていました。

(参照)iPhone発売も客わずか 静かなApple 表参道【アスキー】
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/404/404707/
※ちなみに、昨年のApple表参道では開店前に200人以上が並んでいたとのこと。

消費者としては、最上位モデルのXも触ってから買い替えを悩みたいわけで・・・
初めから「自分は絶対iPhone8が欲しい!」と決心できた人くらいしか、今回は足を運ばなかったと言うことなのでしょう。


さて、iPhone8購入の足並みが鈍いのは、日本だけに限った話ではないようです。
8の販売が「アジア各国で低調だった」と、ロイターが報じています。

「「iPhone(アイフォーン)8」のアジアでの滑り出しはこれまでと比べ低調となった。11月初めのアイフォーン「X(テン)」の発売を前に買い控えが見られた。

オーストラリアのシドニー中心部のアップルストアではこれまで新製品発売時に数百人が集まり行列を作っていたが、ロイターが確認したところ、22日の開店前に並んだ人数は30人に満たなかった。
アップルストア前に列をなす人の数はオンライン販売の利用拡大に伴い、ここ数年減少しているが、アイフォーン8に関してはさえない評価も影響しているようだ。
(中略)
中国のミニブログ「微博(ウェイボー)」では、アイフォーン8とXに関する投稿が過去2機種の発売前に見られた水準を下回り、消費者の関心が比較的低いことが示された。

アイフォーン8の先行予約がこれまでの水準を下回るとの投資家懸念が反映し、アップル株価は21日の米株市場で一時152.75ドルと約2カ月ぶりの安値まで下落した。」

(引用元)「iPhone8」発売、アジアで低調 「X」前に買い控え【ロイター】
http://jp.reuters.com/article/apple-iphone-idJPKCN1BX09Z

欧米地域どうなんだ、という声も聞こえてきそうですが・・・
いくつかの英文ニュースを確認した限りでは、欧米各国でも「昨年に比べて行列が短かった(shorter lines than last year)」などの報道がされていました。

日本を含むアジア各国で(加えて欧米でも)8の販売が低調ですので、米アップル社の苦戦は必至。
中韓スマホの高級モデルにシェアを奪われる地域も出てくるかもしれません。


※日本と違って、諸外国では中韓スマホメーカーも健闘しており、高級モデルもそれなりに売れている。


11月3日発売のiPhone Xがよほど革新的でもない限り、米アップル社は苦い敗北を各国で喫することになるでしょう。

Xが備える無線充電・ベゼルレス画面・デュアルカメラなどは、中韓スマホ(ファーウェイ・OPPO・韓国サムスンなど)の高級モデルにも既に採用されており、戦況的にも厳しいです。

スペック対抗が可能な中韓スマホメーカーは、iPhone8低調のニュースで「商機が来たぞ」と、ほくそ笑んでいるかも知れませんね。

(日本以外の地域でなら、冗談抜きで中韓スマホに「勝機もある」かと思います)


↓携帯電話・スマートフォン、下取りよりもお得に。



 参考記事はコチラ。
ラベル:iPhone スマホ
posted by ちゅーりっぷ at 10:07| Comment(0) | 経営・ビジネスの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

4億6000万円のEVスーパーカー『OWL』、0-100km/hは2.0秒!日本企業が生産販売。

日本企業のアスパークが、価格350万ユーロ(約4.6億円)というEVスーパーカー『OWL』を、フランクフルトモーターショーに出展しました。
4.6億円という価格もさることながら、特筆すべきはOWLの加速性能で、0-100km/hが2.0秒フラットと世界No.1水準を達成しています。

「OWLの目標生産台数は数十台とする少量生産だ。少量生産であれば高価格帯にしなければ事業として成立はしない。それが350万ユーロという値付けだ。そこで、「“世界一”の強烈な加速力を訴えることで、そういうことに関心が高い富裕層を狙うことにした」(川中氏)のだ。

最初は最高速度で“世界一”を狙う予定だったというが、電気自動車ならではの特徴であるトルクを活かす方が理に適っていると判断。どこも実現していない0〜100km/hをジャスト2秒で走り切る強烈な加速力を開発目標に据えた
(中略)
車両はまさにモンスターマシンのスペックだ。カーボンファイバー製ボディとマグネシウム鍛造ホイールを組み合わせることで車両重量はわずか850kg。これを最高出力435psと最大トルク764Nmを発生する2基の電気モーターが4輪を駆動する。最高速度は280km/hに達する。
電力の供給にはキャパシタとリチウムイオン電池の併用を考えているそうで、これは強烈な加速を得るためにキャパシタによる急速な放電がどうしても外せなかった仕様だという。」

(引用元)【フランクフルトモーターショー2017】4億6000万円の和製スーパーカー、0-100km/hは2秒!
https://response.jp/article/2017/09/19/299920.html
※上リンクから写真もごらんになれます。

『OWL』の由来ですが、運転席のバタフライドアがフクロウ(owl)の羽のような外観であることから、名づけられたとのことでした。


OWLの加速性能、「0-100km/hが2.0秒フラット」がどれほど凄いのか補足。

最新のスーパーカー(公道での走行可能な市販モデル)でも、0-100km/hが3秒を切る車種はごく一部でして・・・
2017年ランキングを見ても、世界一の加速性能を誇る「ポルシェ 918 スパイダー (2015)」ですら、0-100km/hにかかる時間が2.2秒。

※ポルシェの加速試験は0-60 mph (0-96km/h)での測定値。

(資料)【2017】0-100km/h 加速の世界ランキング TOP10+α
http://hobby-review-blog.com/archives/6405

「0-100km/hが2.0秒フラット」のOWLは、ポルシェ918も置き去りにする世界No.1の加速性能を持っているというわけです。

電気自動車は速度ゼロからの高出力が特徴なので、OWLはそれを最大限に生かした、ということなのでしょう。

(ただ、ポルシェは最高速が345km/hなので、いずれ抜かれてしまいますけど)

このほか、車両重量が850kgという軽さも、OWLの加速スペックを支えているでしょうね。
某イニDでも「軽量化に勝るチューニングはない」と言われていますが、推進力をより効率的に取り込むには軽い車重であることが一番です。


さて、4億6000万円のEVスーパーカー『OWL』ですが・・・
開発元であるアスパークによると、発売予定は2019年とのこと。

冒頭記事にもあるように数十台程度の少量生産なので、受注生産という形を取るそうです。

この金額だと富裕層もなかなか手を出しづらいので、さらにワンランク上の“超”富裕層向け、といったところでしょうか。

日本企業なのに国外でのお披露目をした理由は、「富裕層をターゲットにするのであれば日本よりも海外」ということで、あえて海外出展したとの話でした。

・・・総中流と言われる日本に比べれば、莫大な富を持つ海外ビリオネアのほうが、確かにOWLを買ってくれそうですね。

(あ、もちろん日本の“超”富裕層の方も、奮ってご購入くださいな!)


自動車保険、無料で一括見積もりできます!



↓CPSなら、ドレスアップカーやチューニングカーも高額査定!



参考記事はコチラ。
ラベル:高額 ビジネス
posted by ちゅーりっぷ at 12:38| Comment(0) | 値段・給料の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

育児の対価は、1年間で237.5万円。これって高い?それとも安い?保育士の年収は・・・

「0〜6歳児への育児に対価がもらえるとしたら、年収ベースでいくらなのか?」を、子供がいる既婚男女約1000名に尋ねたところ、回答の平均額は「年収237.5万円」だったことが、明治安田生命の調査で分かりました。

以下、今月13日に発表された『子育てに関するアンケート調査』のデータを紹介します。

(調査期間は2017年8月9〜14日、有効回答者数は1032人)


男女別では、男性回答が236.2万円、女性が238.9万円と平均額に大きな差は見られなかったものの・・・
「育児の対価はゼロ円」と答えた男性が11.5%おり、女性の3.3%とは大きな差がみられました。

なお、ゼロ円回答した男性の66.1%が、自身を「イクメンだと思わない」と自己評価。
「日ごろの育児への意識や協力度合いの低さから育児の大変さが理解できず、「0 円」の回答につながっている」のではないか、と本レポートでは分析されていました。

他方、「育児の対価は年収500万円を越える」金額を回答した人の割合も、男性回答が8.4%と、女性の3.7%を大きく上回る結果となりました。

(資料)子育てに関するアンケート調査を実施! 【明治安田生命】※18ページ目。
http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2017/pdf/20170913_01.pdf

イクメン増加で、実際の子育ての大変さを知る父親が増えたためなのか・・・
男性が考える育児の対価は、両極端に偏る傾向にあるようです。



育児の対価として年間237.5万円は高いでしょうか?それとも低いでしょうか?

平成27年の賃金構造基本統計調査(厚生労働省)によると、似た職種である保育士の平均年収は323万円です。

(参照)保育士の平均年収統計 【キャリアガーデン】
http://careergarden.jp/hoikushi/salary/

この年収を基準にすると、育児の対価237.5万円は低いように感じますが・・・
保育士は「他人の子供を大勢お預かりして全員を保護・育成する」業務
であり、家庭内で我が子だけを養育する育児とは、基本的に別次元です。

※他にも彼らは、例えば保護者からの理不尽な要請(いわゆるモンスター・ペアレンツ)にも善処しなくてはなりません。もしも園児が体調を崩せば、クレーム覚悟で保護者への連絡&応急処置も採らねばなりません。

保育士については「平均年収323万円で、よく辞めずに続けられるなぁ」と思うくらい、大変な仕事だと思います。


彼ら保育士に比べれば、自分の子を自己責任で育てるほうが幾分か楽であり、育児の対価として1年間で237.5万円は“高い”かもしれません。

それに親たちは、育児をすることで金額以外の報酬を得ていませんか?

食事やしつけ、お遊戯に勉強、幼稚園への送り迎えから病気の看病、等々。
そのたびに子供は笑ったり泣いたり、大声で騒いだり駄々をゴネたりと、育児で大変なことは盛りだくさんですが・・・
私たちの育児は、全て「我が子の成長」に繋がります。

自分の子供が健やかに感受性豊かに育っていくのなら、親としては「我が子の成長」こそが育児の最も大きな喜び(≒報酬)
である筈。
このプライスレスな報酬を得た上で、さらに対価換算すべきものがあるのでしょうか?

付け加えて言うなら、自分の子供を育てることは親としての“当然の務め”です。
親として“当然の務め”である育児に対して、金額換算を考えること自体、そもそも間違っていることなのではないでしょうか。


・「我が子の成長」に触れること自体が、親にとって育児に見合う(もしくはそれ以上に)最大限の報酬となっている。
・親として育児は“当然の務め(≒義務)”なので、そもそも対価は存在し得ない。


以上の理由から・・・
私はあえて、男性1割の少数意見「育児の対価はゼロ円」に積極的賛成をしたいと思います。

対価がゼロ円であっても、親は「我が子の成長」という、最大限の“育児報酬”を受け取りますので。

(あくまで個人的見解ですので、異論・反論はお好きにどうぞ)


↓生命保険を「安くしたい!」「見直したい!」方は是非!



↓火災保険の見積もり比較で、家計を節約!



参考記事はコチラ。
ラベル:対価 年収
posted by ちゅーりっぷ at 12:09| Comment(0) | 色々なマネーの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする